VOD人気5社をサクッと比較!料金や特徴、おすすめポイントをご紹介!

VOD人気5社をサクッと比較!料金や特徴、おすすめポイントをご紹介!

皆さん、VOD(ビデオ・オン・デマンド)利用していますか?

私も、私の家族もかなりの頻度で利用しているVODですが、なんといっても「空いた時間に気軽に視聴できる」というのがVODの最大のメリットですよね。

現在10社以上のVODサービスが存在するので、ぶっちゃけどれがおすすめなの?となかなか手が出せない方も多いことでしょう。

そこで本記事では、VOD(ビデオ・オン・デマンド)人気5社をサクッと比較しながら、おすすめのVODをご紹介していますので是非最後までご覧ください。

VOD人気5社をサクッと比較

VOD比較 料金 無料期間 配信数
Hulu 月額933円+税 14日間 5万本〜
U-NEXT 月額1,990円+税 31日間 14万本〜
dTV 月額500円+税 31日間 12万本〜
プライムビデオ 年額税込3,900円 30日間 6万本〜
music.jp 月額税込1,922円 30日間 18万本〜
注意
配信数は2018年12月時点のざっくりした数値です。詳しくは公式ページをご覧ください。

VOD人気5社をサクッと比較すると、AMAZONプライムビデオが月額にして税込325円と最も安く、music.jpが180,000本以上と最も配信数が多いです。

しかし、それぞれのVODサービスに特徴やおすすめポイントがあります。

月額料金や配信数で決めてしまうと、契約後にガッカリしてしまうことがありますので、一通り無料期間を利用してから選ぶようにしましょう。

VOD人気5社の特徴とおすすめポイント

VOD人気5社の特徴とおすすめポイント

では続いて、VOD人気5社それぞれの特徴とおすすめポイントをご紹介していきます。

今回ご紹介するVODは上記5社になりますが、この他にもFOD(フジテレビオンデマンド)やNETFLIXなど、実に10社以上のVODが存在します。

あくまで私個人的にですが、上記5社を抑えておけば十分だと思います。

Hulu

Huluの特徴
料金 月額933円+税
無料期間 14日間
配信数 約50,000本以上
有料 全て見放題
対応端末 スマホ・タブレット、PC、TV、PS4可
決済 クレジットカード、デビットカード、キャリア決済(au,docomo,softbank)
特典 特になし

Hulu(フールー)の最大の特徴は、幅広いジャンルの邦画、洋画、海外ドラマ、日テレ系のドラマが充実しています。

一昔前のHuluは使い勝手が悪く、視聴出来る数も少ない割に月額料金が高かったので、サービス開始時期に契約していた方は不満もあったと思います。

しかし、最近のHuluは日本人向けに進化していて、見たい映画が検索しやすく、最も無難におすすめ出来るVODです。

Huluってどう?料金やおすすめポイント、無料期間の申込方法まとめ Huluってどう?料金やおすすめポイント、無料期間の申込方法まとめ

無料お試しはこちら▼
hulu公式ページ

U-NEXT

U-NEXTの特徴
料金 月額1,990円+税
無料期間 31日間
配信数 約140,000本以上
有料 あり
対応端末 スマホ・タブレット、PC、TV、PS4可
決済 クレジットカード、キャリア決済(au,docomo,softbank)
特典 毎月1,200ポイント付与、書籍・漫画・ラノベ32万冊以上、雑誌読み放題70誌以上、無料で4アカウントまで発行可能

U-NEXT(ユーネクスト)の最大の特徴は、配信数が140,000本以上と多く、書籍や漫画、雑誌等も閲覧できるところです。

また別途有料になってしまいますが、最新作映画をレンタル開始時期にいち早く視聴することができます。

それと、U-NEXTはアダルトジャンルの動画も配信されていますが、子供達には見られないように視聴制限をかけることもできます。

U-NEXTってどう?料金やおすすめポイント、無料期間の申込方法まとめ U-NEXTってどう?料金やおすすめポイント、無料期間の申込方法まとめ

無料お試しはこちら▼
U-NEXT公式ページ

dTV

dTVの特徴
料金 月額500円+税
無料期間 31日間
配信数 約120,000本以上
有料 あり
対応端末 スマホ・タブレット、PC、TV
決済 クレジットカード、デビットカード、キャリア決済(docomo)
特典 音楽・MVも視聴可、dTVチャンネルとのセット契約可

dTV(ディーティービー)の最大の特徴は、月額500円と料金が安く、音楽やMV等も視聴できるところです。

正確性には欠けますが、VODユーザーの中でもシェア率が一番多いという情報を耳にしたことがあります。

ドコモ系のサービスなので、ドコモユーザーにアクションを起こしやすいというのもあると思いますが、人気の理由は確かに分かります。

そもそも月額500円+税という価格の割に、サービスが充実し過ぎです。。。汗

dTVってどう?料金やおすすめポイント、無料期間の申込方法まとめ dTVってどう?料金やおすすめポイント、無料期間の申込方法まとめ

無料お試しはこちら▼
dTV公式ページ

AMAZONプライムビデオ

プライムビデオの特徴
料金 年額税込3,900円
無料期間 30日間
配信数 約60,000本以上
有料 あり
対応端末 スマホ・タブレット、PC、TV、PS4可
決済 クレジットカード、デビットカード
特典 プライム会員に入会、AMAZONでお買い物時、送料・お急ぎ便無料、AMAZONミュージック利用料無料、その他

AMAZONプライムビデオの最大の特徴は、動画の視聴だけでなく、AMAZONでのお買い物時に得られる特典や、その他サービスが充実しているところです。

言ってしまえば、AMAZONプライムビデオはプライム会員の付帯サービスの一つであり、メインサービスではありません。

AMAZONにて、プライム対象の商品をお買い物時には、送料が無料であったり、お急ぎ便が無料で利用できたりと、普段AMAZONで買い物をする機会が多い方には是非おすすめです。

ただし、洋画や邦画の種類は豊富ですが、有料のものも多く、特にディズニー系の映画は基本有料です。

あとは、AMAZONオリジナル番組というのがあり、ダウンタウンの松っちゃんがプロデュースする「ドキュメンタル」や、婚活サバイバル番組「バチェラージャパン」などを無料で視聴することができます。

地上波では放送できないような内容も含まれていますが、AMAZONオリジナル番組はどれも面白いです。

Amazonプライム会員じゃない人は損してる?特典内容や年会費を解説するよ Amazonプライム会員じゃない人は損してる?特典内容や年会費を解説するよ AMAZONプライムビデオってどう?料金やおすすめポイント、無料期間の申込方法まとめ AMAZONプライムビデオってどう?料金やおすすめポイント、無料期間の申込方法まとめ

無料お試しはこちら▼

music.jp TVコース

music.jpTVの特徴
料金 月額税込1,922円
無料期間 30日間
配信数 180,000本以上
有料 あり
対応端末 スマホ・タブレット、PC、TV
決済 クレジットカード、キャリア決済(au,docomo,softbank)
特典 専門チャンネルは見放題、毎月4,922ポイント付与、音楽・漫画・書籍も閲覧可

music.jp(ミュージック・ドットジェーピー)TVコースの最大の特徴は、配信数が180,000本以上と他のVODに比べて多い事と、本家である音楽系に特化しているところです。

ただし、他のVODと比べて異なる点は、見放題なのはスポーツ、教育、音楽番組の3チャンネルだけです。

洋画や邦画、ドラマなどを視聴する際には有料となり、毎月付与される4,922ポイントを消費して視聴していくことになります。

パッと聞いた感じだと他のVODの方が良く感じますが、50%〜100%OFFのクーポンが発行されたり、何より配信数が多いので、他のVODでは視聴できないような番組を観ることが出来ます。

music.jp TVコースってどう?料金やおすすめポイント、無料期間の申込方法まとめ music.jp TVコースってどう?料金やおすすめポイント、無料期間の申込方法まとめ

無料お試しはこちら▼
music.jp公式ページ

VODの選び方

VODの選び方

現在10社以上のVODサービスがある中で、『どのVODを選んだら良いか分からないよ〜』という方の為に、簡単にVODの選び方を掲載していきます。

VODの選び方

  1. 無料期間を利用して自分好みのVODを見極める
  2. どの端末で視聴するのかを念頭に考える
  3. デビットカード使用不可のVODもあるので注意

VODを選ぶ際に、最も意識して欲しいことは上記3つです。

特に、どのVODサービスにも無料期間が設けられていますので、まずは無料期間を利用して自分好みのVODを見極めるのが一番の秘訣です。

またVODによっては視聴できない端末、特に私のようにリビングでPS4を介して視聴したい方は注意が必要です。

ただし「ストリーミングデバイス」といって、「AMAZON Fire TV(6,980円)」や「Apple TV(19,800円〜)」、「Chromecast(4,980円)」などを別途購入して接続すれば、リビングに設置しているテレビでも視聴することが可能になります。

また基本的には、クレジットカードやキャリア決済(docomo,au,softbank)が主流になりますが、中にはデビットカードが使用できないVODもあります。

クレジットカードがなく、格安スマホを利用しているからキャリア決済もできないといった方は、デビットカードが使用できるVODを選ぶのも一つの手だと思います。

注意事項
無料期間終了後は、自動的に本契約となります。必ず解約することを忘れずに期間を把握しておきましょう。

おすすめのVODは?

おすすめのVODは?

VOD人気5社の比較や、それぞれの特徴をご紹介しましたがいかがでしたか?

どのサービスにも良い点がありますので、やはり迷ってしまいますよね。。。汗

あくまで私個人的にですが、最後におすすめのVODを状況別にご紹介していきますので、是非参考にしてください。

無難に選択するなら「Hulu」

まずは、無難に選択するなら「Hulu」がおすすめです。

やはり人気ナンバーワンと言っても過言ではありません。シンプルにVODを利用したい方にはHuluがおすすめです。

Huluの無料お試しはこちら▼

とにかく価格重視なら「dTV」

とにかく価格重視なら「dTV」がおすすめです。

やはり、月額500円+税でここまでのサービスが受けられるのは魅力的です。

特に、現在docomoでスマホを契約中の方は、断然dTVがおすすめです。

dTVの無料お試しはこちら▼

その他サービス重視なら「U-NEXT」or「music.jp TVコース」

映画やドラマ以外にも書籍や音楽など、その他サービスを重視するなら「U-NEXT」か「music.jp TVコース」がおすすめです。

つくづく思いますが、時代は変わりましたよね。

書籍やニュースは紙ではなく画面で見る時代ですし、わざわざ映画館やレンタルビデオ店に足を運ばなくても映画が見れる時代です。

普段から雑誌や書籍を読む方には、U-NEXTやmusic.jpがおすすめです。

U-NEXTの無料お試しはこちら▼

music.jpの無料お試しはこちら▼

全て網羅したい欲張りさんは「U-NEXT」+「AMAZONプライムビデオ」

全て網羅したい欲張りさんは、「U-NEXT」と「AMAZONプライムビデオ」の同時契約がおすすめです。

同時契約がおすすめ

  • AMAZONで買い物する際の特典
  • AMAZONオリジナル番組の視聴
  • 映画、ドラマ、アニメ、バラエティ番組を視聴
  • 最新作の映画をいち早く視聴
  • アダルト番組を視聴
  • コミックや書籍、雑誌を閲覧

考えられるサービスを全て受けられると考えて間違いではないと思います。

私自身は5社全て無料期間を経験し、現在はAMAZONプライムビデオ、U-NEXT、dTVの3社を契約中です。

仕事柄パソコンに向き合っている時間が長いので、ヘッドホンをしながら海外ドラマを見たり、音楽を聞いたりしていますが、今となってはVODなしでは生活が成り立たないと言っても間違いではないですね。

私の子供達も地上波はほとんど見ずに、四六時中VODがかかっている状況です(笑)

U-NEXTの無料お試しはこちら▼

プライムビデオの無料お試しはこちら▼

まとめになりますが、VODは十分現状でも充実していますが、今後益々視聴できる配信数が増加していくと思います。

空いた時間に気軽に視聴できるのがVODの最大のメリットですので、この機会に是非無料体験をしてみましょう♪

最近流行りのVOD(動画配信サービス)メリット・デメリットまとめ 最近流行りのVOD(動画配信サービス)メリット・デメリットまとめ