初めてのハワイ旅行で一番気になるのはやはり、現地でのお金のことでしょうか?ハワイでの通貨はアメリカ合衆国ですので基本は「ドル」を使用します。更に日本とは違い何かについて「チップ」を支払うのが当たり前の国ですので、初めての海外旅行の方は、理解した上でハワイに行かないとトラブルになる可能性も十分ありえます。

今回は「ハワイでチップの渡し方!通貨ドルの見分け方とチップ制度」について掲載していきますのでご覧ください。

夢と自由と僕

ハワイの通貨『ドル』の見分け方と種類

ハワイの通貨は『ドル』です!

ハワイでの通貨は、アメリカ合衆国ですので基本は「ドル($)」を使用します。日本人であればテレビや雑誌などでハワイの特集などを拝見している思うので誰でも分かることだとは思いますが、実際にどの紙幣がいくらなのかまでは分からないと思いますので説明していきます。

 

紙幣(ドル)の見分け方と種類

アメリカの「ドル」は、日本でいう「円」です。為替の価値は、経済によって細かい時間で価値が大きく変わってきてしまいますが、超分かりやすくざっくりと1ドル=100円程度と理解しておきましょう。ただ、あからさまに1ドル100円と考えて買い物をすると痛い目にあいますので、その日のレートなどで入念に確認するようにしてください。

ドルの種類は、1ドル札、2ドル札、5ドル札、10ドル札、20ドル札、50ドル札、100ドル札の合計7種類が存在します。

夢と自由と僕※画像では2ドル札はありません。

日本の紙幣は、1,000円札、2,000円札、5,000円札、10,000円札の4種類しかないので日本に比べれば少々複雑かもしれません。

現地で特に良く使う紙幣は「1ドル札」から「20ドル札」の間の紙幣です。
コンビニみたいなショップで買い物したり、チップを渡す際に使う紙幣ですね。

「50ドル札」と「100ドル札」は、正直なところあまり使いません。
それもそのはず、大きな額はクレジットカードなどのカードで支払う事が多いですし、何よりもお会計の際に多額のお釣りが出るケースは店員さんに嫌がられて断られる可能性もあるからです。

35ドルのお会計を100ドル札で支払うとまず断られる可能性が高いので注意が必要です。

【ドル紙幣】 為替 日本円で
1ドル札 120円 120円
2ドル札 120円 240円
5ドル札 120円 600円
10ドル札 120円 1,200円
20ドル札 120円 2,400円
50ドル札 120円 6,000円
100ドル札 120円 12,000円

 

硬貨(セント)の見分け方と種類

アメリカの硬貨の種類は、1セント、5セント、10セント、25セント、50セントの5種類があります。中には1ドルの硬貨も見る場合もありますが、基本はこの5種類を覚えていれば間違いありません。

日本円で例えるなら1セント=1円と考えても間違いはありません。

ですので100セント=1ドルとなりますので覚えておいて損はありません。

私の経験上ですが、初めてハワイに行った際に硬貨の見分け方が理解できず、2日目には大量の硬貨で財布がパンパンになった記憶が今でも忘れられません。。。ハワイあるあるのようなので、皆さんはそうならないようにしてくださいね♪

夢と自由と僕

 

スポンサーリンク

 

ハワイでチップの渡し方とチップ制度を理解しよう

「チップ」とは?

「チップ」とは、日本で暮らしていると全く馴染みのない言葉だと思いますが、アメリカでは「チップ」は日常のサービスとなっています。むしろ現地の人にとって「チップ」は、大事な収入源となっているので当たり前かのようにチップを渡さないとトラブルになる可能性も十分ありますので、旅行に行く前にしっかりと理解しましょう。

チップは絶対に支払わなくてはならない義務と覚えましょう。

 

チップを払うタイミングと相場

日本人は“チップ”=”キモチ”と考える方もいるとは思いますが、それは大きな間違いです。様々なタイミングで支払うチップの相場は暗黙の了解で、既にもうう側もいくらもらえるか理解しています。

それでは、現地についてからのチップを渡すタイミング順で説明していきます。

 

タクシー

合計の乗車賃の10%〜15%が相場です。更に荷物の出し入れを手伝ってもらった場合は一つの荷物につき1ドルが相場となっています。

【例】乗車賃20ドルで荷物を3つ運んでくれた場合

20ドル×10%=22ドル+3ドル 合計25ドル

 

ホテル

ホテルフロントから部屋までの案内時、ルームサービスを頼んだ時、部屋の掃除をしてもらう時などがチップを支払うタイミングです。相場は1ドル〜2ドルです。ルームサービスや案内時には直接顔を合わせているのでその場で渡せばいいですが、ルームキーパーの方には、枕元もしくはテーブルの上に置いてから出かけるようにしましょう。

噂ですが、ルームキーパーにチップを忘れたせいで部屋に置いてあった荷物がなくなったり、破壊されたりなどのトラブルが発生したという事案があるようです。チップを忘れると痛い目にあう可能性が増しますので注意してくださいね。

 

レストラン

レストランでのチップの相場は、合計額の約15%〜25%となっています。こちらもそのケースによって違ってくるのですが、その辺の普通のレストランであれば、合計額の15%を多めに払えば問題ありませんが、ちょっと高級なレストランであれば20%は払う必要があります。

マクドナルドなどのファーストフード店では、特に運んでもらったりとかはないのでチップは必要ありません。

 

チップを払う時の注意点

チップを払う際には、いくつかの注意点があります。

まずは、硬貨でのチップはNGです。
財布の中に小銭がたくさんあるからと言って硬貨で払ってはいけません。

続いて、チップでお釣りはNGです。
細かい紙幣がない場合や現金を持ち合わせていないからといってチップでお釣りをもらうという行為は基本的にNGです。でかける際には最低でも1ドル札10枚はもち合わせるように心がけましょう。

続いて、チップ込みの値段に注意です。
お店の中には、チップ込みの表記の場合がありますので、その場合にはチップを払う必要はありません。チップを払う際にはまずはレシートを確認の上で支払うようにしましょう。

 

スポンサーリンク