喫煙者に話題の新感覚のたばこ『PloomTECH(プルームテック)』の、「たばこカプセル」が余る現象をなくし、カートリッジを再利用する裏技について掲載していきます。

 

プルームテック「スターターキット」

 

PloomTECH(プルームテック)は、一部地域を除き、基本的にはインターネットでのみ購入することが可能ですが、現在(2016年11月)も入手困難な状況が続いております。

私も、再販後に予約を入れて、自分の手元に到着したのはつい先日のことですので、予約申し込みから約4ヶ月が経過してからのことです。

 

iQOS(アイコス)も入手するのが難しいと言われていますが、おそらくPloomTECH(プルームテック)の方が断然入手するのは難しいと思います。。。

 

まだ手元に届いていない方もたくさんいるとは思いますが、今回はそのPloomTECH(プルームテック)に関する内容を掲載していきたいと思いますので是非ご覧ください。

 

 

PloomTECH(プルームテック)は「たばこカプセル」が余ってしまう!?

入手困難なPloomTECH(プルームテック)ですが、手元に届きPloomTECH(プルームテック)で喫煙ライフを送っている方に、ちょっとした問題が起きているようです。

 

それが、

 

『たばこカプセルが余る』

 

という現象です。

 

どういうことかとご説明すると、

 

PloomTECH(プルームテック)に装着する「たばこカプセル」は、箱の中にたばこカプセルが5個、カートリッジが1本同梱されています。

 

プルームテック「たばこカプセル、カートリッジ」

 

画像上→たばこカプセルの箱

画像真ん中→たばこカプセル

画像下→カートリッジ

 

基本的に、PloomTECH(プルームテック)は、たばこカプセル5個に対しカートリッジ1本を使うわけですが、その交換タイミングは、本体(PloomTECHバッテリー)の底面にあるLEDが青色で点滅した際に「たばこカプセル」を交換します。

そして、たばこカプセルを5個使用したら、6個目と同時にカートリッジも交換するというのがマニュアルにある使い方です。

 

しかし、その交換タイミングのサイン(LEDの青色点滅)が非常に分かりにくいという問題があり、交換タイミングをスルーして使い続けてしまい、結果、カートリッジの方が先にダメになり、たばこカプセルが余るという現象が起きているようです。

 

現状販売されているPloomTECH(プルームテック)は、バージョンアップされて「交換タイミング」が分かりやすくなっているので問題は減少しているようですが、それでもまだ問い合わせが殺到しているようです。

 

プルームテック「たばこカプセル、カートリッジの交換タイミング」

 

ちなみに、現状のバージョンアップ品はLEDが約40秒間点滅しますので、外出時は別としても基本的には気づくと思います。

 

ごく普通に交換タイミングを逃さず、PloomTECH(プルームテック)の指示通りに交換すれば、特に問題はありません。(私の場合はですが。。。)

 

スポンサーリンク

 

カートリッジとは?

先ほど、「カートリッジの方が先にダメになる」と申し上げましたが、『そもそもカートリッジって何?』と疑問に感じる方もいると思いますので、念のためご説明しておきます。

 

プルームテックの使い方

 

PloomTECH(プルームテック)のカートリッジとは、簡単に説明すると、中に「専用のリキッド」が入っています。

そして、このカートリッジの中に入っているリキッドは、たばこカプセル5個分しか入っていませんので、たばこカプセルの交換タイミングをスルーしてしまうと、リキッドが不足して使えなくなってしまうというわけです。

 

 

【例】
たばこカプセル1個=50パフ
たばこカプセル5個×50パフ=250パフ

 

たばこカプセル1個で70パフしてしまうと、合計で350パフしてまう計算になりますので、カートリッジの使用限界を100パフオーバーしてしまう計算になります。

 

 

『余ったら捨てれば良いや』という方は、特に問題ありませんが、仮に取っておいた場合、「気づけば大量のたばこカプセルが余っている」ということになってしまうかもしれませんので、少々もったいないという考えが出てきてしまいます。

 

しかし、そんな方には「カートリッジを再利用する裏技」がありますので、あまりオススメはできませんがご紹介しておきます。

 

 

PloomTECH(プルームテック)のカートリッジを再利用する方法

私は、意外と固い人間ですので、公式でオススメしていない裏技はしたくない人間ですが、「得をするのであればやった方が良い」という考えはもちろんあります。

 

極端な話、カートリッジが先にダメになってしまうのなら、PloomTECH(プルームテック)のカートリッジ内に市販のリキッドを注入してしまえば良いのでは?と思います。

 

 

楽天市場でチェックしたい方はコチラ→【送料無料】【電子タバコ リキッド 国産】 日本製 リキッド BI-SO Liquid 10ml

 

AMAZONでチェックしたい方はコチラ→電子タバコ リキッド ハイパーメンソール 国産ブランドBI-SO Liquid 15ml

 

上記のような市販のリキッドを、PloomTECH(プルームテック)のカートリッジ内に注入することで、カートリッジを再利用することができます。

 

リキッドを注入する際には、味の選定であったり、その他工具が必要になってきますが、あえて説明は省略させて頂きます。

 

 

まとめ

以上が、PloomTECH(プルームテック)のカートリッジを再利用する裏技になります。

まとめになりますが、本当にオススメしたくない方法ではありますが、PloomTECH(プルームテック)のカートリッジにリキッドを注入することで、たばこカプセルを無駄にすることなく使用することは可能です。

 

念のため言っておきますが、これらのやり方はあくまで自己責任で行うようにしてください。

私は今後もやる予定はありませんし、上記のやり方で故障した場合は保証が受けられないと思いますので注意して行うようにしましょう。

 

おそらくですが、今後「カートリッジのみの販売」も、JTの予定に入っていると思いますので、余った「たばこカプセル」は捨てずに保管しておくと良いかもしれません。

 

PloomTECH(プルームテック)の人気関連記事

『プルームテックの使い方』カプセルとカートリッジの交換タイミング

プルームテックのキャリーケース専用「デコシール」が良い感じ!?

『PloomTECH(プルームテック)』におすすめのケース【最新】

 

スポンサーリンク