日本人なら一度は行ってみたい憧れの南国ハワイ!でも初めての海外旅行でハワイに行くのに不安も多いはず!

日本からハワイまでの飛行時間は何時間かかるのか?時差はどれくらいあるのか?そして現地の気温や天気は?と気になる事がたくさんありますね。

今回は、初めての海外旅行でハワイに行く前に気になる事として「ハワイの時差と飛行時間、現地の気温や天気」について掲載していきます。

夢と自由と僕

初めての海外旅行で「ハワイ」に行く方が気になる情報

初めての海外旅行は不安もいっぱい!

初めての海外旅行で「ハワイ」に行く方は多いと思いますが、日本から出て外国に行くという不安にかられる方も少なくはありません。

日本語は通じるのか?日本人に合った食事はできるのか?など細かい事をあげればたくさん気になる事が出て来ますね。

このサイトでは、初めて海外旅行に行く方に向けて、分かりやすくハワイで過ごすために気になる情報を細く掲載していきたいと思っておりますので安心してご覧ください。

 

日本とハワイの時差

日本とハワイの時差は、19時間です。

日本からハワイに行くまでには日付変更戦をまたぐので、想像以上に変わることにびっくりする方も多いです。

 

【例】日本:1月1日 11:00  ハワイ:12月31日 16:00

 

日本よりもマイナス19時間ですので簡単に時差を考慮し上で計算すると、日本の時刻プラス5時間にマイナス1日とすれば簡単にわりだすことが可能です。

 

日本からハワイへの飛行時間

日本の成田空港から出発してハワイのホノルルに到着までのフライト時間は、約6時間30分〜7時間30分となっています。離陸時間や天候などで変更することもありますが、約7時間と思っていただければ間違いありません。

そして帰りの便のフライト時間は、約8時間〜9時間30分となっています。こちらも天候や気流などの影響で差が生じるので約8時間30分と意識してもらえれば間違いありません。

 

【出発便例】(出発)日本 成田発 19:50 (到着)ハワイ ホノルル着 7:25

※同日着、タイムマシンで過去にさかのぼるイメージです。

【到着便例】(出発)ハワイ ホノルル発 9:00 (到着)日本 成田着 13:25

※翌日着、飛行時間は約8時間ですが、27時間後に到着します。

 

日本からの出発便は19時から21時が普通なので、到着するのは現地時間朝の7時半くらいです。出発便ではしっかり睡眠をとれば時差ボケは感じられないと思いますので安心してくださいね。

帰国する際の時差ボケに関して言うと、私個人的には全く感じられなかったので気にする必要はないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

現地ハワイの気温と天気

「ハワイ」と言うと「常夏の島」というイメージから1年中真夏のような気候と考えている方も多いとは思いますが、実際はそうではありません。日本ほどではないですが、ハワイにもちゃんと四季があります。

 

【春】3月〜5月 【夏】6月〜8月 【秋】9月〜11月 【冬】12月〜2月(冬)

 

《ハワイの春》
雨季から乾季に変わるハワイの春は、多少のにわか雨が降る季節です。4月の日中気温は26度以上ありますが、夜は20度をきる場合もあるので薄い羽織ものが必要です。

《ハワイの夏》
あのハワイのイメージ通りの気候で、平均気温は30度程度です。湿気がないので30度を超えても暑いという印象はありません。

《ハワイの秋》
雨季に入るシーズンです。俗に言う「スコール」と呼ばれる雨で、一日中降り続ける雨ではなくシャワーのような雨が1日に何度か降るイメージです。

《ハワイの冬》
ハワイの冬と言っても平均気温は約26度なので、日中は普通に海に入る事が可能です。朝晩は20度をきるので長袖が必要です。

 

ここでハワイ経験者の私がアドバイスをしますが、「ナイトクルージング」に行く場合には絶対に長袖を着て行くようにしてください。

夜の潮風は日中とは打って変わってものすごく寒いです。

そして日本とは風邪のウイルスが違うせいか、風邪を引くと即日良くなるなんてことはなく、長引く可能性があるので気をつけてくださいね。

旅行先で風邪を引いたら、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

ちなみに私は、ナイトクルージングに行った翌日、家族全員で風邪を引き現地の病院で診察をしてもらった経験があります。。。

2日間家族で寝込んだという経験をして、ものすごく苦い思い出になりました。

確かにハワイは「常夏の国」ですが、夜の気温やお店などのエアコンは肌寒いのでカーディガンなどは持ち歩くようにした方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク