ハワイに関わらず海外での主な支払い手段は「クレジットカード」が主流です。日本でも近年ではクレジットカード払いが定着しつつありますが、まだまだ現金で支払っている方は多々見受けられます。

ハワイと言えど海外ですから、治安は日本よりも圧倒的に悪いと思って間違いはありません。ハワイに行く際は、クレジットカードを絶対に持っていくようにしましょう。

今回は「ハワイでの支払いはクレジットカードが便利!海外での現金所持は注意!」について掲載していきます。

夢と自由と僕

ハワイでの支払いはクレジットカードが便利!

ほとんどの場所でクレジットカードが利用可能

ハワイに関わらず、海外では現金払いよりもクレジットカード払いの方が主流ということをご存知ですか?

日本でも近年ではクレジットカード払いが定着しつつありますが、まだまだ日本は現金主義の方が非常に多い国です。

基本的にハワイでは、どんなお店でもクレジットカードが使用できると考えて頂いても間違いではありません。日本でいうコンビニエンスストアでもハワイではクレジットカードで支払うことが可能ですし、アクセサリーショップや場所によっては露店でも使えるように対応されています。

ですが、クレジットカードでの犯罪も可能性は十分にあり得ますので怪しいなと思った場合や、少額の支払いは現金で支払うようにすると防犯対策になるでしょう。

 

過度の現金所持には注意!

ハワイと言えど海外ですので、治安は日本よりは悪いと思ってください。日中はどこを歩いても平和な空気が漂っていますが、夜になると場所によっては治安が悪い場所も多々あります。

そこで、海外の主な犯罪はスリや置き引き、強盗など様々ですが、意外と犯罪を起こす人間は鋭い目で見ています。現金を大量に所持しているのが犯罪者の目に入ったら襲われる可能性もゼロではありません。

現金は最大でも100ドル(約12,000円相当)程度にしておいて、その他はクレジットカードで支払いをするようにすれば問題ないでしょう。

もし仮に、恐喝などの強盗に遭遇した場合には、抵抗せずに素直に現金を渡すことをオススメ致します。日本とは違いますから拳銃を所持していたり、本当に刃物で刺してくることもありますので注意が必要です。犯人が去った後に現地の警察、分からなければ滞在しているホテルに連絡して警察に連絡してもらいましょう。

 

チップの支払いは、クレジットカードと現金で使い分ける!

ハワイには「チップ制度」があります。チップの支払いは現金以外でもクレジットカードで払える場所も多数ありますので現金とクレジットカードで使い分けるといいでしょう。

チップを現金で払うケース

ホテルのルームキーパーや、タクシーの運転手さんに荷物を運んでもらった場合など1ドル〜5ドルまでのチップは現金で支払うようにしましょう。イメージで言うと、「気遣い」に対してのチップは「現金」で払うという事です。

 

チップをクレジットカードで払うケース

レストランやタクシーの乗車料金などのチップは、総額の15%〜25%となっていますので、このようなチップは場所によってはお会計の際に一緒にクレジットカードで払える場所もあります。スタッフに聞いてクレジットカードで払えるものはクレジットカードで払うようにしましょう。

 

チップの関しての記事はコチラから↓
ハワイの通貨の見分け方とチップ制度を理解しよう!チップの渡し方!

 

いざという時はキャッシング機能を利用する!

ATMの場所

クレジットカードがあれば、現地のATMを利用して現地のお金「USドル」を引き出す事が可能です。

ケースとしては持参していた現金が残り少なくなった、現金を紛失したなど様々なケースがありますが、クレジットカードのキャッシング機能を利用すれば心配はいりません。

ハワイには、クレジットカードで現金が引き出せるATMが多数存在します。現地の銀行や、ホテルのロビー、アラモアナショッピングセンターなどにも設置してありますので気軽に引き出すことが可能です。

ですが、クレジットカードの種類によってはキャッシング機能がないカードも存在しますので、出発前にしっかり確認するようにしましょう。

カードに“PLUS”“Cirrus”などの国際キャッシュカードのマークが入っていれば、そのカードはATMで使用可能です。

 

スポンサーリンク

 

クレジットカード紛失の対処

万が一、クレジットカードを紛失した場合、置き引きなどの盗難にあった場合は、すぐにカスタマーセンターに連絡の上、対応してもらうようにしてください。海外ではクレジットカードが主流なので、その分予想もしない犯罪に巻き込まれる可能性もありますので注意が必要です。

理想としてはクレジットカードは、1枚だけではなく複数枚所持するようにしましょう。

2枚は持参して1枚はホテルの金庫に、そして各クレジットカードのカスタマーセンターとクレジットカードの情報を記したものを別の場所に管理することが重要です。

 

デビットカードがこんなにも便利!

海外に行く際には「デビットカード」が活躍します。

そもそもデビットカードの特徴は、クレジットカード機能の付いたキャッシュカードです。

どういう事かというと、クレジットカードのように支払い時に精算することは出来ますが、口座に入金されている額以内でしか利用する事はできません。逆に、口座に入金されている額以上は利用できないので最悪の場合には損失も少なく済むという事です。

そしてこのデビットカードは、あくまでキャッシュカードですので現地のATMで現地のUSドルを引き出す事ももちろん可能です。

私個人的にお気に入りのカードなので、海外に行く際は「おこづかいカード」として全額使ってもいいだけの額だけを出発前に入金して現地で利用するようにしています。

海外で利用できるキャッシュカードはたくさんありますが、おすすめは「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」のデビットカードです。

他にも「スルガ銀行」のデビットカードや「シティバンク」のキャッシュカードもあるようです。

 

楽天銀行のデビットカードをお持ちでない方はコチラからどうぞ→楽天銀行

 

以上が、「ハワイでの支払いはクレジットカードが便利!海外での現金所持は注意!」になります。

海外でのクレジットカードは必需品ですので、まだ持っていない方は出発の2ヶ月〜3ヶ月前には申し込みをして作っておくと便利です。

 

スポンサーリンク