現在日本では、紙巻きタバコユーザーが減少する一方、加熱式タバコや電子タバコに切り替えるユーザーが急激に増えております。

その大きな理由としては、やはり健康への害が少ないという理由や、紙巻タバコに比べてニオイが少ないという理由が挙がってきますが、特に『リキッド式の電子タバコ』は今世界では想像以上に問題視されているようです。

 

そこで今回は、リキッド式電子タバコの注意点やニコチン入りリキッドの危険性について掲載していきますので是非ご覧ください。

 

リキッド式電子タバコは、海外ではメジャーな喫煙道具!

リキッド式電子タバコは海外ではメジャー

 

喫煙ユーザーの皆さんは、『電子タバコ』の存在はご存知かと思いますが、電子タバコにも種類がたくさん存在します。

というのも、人気の『アイコス』『グロー』、または『プルームテック』なども充電式となっていますので電子タバコの類に入るでしょうし、ニコチンやタールを含まない『シーテック』『リキッド式の電子タバコ』なども全て電子タバコの枠組みであることは間違いありません。

 

分かりやすく言えば、火を使わずに電気を使用して吸うタバコを『電子タバコ』と言います。

 

中でも、リキッド式の電子タバコは海外では非常に人気で、むしろ紙巻タバコよりもメジャーな国もあるくらいです。

 

また、国によっては、リキッド式電子タバコ専用の喫煙所を儲けている国もあるようですので、その人気ぶりが分かりますね。。。(笑)

 

正確な情報ではありませんが、東京オリンピックに合わせて、空港や各商用スペースなどにリキッド式の電子タバコ専用の喫煙所を作る計画もあるという噂もあります。

 

それだけ海外では、紙巻タバコよりもリキッド式の電子タバコのほうが人気なんでしょうね♪

 

 

世界では、リキッド式電子タバコの健康被害が続出している!?

リキッド式電子タバコの健康被害が続出!?

 

しかし、最近ではリキッド式の電子タバコによる健康被害が非常に問題視されているようで、国によっては禁止している国もあるようです。

 

一応ご説明しておきますが、リキッド式の電子タバコを吸う際には、専用のリキッドを注入して、そのリキッドを加熱して水蒸気を発生させるというのが仕組みになります。

また、日本では法律上禁止になっているのですが、海外ではニコチン入りのリキッドが普通に販売されています。

 

あまり言いたくはないですが、日本では生産と販売が禁止されているだけで、個人で輸入して吸う分にはかまわないようです。。。(汗)

 

では何故、海外でリキッド式の電子タバコによる健康被害が問題視されているのか?ということについてご説明していきますが、

 

私が調べた情報ですと、

 

  • ニコチンの含有量が多いため、中毒性が強く病気になりやすい
  • 紙巻タバコに比べてニコチンを摂取する量が多い
  • 誤飲で命を落とした大人や子供が急増している

 

などの問題があるからだそうです。

 

ニコチンの含有量が多いため、中毒性が強く病気になりやすい

日本で販売されている紙巻タバコの中でも、メジャーなマールボロやメビウスなどでは、どんなにニコチン量が多くても「12mg」程度かと思いますが、ニコチン入りのリキッドはニコチン量が多いものだと「30mg」を余裕で超えるものも販売されているようです。

 

もちろん、これらニコチン入りのリキッドを薄めて電子タバコに注入するのですが、ニコチン中毒というのは恐ろしく、吸い続けることにより徐々に強いものを吸いたくなるものなんですよね。。。

 

ですので、ニコチンを摂取し過ぎた結果、または水蒸気を大量に吸い続けた結果、ガンになる確率が上昇し、重い病気にかかりやすくなってしまうのです。

 

紙巻タバコに比べてニコチンを摂取する量が多い

上記でもご説明したように、ニコチン濃度が高いリキッドを吸うことで、ニコチンを摂取する量が増えます。

となると、当然ガンや心筋梗塞などの病気にかかるリスクが高まりますので、紙巻きたばこに比べると非常に危険なわけです。

 

 

誤飲で命を落とした大人や子供が急増している

また、電子タバコのリキッドは、調味料や目薬に見えなくはないので誤飲が非常に危険です。

 

一応、日本では「ニコチンは劇薬」という部類に該当しますので、致死能力があります。

ニコチンの致死量は成人で約40~60mgですので、36mg/mlのニコチンリキッドを2ml飲んでしまったら、ほぼ命は助かりません。

 

これが小さな子供が誤飲したことを想像してみてください。

大人でさえ2ml程度で命が奪われてしまいますから、子供が誤飲した場合は米粒ほどの量をペロッと舐めただけで死に至ります。

 

私は、小さな子供が2人いますが、自分のせいで子供が誤飲してしまったらと考えるだけで背中がゾッとします。。。(汗)

 

 

このように、海外ではリキッド式の電子タバコは非常にメジャーではありますが、その分リスクも高く危険なこともあるため問題視されているようです。

日本では生産と販売が禁止されていますので、私個人的にはニコチン入りのリキッドには手を出さずに、国産のリキッドを購入することをオススメ致します。

 

それでもリキッド式電子タバコを吸いたい方には『純国産のリキッド』がおすすめ!

純国産のリキッドがおすすめ

 

私は、基本的にアイコスやプルームテックなどを常時吸っていますが、たまにリキッド式の電子タバコを吸ったりもします。

最近ではあまり利用することは少ないですが、リキッド式の電子タバコは意外と好きな人も多いようですね。。。

 

ただし、上記でもご説明したように、ニコチン入りのリキッドは非常に危険ですし、海外製のリキッドもオススメは出来ません。

中には、再調査した結果ニコチンやその他有害物質が検出されたという話も良くあるようですので、ここはやはり『メイドインジャパン』を意識して、日本で生産された純国産のリキッドを購入した方が良いかと思います。

 

最近では、純国産のリキッドの種類も豊富なようですので、一度国産限定で調べてみるのも良いかもしれません。

 

 

まとめ

以上が、リキッド式電子タバコは注意が必要!?特にニコチン入りリキッドは危険!になります。

いかがでしたか?今回の記事では少々怖い話をしてしまいましたが、あくまで海外での話であり、日本の話ではありませんのでご安心ください。

しかし、日本でも個人輸入をすれば簡単にニコチン入りのリキッドを購入出来てしまうようですので注意が必要です。

 

私個人的にですが、人間はいずれ禁煙することになると思います。40代になると体も弱くなりますし、病気になんかなってしまえば医師からも禁じられるはずです。

やはり害の少ないアイコスやプルームテックで我慢できるならその方が絶対に良いでしょうし、私のように徐々にニコチンを一切含んでいない『シーテック』などに移行していくのも一つの手です。

タバコは禁煙して損はありませんので、一度考え直してみるのも良いかもしれません。

 

おすすめの記事>>>ビタミンC配合の電子タバコ『C-Tec Duo』を徹底レビュー!