新型アイコス(iQOS2.4plus)が発売されてから早くも4ヶ月が経過しましたが、皆さんは故障していませんか?

私の使用している新型アイコスは、未だ故障する気配はないのですが、やはり旧型アイコスに比べて故障しにくいのかもしれません。

 

そこで今回は、新型アイコスが故障した時の対処法や、LEDライトの点滅・点灯パターン、リセット方法のやり方について詳しく掲載していきますので是非参考にしてください。

 

新型アイコス(iQOS2.4plus)は、旧型アイコスに比べて故障しにくい!?

新型アイコス(iQOS2.4plus)は故障しにくい

 

新型アイコス(iQOS2.4plus)が発売されたのが2017年3月3日ですので、早い方で約4ヶ月ほど新型アイコスを使用しているかと思います。

 

私自身も、発売後すぐに新型アイコスを入手していますので、約4ヶ月以上経過しているわけですが、未だに一度も故障はしていません。

 

  • 加熱ブレードが折れた
  • 開閉ボタンが破損して蓋が閉まらない
  • ホルダーが充電できない
  • ポケットチャージャーが充電できない

 

など、旧型アイコスからあるアイコス特有の故障の症状がありますが、私はどれも経験はないですね。。。

 

ですが皆さんはどうでしょうか。。。?

 

これだけの台数が出ていますので、故障している方も中にはいると思いますが、それでも新型アイコスは旧型アイコスに比べて故障しにくい仕様になっているようです。

 

例えば、

 

  • ホルダーの加熱ブレードの強度が上がり折れにくい
  • 開閉ボタンの設計が変わり壊れにくい
  • ポケットチャージャーの性能が上がり、充電不備がない

 

というように、新型アイコスは旧型アイコスに比べて、劇的に進化を遂げているおかげで故障しにくい仕様になったわけです。

 

現時点では、まだ4ヶ月ですのでなんとも言えませんが、保証期間の6ヶ月以内に故障する可能性は極めて低いと考えて間違いないかもしれません。

 

ただし、上記でも言いましたが、中にはすぐに故障する新型アイコスもありますので、故障の際には直ちにアイコスのカスタマーセンターに連絡するようにしましょう。

 

また、保証期間が6ヶ月で心配な方は、「iQOSプレミアムケア」という保証サービスに加入することで、保証期間を6ヶ月から1年に延長できるほか、落下や水濡れ等の過失や事故による故障も1回まで無償で修理交換することが可能ですので、是非入会をオススメ致します。

 

アイコスプレミアムケア

 

ちなみに、「iQOSプレミアムケア」は2,500円の料金がかかりますが、2,500円分のクーポンがプレゼントされますので、実質0円(無料)で入会することが可能です。

 

詳しくは別記事ご紹介しておりますので、そちらの記事を参考にしてください。

>>>iQOSプレミアムケアがスゴ過ぎる?さらにLINE連携で便利に!

 

新型アイコスが故障した時の3つの対処法

新型アイコス(iQOS2.4plus)が故障した際の3つの対処法

 

では次に、新型アイコス(iQOS2.4plus)が故障した時の3つの対処法について掲載していきます。

 

基本的に新型アイコスが故障した際には、

 

  • アイコスのカスタマーセンターに電話で問い合わせる
  • アイコス公式サイト内、「故障診断」を利用して問い合わせる
  • アイコスストアに持参して交換申込をする

 

の3つの方法があります。

 

アイコスのカスタマーセンターに電話で問い合わせる

インターネットに慣れていない方には、こちらの電話でカスタマーセンターに問い合わせる方法がオススメです。

 

カスタマーセンターの方は非常に丁寧で、分かりやすく対応してくれますので、まずは電話にて問い合わせてみましょう。

ただし、電話での故障の受付は連日混雑しているようですので、中々繋がらないというのが現実です。。。(泣)

 

私個人的には、朝一が最も繋がりやすい時間帯なのかなと感じます。

 

【iQOSカスタマーセンター】

電話番号:0120-190517

営業時間:8:00〜22:00

 

 

アイコス公式サイト内、「故障診断」を利用して問い合わせる

次に、アイコス公式サイト内にある「故障診断」を利用して問い合わせる方法です。

 

アイコスの故障診断方法

 

既に、アイコスのデバイス登録が済んでいる方は、「マイアカウント」の「あなたのiQOS」から、該当のデバイスの下部にある「故障かなと思ったら」というボタンがありますので、そちらから故障診断を受けることが可能です。

 

詳しくは別記事にてご説明しておりますのでそちらの記事を参考にしてください。

>>>iQOSの公式サイトから「故障診断」をして【交換申込】をする方法

 

アイコスストアに持参して交換申込をする

そして次に、アイコスストアに持参して交換申込をする方法です。

 

アイコスストア銀座

 

お住まいの近くにアイコスストアがある場合には、最も最短で故障した新型アイコスを新品のものと交換してくれます。

 

アイコスストアは全国に9箇所存在しますので、まずは近くにあるアイコスストアを確認してみましょう。

>>>日本全国の『iQOS(アイコス)ストア』所在地&電話番号まとめ

 

スポンサーリンク

 

新型アイコスのLEDライト点滅・点灯パターン

ではここからは、新型アイコス(iQOS2.4plus)のLEDライトの点滅・点灯パターンについて掲載していきます。

 

新型アイコスを購入した際に、箱の中に「ユーザーガイド(取扱説明書)」が同梱されていますので、そちらからも新型アイコスのLEDライトの点滅パターンを確認することが出来ます。

 

ホルダーのLEDライト点滅・点灯パターン

ホルダーのLEDライトが【赤点灯】

新型アイコスのホルダー「LEDライト赤点灯」

 

ホルダーのLEDライトが『赤点灯』している場合は、充電が必要であることを示しています。

ホルダーをポケットチャージャーにセットし、ホルダーを充電してください。

約4分間で充電が完了します。

 

※ホルダーをポケットチャージャーで充電する際には、「ポケットチャージャーに充電はあるのか?」または、「電源が入っているのか?」を確認してください。

 

もしホルダーを充電しても直らない場合には、新型アイコスの故障が考えられます。

まずは新型アイコスのリセットを実施し、それでも直らない場合には、アイコスのカスタマーセンターへ問い合わせるようにしましょう。

 

ポケットチャージャーのLEDライト点滅・点灯パターン

ポケットチャージャー最上部のLEDライトが【赤点灯】

新型アイコスのポケットチャージャー「LEDライト最上部赤点灯」

 

ポケットチャージャーの最上部のLEDライトが『赤点灯』している場合には、ホルダーが故障している可能性があります。

まずはリセットを実施し、それでも直らない場合には、アイコスのカスタマーセンターへ問い合わせるようにしましょう。

 

ポケットチャージャー最上部のLEDライトが【赤点滅】

新型アイコスのポケットチャージャー「LEDライト最上部赤点滅」

 

ポケットチャージャーの最上部のLEDライトが『赤点滅』している場合には、ホルダーのバッテリーが寿命に達した可能性があります。

まずはリセットを実施し、それでも直らない場合には、アイコスのカスタマーセンターへ問い合わせるようにしましょう。

 

ポケットチャージャー最下部のLEDライトが【赤点灯】

新型アイコスのポケットチャージャー「LEDライト最下部赤点灯」

 

ポケットチャージャーの最下部のLEDライトが『赤点灯』している場合には、ポケットチャージャーが故障している可能性があります。

まずはリセットを実施し、それでも直らない場合には、アイコスのカスタマーセンターへ問い合わせるようにしましょう。

 

関連記事>>>『iQOS(アイコス)』ランプの点滅・点灯パターン総まとめ!

 

新型アイコスのリセット方法(再起動)

では続いて、新型アイコスが故障したかなと感じた時や、調子が悪い時に実施する『リセット方法(再起動)』のやり方について掲載していきます。

 

新型アイコスのリセット方法は簡単で、以下2つの手順でリセットすることが可能です。

 

新型アイコスのリセット方法イメージ

 

手順1:ホルダーをポケットチャージャーにセット

ホルダーをポケットチャージャーにセットし、両方のデバイスが充電済みであることを確認する

 

手順2:リセットボタンと電源ボタンを同時に長押し

リセットボタンと電源ボタンの両方を、全てのLEDライトが点滅するまで同時に長押しする

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上が、新型アイコスの故障対処法!LEDライトの点滅パターン・リセット方法になります。

まとめになりますが、新型アイコス(iQOS2.4plus)は、旧型アイコスに比べて故障しにくい仕様になっておりますが、まだ発売から4ヶ月あまりなので明確には分かりません。

やはりどうしてもヒートスティックを挿入する際に、加熱ブレードへの負担は大きいので、加熱ブレードが折れてしまうという故障はいずれ訪れるものです。

 

ですが、新型アイコスが故障した際には、保証期間内であればカスタマーセンターに問い合わせることで、丁寧に対応して頂けますので、困ったことがあったらまずはアイコスのカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

 

スポンサーリンク