喫煙者に話題の『iQOS(アイコス)』クーポンを使った購入方法実際に使用してみた感想を詳しく掲載していきます。「iQOS」とは、2015年9月に一部地域で発売された「煙の出ないタバコ」というキャッチフレーズで登場した新感覚の喫煙道具です。

 

『iQOS(アイコス)』のクーポンを使った購入方法と実際に使ってみた感想

『iQOS(アイコス)』とは?

喫煙者の中で今話題になっている『iQOS(アイコス)』とは、簡単に言えば「加熱式タバコ」またの名を「電子タバコ」とも言います。通常のタバコであれば、ライターなどで火をつけて吸うのが当たり前ですが、この『iQOS』はタバコを専用の機械に挿入してボタンを押せば、火を使わずにほんの数秒でタバコを吸うことが可能です。

普通の紙巻タバコであれば、主流煙と副流煙が大量に放出され、タバコを吸わない方にとっては迷惑極まりないものですが、この『iQOS』は、機械の中でタバコの葉を加熱させて吸うものですので、副流煙が一切出ない仕様となっています。更に、従来の紙巻タバコとは違い、タバコの臭いがほとんどしないので室内で吸っても周りの方に迷惑をかけないものとなっています。

 

販売元が『iQOS』を販売する際にキャッチフレーズとして提唱しているものがコチラ↓

iQOS加熱式タバコ

新時代、始まる。
まったく新しいたばこの誕生です。

革新のたばこヒートテクノロジー
革新的なたばこ加熱システム『iQOS』は、火を使わない、灰が出ない、ニオイが少ない、そして本物のタバコ葉を加熱。

 

分かりやすく言い直すと、『iQOS』は、火を使わず、灰が出ない、そしてニオイが少ない、これからの時代のニーズに合った新感覚のタバコが生み出されたということです。

見た目もカッコ良く、外出時に人目を気にせず吸えるタバコとなっていますが、『iQOS』を吸う際は、喫煙所で吸うのがマナーです。

 

 

『iQOS』の価格

ここからは、『iQOS』の購入価格について掲載していきます。

この『iQOS』の価格は、定価で9,980円となっていますが、コンビニやスーパーでクーポンを使って購入する、あるいはキャッシュバックなどを利用することにより、最大で4,600円OFF5,380円購入することが可能です。

楽天などの通販でも購入することはできますが、現状はクーポンが適用されませんので、定価の9,980円で購入することになってしまいます。

クーポンを使ってコンビニ購入する方が割引も効いてお得ですので、是非興味のある方は、お近くのコンビニで購入することをおススメ致します。

 

※追記※
2016年8月以降のキャンペーンはコチラの記事からどうぞ
『iQOS』を8月以降に購入する方の購入方法とキャンペーン詳細

 

 

『iQOS(アイコス)』の販売地域や発売開始時期の延長

『iQOS』は一部地域でしか販売されていない

加熱式タバコの『iQOS』は、2016年4月1日現在、販売されている地域は東京都や千葉県、愛知県や大阪府など限りなく限定されている状況です。私は茨城県に在住していますが、茨城県では販売開始が4月18日以降ということでしたので、千葉県のとあるローソンまで足を運び、なんとかクーポン適用価格で手にいれることができました。

 

4月18日以降に販売が開始される予定の地域はコチラです↓

【東北地方】
青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県

【関東地方】
茨城県、栃木県、群馬県

【中部地方】
新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、三重県

【近畿地方】
滋賀県、奈良県、和歌山県

【中国地方】
鳥取県、島根県、岡山県、山口県

【四国地方】
徳島県、香川県、愛媛県、高知県

【九州地方】
佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

上記記載の県で販売開始が予定されていますが、2度の販売開始延期が行われていますので、また遅れる可能性はあります。詳しくは、『iQOS』の公式サイトで確認してください。

 

 

『iQOS(アイコス)』をコンビニやスーパーでクーポンを使って購入する方法

コンビニやスーパーがお得!

iQOSコンビニクーポン

ここからは、『iQOS』の購入方法について掲載していきます。各コンビニやスーパーで、クーポンやキャッシュバックを利用すれば、最大4,600円OFFで『iQOS』を購入することが可能です。定価で9,980円するものが、4,600円OFF5,380円で購入できるので、絶対にクーポンを利用すべきです。

『iQOS』をクーポンを利用して購入する場合には、「会員登録」が必要ですので、まずは『iQOS』公式サイトより、会員登録を済ませてください。様々な特典も用意されているようですし、購入後のサポートを受ける際にも会員登録は必須です。

補足ですが、『iQOS』の会員登録には「身分証(免許証)」が必要です。スマホ上からアップロードする画面が出てきますので、身分証を準備してから会員登録の手順に入ってください。

 

※追記※
2016年8月以降のキャンペーンはコチラの記事からどうぞ
『iQOS』を8月以降に購入する方の購入方法とキャンペーン詳細

 

セブンイレブン、ローソン、NewDays、スーパー以外で購入する場合のクーポン

まずは、セブンイレブン、ローソン、NewDays、スーパー以外で『iQOS』を購入する場合のクーポンを取得する方法です。

『iQOS』公式サイトの「お得な情報」ページにいくと、購入したいコンビニなどが選べますので、指定すればクーポンを発行することが可能です。

 

指定できるコンビニ及びお店はコチラ↓

ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ/ニューヤマザキデイリーストア/ヤマザキデイリーストア、セイコーマート、セーブオン、スリーエフ、ポプラグループ、ココストア/エブリワン、ODAKYUMART、阪急アズナス/エクスプレス、南海アンスリー、京阪アンスリー、ハートイン、一部たばこ販売店、IQOSストア、一部スーパー

【キャンペーン期間】2016年5月31日まで(一部地域は異なる)

 

 

ローソンで購入する場合のクーポン

次に、ローソンで『iQOS』を購入する場合のクーポン取得方法についてです。

ローソンでは、『iQOS』公式サイトの「ローソンで購入」を選択すると、登録したメールアドレス宛にクーポンを記載したメールが送られてきます。そのメールに記載されている「二次元バーコード」「Loppi(ロッピー)」にかざすとクーポンを発行することができます。

あとは、レジに行き、『iQOS』を購入する際にクーポンを渡せば完了です。

私個人的に、ローソンで購入する方法が一番簡単で分かり易いと感じましたのでオススメです。

【キャンペーン期間】2016年5月31日まで(一部地域は異なる)

 

 

セブンイレブンで購入する場合のクーポン

続いては、セブンイレブンで『iQOS』を購入する際の方法についてです。

セブンイレブンでで購入する場合は、少し特殊です。

まず、「nanacoカード」で定価の9,980円全額をチャージして『iQOS』を購入します。すると、「nanacoカード」に3,000ポイント付与されますので、実質6,980円で購入することになります。

更に、公式サイトあるいは、セブンイレブンで配布される専用申し込み用紙を使用することで、後日1,600円が郵便為替でキャッシュバックされます。

割引額は同等ですが、ローソンで購入する方法より少し複雑です。

補足ですが、セブンイレブンで購入+ウェブでキャッシュバック申し込みをした方には、『iQOS』専用ケースがプレゼントされるようです。

【キャンペーン期間】2016年5月31日まで(一部地域は異なる)

 

 

NewDaysで購入する場合のクーポン

続いては、NewDaysで『iQOS』を購入する際のキャッシュバックを受ける方法についてです。

『iQOS』公式サイトより、「NewDaysで購入」を選択すると、専用ページに飛びますので、そちらから手続きを処理してください。NewDaysで購入する場合には、割引額4,600円が全額郵便為替で返金されるようになっています。

更にセブンイレブン同様、ウェブでキャッシュバック申し込みをすると『iQOS』専用ケースがプレゼントされるようです。

【キャンペーン期間】2016年5月31日まで(一部地域は異なる)

 

 

スーパーで購入する場合のクーポン

続いて、スーパーで『iQOS』を購入する際のキャッシュバックを受ける方法についてですが、やり方は「NewDaysで購入する方法」と同じです。同様、『iQOS』専用ケースがプレゼントされます。

【キャンペーン期間】2016年5月31日まで(一部地域は異なる)

 

 

スポンサーリンク

 

 

実際に『iQOS』を使ってみた感想と使い方

『iQOS』のパッケージとヒートスティック

ここからは、実際に『iQOS』を購入して使ってみた感想について掲載していきます。

iQOSサンプル

画像左が、『iQOS』の本体が入っているパッケージになります。

スマホを購入した時のような感覚は私だけでしょうか。。。(笑)

 

画像右に写っているものが、マールボロの「ヒートステイック」と呼ばれる『iQOS』に挿入するたばこ葉になります。現時点で種類は「マールボロ・レギュラー」「マールボロ・バランスドレギュラー」「マールボロ・メンソール」「マールボロ・ミント」の4種類が発売されていますが、写真のものは「マールボロ・メンソール」になります。

私は、普段から「マールボロ・メンソールBOX」を吸っていましたので、躊躇なくメンソールを購入しました。

 

 

『iQOS』の本体と付属品

IQOS付属品一覧

こちらの画像が、『iQOS』の本体とその他付属品になります。

メインとなる、加熱式たばこ本体と、それを充電するチャージャー、充電器、充電ケーブル、クリーニング器、そして説明書と保証書が同梱されています。

『iQOS』を初めて間近で見た感想は、『オシャレやな〜』といった感じです。

 

iQOS充電方法

上記画像のように、チャージャーに『iQOS』本体を差し込むと、充電することが可能です。別売りで販売されている「ヒートスティック」を挿入したイメージ画像が右になりますが、とてもコンパクトなのが分かると思います。

この『iQOS』は、ヒートスティック1本分を吸う度に、チャージャーに入れて都度充電する必要がありますので、少々面倒な作業に感じると思います。

 

実際に『iQOS(アイコス)』を吸ってみた!

実際に『iQOS』を使って、「マールボロ・メンソール」のヒートスティックを吸ってみた感想は、今までの紙巻タバコと何ら変わらないという印象です。

宣伝で言われている『火がいらない』という点では、火災を防止できることになると思いますし、何より小さな子供が間違いで火傷をする心配が全くありません。

そして、「灰が出ない」ということですが、従来からある紙巻タバコを吸っている最中は、灰が飛び散るということがありますが、この『iQOS』ではそれはまずあり得ません。

 

実際の『iQOS』使用後の吸い殻の画像がコチラです↓

iQOSヒートスティック吸い殻

たったこれだけの残骸しか出ませんので、ゴミ箱にそのままポイ捨てしても大丈夫のような気がします。(念のため、吸い殻はゴミ箱には捨てませんが。。。)

 

そして、「ニオイが少ない」ということに関してですが、ハッキリ言ってしまうと『タバコのニオイはほぼ感じません』。タバコを吸わない妻に『iQOS』を吸っている時にニオイを嗅いでもらいましたが、『これなら室内で吸っても良い』という了解を得られましたので、タバコの嫌なニオイがしないということはご理解いただけるかと思います。

 

『iQOS』の使い方についての記事はコチラ↓
iQOS(アイコス)の使い方とヒートスティックのタールについて

 

 

まとめ

iQOSの登場により紙巻きたばこの時代は終わったか!?

以上が、『iQOS』のクーポンを使った購入方法と実際に『iQOS』使ってみた感想になります。

私自身、長年喫煙生活を続けてきましたので、禁煙すること自体を諦めていましたが、『iQOS』を使ってみて何故か禁煙できるかもしれないという期待感が出てまいりました。本来のタバコのニオイがほとんどしないので、『iQOS』をしばらく続けていけば、タバコのニオイ自体嫌になる可能性があると感じます。

新感覚のタバコではありますが、私個人的には、新感覚の禁煙補助道具と言えるような気がしています。

パンチの効いたタールの強いタバコを吸っている方にとっても、『iQOS』もそれなりにパンチが効いているので、ヘビースモーカーの方が、『iQOS』に移行するということも考えられるかもしれません。

問題は、『iQOS』の本体が壊れないのかというのが一番心配です。『iQOS』は、言わば電気系統のものですので、いずれ故障することは間違いありませんが、どの程度で故障に遭遇するかが今後の課題かもしれません。

 

興味のある方は、是非お近くのコンビニで購入してみてくださいね♪

 

※追記※
2016年8月以降のキャンペーンはコチラの記事からどうぞ
『iQOS』を8月以降に購入する方の購入方法とキャンペーン詳細

 

iQOS(アイコス)の人気記事

iQOS(アイコス)におすすめの「専用保護ケース」厳選5種

『iQOS(アイコス)』のデコシールがオシャレすぎる!

『iQOS(アイコス)』外出時におすすめの本革レザーケース

 

スポンサーリンク