2016年の「流行語大賞」に選ばれてもおかしくないのが、喫煙者に話題の「加熱式タバコ」です。

 

特に、フィリップモリス・ジャパンから発売されている『iQOS(アイコス)』と、JTから発売されている『PloomTECH(プルームテック)』は、全国各地で「在庫切れ」が発生して購入できない方がいるほど人気の商品です。

 

実際に、私も両方の機械を購入して吸っていますが、明らかに「紙巻たばこの時代は終わったな」ということを実感しました。

 

やはり、ニオイが少ないので周りの人に迷惑をかけにくい点、健康への害が少ない点など、プラスになることしかない加熱式タバコは、もはや喫煙ユーザーにとって『革命』が起きたと言っても過言ではありません。

 

そんな加熱式タバコですが、今回は、これから購入を検討している方のために、『iQOS(アイコス)』と『PloomTECH(プルームテック)』を徹底的に比較してみましたので是非ご覧ください。

 

 

そもそも何故、加熱式タバコ(電子タバコ)ブームが起こったのか?

iQOSアイコス

 

ここ1年間で、加熱式タバコ(電子タバコ)ブームが一気に加速し始めました。

特に、フィップモリスジャパンから発売されたマールボロ率いる『iQOS(アイコス)』と、JTから発売されたメビウス率いる『PloomTECH(プルームテック)』です。

 

両者とも、火を使わない、灰が出ない、ニオイが少ないという共通点があります。

更には、健康に対する害も大幅に削減できているということから、喫煙者の中でこれら電子タバコ(正確には電子タバコではない)に移行しているユーザーが急増しているようです。

 

しかし、何故このような電子タバコブームが到来したのか?

 

その理由は、いま日本では禁煙ブームが流行っているからだと専門家は言っているそうです。

 

でもそうですよね。。。

ひと昔前を思い出してみたら、歩きたばこは普通でしたし、電車内で喫煙することも可能な時代がありました。

何より、現代では「ポケット灰皿」を持ち歩くのが習慣になり、喫煙所で吸うというマナーが生まれたという事実があります。

 

そんな禁煙ブームの中、喫煙者の中で話題の『iQOS(アイコス)』『PloomTECH(プルームテック)』が発売され、喫煙者たちが揃いも揃って紙巻タバコから移行しているではないですか。。。(笑)

 

ちなみに、私もその1人です。。。(笑)

 

まだ加熱式タバコ(電子タバコ)に乗り換えていない方のために、『iQOS(アイコス)』と『PloomTECH(プルームテック)』のどちらを購入すれば良いのか?を比較を見ながら分かりやすく掲載していきます。

 

 

『iQOS(アイコス)』と『PloomTECH(プルームテック)』の仕様

まずは、『iQOS(アイコス)』と『PloomTECH(プルームテック)』の仕様から比較していきます。

iqos仕様

『iQOS(アイコス)』は、本物のたばこを挿入して吸いますので、従来の紙巻たばこの感覚に似ているということが利点です。

専用のホルダーに「ヒートスティック」と呼ばれるたばこを挿入し、独自で開発されたプレートで加熱して水蒸気を発生させる仕組みです。

 

 

 

 

そして、『PloomTECH(プルームテック)』は、先端にたばこカプセルを装着して吸いますので、今までにない新感覚のたばこになります。

 

プルームテックの使い方

 

本体と別売りで販売されている「カートリッジ」と「たばこカプセル」を本体に装着して水蒸気を発生させて吸引する仕組みです。

 

どちらも充電式ですので、充電をするという作業に変わりはありませんが、その他の項目も含め、分かりやすく一覧表にして見てみましょう。

 

仕様比較 iQOS PloomTECH
重量 約120グラム 約16グラム
稼働時間 ホルダー 約6分or15パフ
チャージャー 20本分
約5カプセル分×50パフ
充電 専用アダプター有り 専用アダプター有り

 

 

『iQOS(アイコス)』と『PloomTECH(プルームテック)』のコスト

次に、『iQOS(アイコス)』と『PloomTECH(プルームテック)』のコストについて比較してみます。この比較には、本体価格、たばこ葉とカプセルの消耗品の価格、電気系統の買い替え等の価格比較を掲載していきます。

 

コスト比較 iQOS PloomTECH
本体 9,980円
キャンペーン時 5,380円
4,000円
キャンペーン時 2,000円
消耗品 ヒートスティック
(1箱20本入)
460円
たばこカプセル※1
(カートリッジ×1、カプセル×5)
460円
交換時期 約1年※2 充電200回〜300回
交換価格 ホルダー 4,980円
一式 9,980円
バッテリー 1,500円
USBチャージャー 900円

※1…たばこカプセル5個でたばこ30本分に相当するらしい

※2…1日20本吸う計算で約1年らしい

 

本体価格の違いから、どう考えてみても『PloomTECH(プルームテック)』の方が継続的に使う場合、コストが安くなります。

しかし、現時点では、『iQOS(アイコス)』のヒートスティックは近くのコンビニで販売されていますが、『PloomTECH(プルームテック)』のたばこカプセルは、公式サイトからのみとなっていますので、コストは高いが『iQOS(アイコス)』の方が利便性は高いと言えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

『iQOS(アイコス)』と『PloomTECH(プルームテック)』の味

続いて、一番肝心の『iQOS(アイコス)』と『PloomTECH(プルームテック)』の味についての比較です。

この比較は、最初に言っておきますが、問答無用で『iQOS(アイコス)』の方が格段に上です。

 

『iQOS(アイコス)』は、本物のたばこ葉を挿入するので、あのフィルターを咥えた感覚や、ニオイ、味、全てにおいて、従来の紙巻たばこの感覚があります。

反対に『PloomTECH(プルームテック)』は、咥えた感覚は「禁煙パイポ」のような感覚です。ニオイや味は、従来のたばこのニオイは一切しないので、周りの方は良いですが、本人が満足するかと言ったら、しないかもしれません。

 

私は個人的に、『PloomTECH(プルームテック)』よりも『iQOS(アイコス)』の方が良く感じてしまいます。

 

※追記

iQOS(アイコス)を使い始めて約1年が経過しておりますが、iQOS(アイコス)は100%すぐに壊れます。

味を考えればiQOS(アイコス)の方が良いですが、故障することを考えると『PloomTECH(プルームテック)』の方がトータル的に勝ります。

むしろ、私は完全に『PloomTECH(プルームテック)』オンリーで喫煙ライフを送っていこうと考えております。

 

 

まとめ

以上が、『iQOS(アイコス)vsプルームテック』加熱式タバコ徹底比較!になります。

まとめになりますが、従来のたばこ感を味わいたい方は、断然『iQOS(アイコス)』がおすすめです。『PloomTECH(プルームテック)』には、本来のたばこ感がほぼないので、満足できない可能性もあり得ます。

 

しかし、iQOS(アイコス)はすぐに壊れますので、購入後1週間足らずで吸えなくなってしまう危険性もあります。

私個人的には、故障のことを考えると、断然「PloomTECH(プルームテック)」がオススメだと思っておりますが、あとは、各自検討してみてください。

 

これらの情報は、あくまで私個人的に経験した内容と、独自に調査したものですので参考までにしてください。

 

人気関連記事

『iQOS』蓋・開閉ボタンが壊れた方にオススメの裏技はコレ!

プルームテックを通販で購入する際に「互換キット」には注意!?

新たな加熱式たばこ『glo(グロー)』が12月に仙台で先行発売!

アイコスを始めた方必見!この機会に歯のホワイトニングを!

アイコスを吸い続けると「太る」噂は本当か!?体重増加の原因は?

 

スポンサーリンク