当サイトでは、煙草の情報を発信している事から「年齢認証」を行っています。

【加熱式たばこランキング】9製品を比較しながら2020年最もおすすめの加熱式たばこをご紹介

【加熱式たばこランキング】9製品を比較しながら2020年最もおすすめの加熱式たばこをご紹介

皆さんこんにちは!管理人のゆめぼく(@dreamerfreeman)です。

さて皆さんは、普段どの「加熱式たばこ」を愛用されていますか?

僕はサイト運営者ということもあって、発売された加熱式たばこは基本全種類使用しています。

そこで本記事では、タバコ大手全9種類を比較しながら「加熱式たばこランキング」を掲載していますので、是非購入時の参考にしてくださいね!

加熱式たばこは「高温加熱型」と「低音加熱型」の2種類

加熱式たばこは、大きく分けると「高温加熱型」「低温加熱型」の2種類が存在します。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、詳しくは以下をご覧ください。

高温加熱型のメリット

高温加熱型のメリットは、やはり吸い応えがあることです。

紙巻たばこほどの吸い応えはありませんが、慣れると十分満足さを感じます。

高温加熱型のデメリット

高温加熱型のデメリットは、独特なニオイお手入れが面倒なところです。

紙巻きたばことは違ったニオイですが、たばこを吸わない方にとって不快に感じるほどのニオイを発します。

特に吸っている時のニオイではなく、吸い終わった直後にたばこスティックを捨てる時のニオイが強烈です…。

また、たばこスティックを挿入する加熱部分が汚れることから、日頃からのお手入れは欠かせません。

目安として、1箱吸い終わった時点で専用のクリーニングツール等を使用してお手入れをするのですが、これがまたけっこう面倒です…。

低温加熱型のメリット

低温加熱型のメリットは、ニオイが少なく手軽に吸うことが出来るところです。

高温加熱型のような独特なニオイはせず、周囲の人に対し不快な気持ちにさせるようなニオイはしません。

また、紙巻たばこや高温加熱型は最低1本から吸うことになりますが、低温加熱型の場合は一口でやめることもできますので無駄がありません。

私のようにデスクワークの方は、加熱したことを忘れて無駄にすることも多々ありますが、低温加熱型なら自分のタイミングで吸うことができますので非常に便利です。

低温加熱型のデメリット

低温加熱型のデメリットは、吸い応えがやや弱く外出先で吸う際に喫煙所で吸うのが嫌なところです。

どうしても加熱温度が低いせいか、吸い応えがやや弱く感じます。

また、低温加熱型もタバコには変わりませんので、外出先で吸う際には喫煙所で吸うことになりますが、これがまたけっこう不快です…。

タバコを吸わない方にとっては紙巻も加熱式も同じなんでしょうけど、加熱式ユーザーとしては特に低温加熱型と紙巻を同じスペースで吸うのはちょっと抵抗があります。

加熱式たばこ9製品比較

2020年8月現在、タバコ大手3社が販売する加熱式たばこは、以下9製品です。

比較 タイプ 使用時間 連続使用本数 価格
プルームテック 低温 無制限 カプセル5個 2,500円(税込)
プルームテックプラス 低温 無制限 カプセル5個 2,980円(税込)
プルームエス2.0 高温 約4分30秒 約22本 3,980円(税込)
グローハイパー 高温 約3分〜4分 約20本 3,980円(税込)
グロープロ 高温 約3分〜4分 約20本 2,980円(税込)
グローナノ 高温 約3分30秒 約10本 1,980円(税込)
グローセンス 低温 無制限 ポッド3個 980円(税込)
アイコス3デュオ 高温 約6分または14吸い 約20本 9,980円(税込)
アイコス3マルチ 高温 約6分または14吸い 約10本 6,980円(税込)

スターターキットの価格に関しては、キャンペーン等で変動する場合がありますので、詳しくは公式サイトにてご確認ください。

プルームテックの特徴

プルームテックは、低温加熱型の加熱式たばこです。

ペンほどのサイズしかない為、持ち運びも非常にコンパクトです。吸い応えとしてはやや弱いですが、タバコ感がなくクリーンな印象です。

別記事にてレビュー記事を公開していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

PloomTECHから限定バッテリー3種と新カラー6種が発売【画像付きレビュー】 PloomTECHから限定バッテリー3種と新カラー6種が発売【画像付きレビュー】

プルームテックプラスの特徴

プルームテックプラスは、低温加熱型の加熱式たばこです。

低温加熱型の中でも水蒸気の量が多く、吸い応えがあります。

最近は、より吸い応えのあるゴールドリーフシリーズのカプセルも発売されており、ユーザーから絶大な支持を得ている製品です。

僕も普段から愛用している加熱式たばこですが、バッテリーやアクセサリーの種類が豊富なところも魅力のひとつです。

別記事にてレビュー記事を公開していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

プルームテック・プラスレビュー!評判通り「吸い応え」は超が付くほど抜群! プルームテック・プラスレビュー!評判通り「吸い応え」は超が付くほど抜群!

プルームエス2.0の特徴

プルームエス2.0は、高温加熱型の加熱式たばこです。

2020年7月に発売されたバージョンアップ品ですが、「通常モード」と「テイスト・アクセルモード」の2モードを搭載しています。

テイスト・アクセルモードは、メンソールに特化したモードで、よりメンソール感をアップさせながら吸い応えを体感出来る仕組みになっています。

別記事にてレビュー記事を公開していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

新型デバイス「PloomS 2.0(プルームエス)」レビュー!過去最高のデバイスに進化 新型デバイス「PloomS 2.0(プルームエス)」レビュー!過去最高のデバイスに進化

グローハイパーの特徴

グローハイパーは、高温加熱型の加熱式たばこです。

2020年4月に発売された「太いスティック」を採用したglo製品です。

「通常モード」と「ブーストモード」の2つのモードを搭載していて、ブーストモードの場合、吸引までの加熱時間は約15秒と高温加熱型の中では最速です。

スティックが太くなった分、吸い応えも向上していますので、他社製品から乗り換える方も多い印象です。

別記事にてレビュー記事を公開していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

【グロー・ハイパー】glo hyper製品レビュー!太くなって吸い応えは向上したのか? 【グロー・ハイパー】glo hyper製品レビュー!太くなって吸い応えは向上したのか?

グロープロの特徴

グロープロは、高温加熱型の加熱式たばこです。

初代gloから数々のアップグレードをしてきましたが、現在最新の機種がグロープロです。

gloではお馴染みの細身のスティックがウリですが、フレーバー数は全20種類と多数のフレーバーが販売されています。

グローハイパー同様に「通常モード」と「ブーストモード」の2つのモードが搭載されていて、「太めのハイパー」に対して「細めのプロ」という立ち位置ですね!

グローナノの特徴

グローナノは、高温加熱型の加熱式たばこです。

グロープロの下位版に位置するグローナノは、コンパクトな形状が特徴的です。

最大本数は約10本と少ないですが、重量も軽く、他製品との併用がおすすめです。

グローセンスの特徴

グローセンスは、低温加熱型の加熱式たばこです。

専用のたばこポッドを装着して吸うグローセンスは、プルームテックに対抗して販売されたglo唯一の低温加熱型です。

2020年8月現在、全10種類のフレーバーが販売されていますが、やや販売網を縮小している傾向にあります。

水蒸気量も多く吸い応えはあるのですが、入手しにくい点がネックです。(公式オンラインショップでは購入可)

アイコス3デュオの特徴

アイコス3デュオは、高温加熱型の加熱式たばこです。

アイコスは、加熱式たばこ界の重鎮とも呼べる最もユーザー数の多い製品です。

2020年8月11日に公式サイトで記載されているユーザー数は、実に1,060万人です。

紙巻でもメジャーなマールボロが吸えるアイコスは、全21種類と最多ですが、この勢いは止まることを知りませんね…。

最新機種のアイコス3デュオは、一度の充電で2本連続で吸うことができ、吸い応えも十分満足できる製品です。

アイコス3マルチの特徴

アイコス3マルチは、高温加熱型の加熱式たばこです。

アイコス3デュオの下位版に位置するマルチは、連続で約10本吸うことができます。

重量も軽くコンパクトなので、他製品と併用して使用する方が多い印象です。

【アイコス】新フレーバー「ブラックメンソール」が発売!実際に吸った感想 【アイコス】新フレーバー「ブラックメンソール」が発売!実際に吸った感想

項目別加熱式たばこランキング

ではここからは、項目別で加熱式たばこランキングを掲載して参ります。

あくまで僕自身が実際に吸った感想を元にランキング化していますので、万人が共通して納得のいくランキングでないことを予めご理解ください。

ニオイ少ないランキング

ニオイ少ないランキング

第1位 プルームテック
(5.0)

第2位 プルームテックプラス
(5.0)

第3位 グローセンス
(4.5)

第4位 プルームエス2.0
(4.0)

第5位 グローナノ
(3.5)

第5位 グロープロ
(3.5)

第6位 グローハイパー
(3.0)

第7位 アイコス3デュオ
(2.5)

第7位 アイコス3マルチ
(2.5)

最もニオイが少ない加熱式たばこは、プルームテックとプルームテックプラスです。

ニオイだけで選ぶならこの2つで決まりです!

吸い応えランキング

吸い応えランキング

第1位 アイコス3デュオ
(5.0)

第2位 アイコス3マルチ
(5.0)

第3位 プルームエス2.0
(4.5)

第4位 グローハイパー
(4.5)

第5位 グロープロ
(4.0)

第6位 グローナノ
(4.0)

第7位 プルームテックプラス
(3.5)

第8位 グローセンス
(3.0)

第9位 プルームテック
(2.5)

最も吸い応えがある加熱式たばこは、アイコス3デュオとアイコス3マルチです。

最初から最後まで吸い応えがあるのはアイコスだけですので、吸い応えだけで選ぶならこの2つで決まりです!

お手入れランキング

お手入れランキング

第1位 プルームテック
(5.0)

第2位 プルームテックプラス
(5.0)

第3位 グローセンス
(5.0)

第4位 プルームエス2.0
(4.5)

第5位 グローハイパー
(3.0)

第5位 グロープロ
(3.0)

第5位 グローナノ
(3.0)

第6位 アイコス3マルチ
(2.5)

第6位 アイコス3デュオ
(2.5)

最もお手入れが楽なのは、プルームテック、プルームテックプラス、グローセンスです。

やはり低温加熱型の加熱式たばこは、カプセル(ポッド)やカートリッジを交換するだけですので、基本的にクリーニング等は必要ありません。

また、プルームエス2.0は高温加熱型ですが、僕は一度たりとも掃除をしたことがありませんので、汚れの心配はないと思いますよ♪

価格ランキング(定価)

価格ランキング

第1位 グローセンス
(5.0)

第2位 グローナノ
(4.5)

第3位 プルームテック
(4.0)

第4位 プルームテックプラス
(3.5)

第4位 グロープロ
(3.5)

第5位 プルームエス2.0
(3.0)

第5位 グローハイパー
(3.0)

第6位 アイコス3マルチ
(2.0)

第7位 アイコス3デュオ
(1.0)

最も価格が安いのは、980円で購入出来るグローセンスです。

次いで、グローナノが1,980円、プルームテックが2,500円、プルームテックプラスとグロープロが2,980円、プルームエス2.0とグローハイパーが3,980円です。

アイコスは別格で価格が高く、アイコス3マルチが6,980円、アイコス3デュオが9,980円と発売当初から価格はほぼ変わっていません。

コスパランキング

コスパランキング

第1位 プルームエス2.0
(5.0)

第2位 グロープロ
(5.0)

第3位 グローナノ
(5.0)

第4位 グローハイパー
(4.0)

第5位 アイコス3デュオ
(4.0)

第6位 アイコス3マルチ
(4.0)

第7位 プルームテック
(3.0)

第8位 プルームテックプラス
(2.5)

第9位 グローセンス
(2.5)

最もコスパが良いのは、プルームエス2.0、グロープロ、グローナノの1箱460円です。

次いで、グローハイパー、アイコスが1箱470円で、プルームテックが490円、プルームテックプラスとグローセンスが1箱500円です。

スターターキットは購入時だけですが、たばこスティックやたばこカプセルはその後買い続けるものですので、コスパも非常に重要です。

【加熱式たばこ各社値上げ後の価格一覧】2020年10月よりタバコ増税で1箱約50円の値上げか? 【加熱式たばこ各社値上げ後の価格一覧】2020年10月よりタバコ増税で1箱約50円の値上げか?

総合ランキング

総合ランキング

第1位 プルームエス2.0
(5.0)

第2位 グローハイパー
(4.5)

第3位 プルームテックプラス
(4.5)

第4位 プルームテック
(4.5)

第5位 アイコス3マルチ
(4.0)

第6位 アイコス3デュオ
(4.0)

第7位 グロープロ
(3.0)

第8位 グローナノ
(3.0)

第9位 グローセンス
(2.5)

総合ランキング第1位は、プルームエス2.0です。

次項でも詳しく解説しますが、吸い応え、お手入れなど、総合的に見てプルームエス2.0が一番良いです。

また、低温加熱型では、吸い応えを求めるならプルームテックプラス、ニオイ重視ならプルームテックがおすすめです。

最もユーザー数の多いアイコスも推したいところなんですが、僕個人的にはニオイとお手入れの面倒さがかなりネックなんですよね…。

2020年最もおすすめの加熱式たばこ

いかがでしたか?総合ランキングに関しては、僕個人的な意見が強いですが、その理由を解説していきますね!

プルームエス2.0は、最大本数が約20本に改良され、メンソール特化の「テイスト・アクセルモード」も搭載されていますので、当初のプルームエスを遥かに超える吸い応えを体感出来る加熱式たばこです。

確かにアイコスも良いのですが、いちいち加熱ブレードの掃除をするのも面倒くさいですし、何より「挿し損ない」でたばこスティックを無駄にすることが多々あるんですよね…。

ですので、僕はそういったアイコスのマイナス要素を全て克服したプルームエス2.0を愛用しています。

今後、各社新製品を発売する可能性もあると思いますが、2020年最もおすすめの加熱式たばこはプルームエス2.0です!!!

プルームエス2.0のレビュー記事は別記事にて公開していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

新型デバイス「PloomS 2.0(プルームエス)」レビュー!過去最高のデバイスに進化 新型デバイス「PloomS 2.0(プルームエス)」レビュー!過去最高のデバイスに進化

\製品詳細やご購入はこちら/
CLUB JT公式オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください