当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説

lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、アイコスを販売するフィリップ・モリス・ジャパンより、新たに発売が開始されている新製品「lil HYBRID(リルハイブリッド)」についてまとめています。

実際に僕も購入して吸ってみましたので、使い方や実際に吸った感想など、詳しくレビューしていますので是非参考にしてくださいね!

リルハイブリッドの故障やデバイス登録については、別記事にて詳しく解説していますので以下リンクよりご覧ください。
【リルハイブリッド】故障時の対処法!ディスプレイの表示や交換方法など【リルハイブリッド】故障時の対処法!ディスプレイの表示や交換方法など【リルハイブリッド】製品登録(デバイス登録)のやり方!故障に備えて保管すべきもの【リルハイブリッド】製品登録(デバイス登録)のやり方!故障に備えて保管すべきもの

lil HYBRID(リルハイブリッド)とは

lil HYBRID(リルハイブリッド)とは

lil HYBRID(リルハイブリッド)は、加熱式たばこ販売大手アイコス、プルームテック、glo、PULZEなどに次ぐ、第5の加熱式たばこです。

世間ではアイコスを販売するフィリップ・モリス・ジャパンから発売されたようなイメージがありますが、実際には韓国のKT&G社の製品を、アイコスの会社が代理店として販売しているのが正解です。

販売元:韓国KT&G社

日本代理店:フィリップ・モリス・ジャパン合同会社

ちなみに、昨年2019年12月にプルームテックを販売するJTが、KT&G社の発行済み株式数の2.1%にあたる286万5000株を約250億円で売却しています。

僕にはよく分かりませんが、もしかしたらKT&G社は、「JTより」から「フィリップモリスより」になったのかもしれませんね…。

詳しくは、以下リンクにてご確認ください。

参考 JT、韓国たばこKT&G株を250億円で売却日本経済新聞

また、リルハイブリッドの特徴としては、本体デバイスにリキッドカートリッジを装着し、さらに専用のたばこスティックを挿入して味わうといった全く新しい仕様になっています。

分かりやすく言えば、IQOS3 MULTIとプルームテックプラスを足して2で割ったような仕様ですかね…。

リルハイブリッドの性能

製品名 lil HYBRID 2.0
加熱時間 約25秒
使用時間 14回吸引または約4分20秒
充電時間 約100分(急速充電対応)
連続使用本数 約20本
充電器具 USB-C
重量 約99g
サイズ H112×W32×D22mm
本体価格 6,980円(税込)
たばこスティックの価格 500円(税込)20本入り
カートリッジの価格 60円(税込)1個入り
MEMO
2021年3月時点の情報です。

リルハイブリッドの価格は、本体価格、たばこスティックの価格ともに、他社製品と比較しても高めの強気設定です。

IQOS製品との比較

性能 lil HYBRID IQOS3 DUO IQOS3 MULTI
加熱時間 約25秒 約20秒
使用時間 14回 or 約4分20秒 14回 or 約6分
充電時間 約100分 約120分 約75分
連続使用回数 約20本 約2回・最大20本 約10回・最大10本
重量 約99g 約130g
(ホルダー:22g)
(チャージャー:108g)
約50g
サイズ H112×W32×D22mm H114×W46×D22mm
ホルダー単体:14×92mm
H119×W25×D15mm
充電タイプ USB-C
フレーバー数 全3種類 全24種類
本体価格 6,980円(税込) 6,980円(税込) 4,980円(税込)
たばこ価格 1箱560円(税込)
カートリッジ税込60円含む
マールボロ:1箱550円(税込)
ヒーツ:1箱500円(税込)
MEMO
2021年3月時点の情報です。

アイコス製品との比較は、ご覧の通りです。

そもそもの仕様が違うので比較のしようがないのですが、一応念の為ですね…。

リルハイブリッドとアイコス(IQOS3デュオ)を徹底比較!購入するならどっち?リルハイブリッドとアイコス(IQOS3デュオ)を徹底比較!購入するならどっち?

Ploom製品との比較

性能 lil HYBRID PloomTECH PloomTECH+ PloomTECH+with
加熱時間 約25秒 なし
使用時間 14回 or 約4分20秒 都度
充電時間 約100分 約60分 約90分 約60分
連続使用回数 約20本 250回吸引(1箱分)
本体価格 6,980円(税込) 2,500円(税込) 2,980円(税込) 2,980円(税込)
たばこ価格 1箱560円(税込)
カートリッジ税込60円含む
1箱540円(税込)
カートリッジ同梱
1箱550円(税込)
カートリッジ同梱
MEMO
2021年3月時点の情報です。

最も仕様が類似しているPloom製品との比較は、ご覧の通りです。

サイズや重量は比較対象にならないので割愛しますが、パッと見はリルハイブリッドの本体価格、たばこスティック共に最も高く、もはや別次元の製品に感じますね…。

おそらく価格重視のユーザーには、全く支持されないのではないでしょうか?(笑)

リルハイブリッドとプルームテックプラスウィズを徹底比較!購入するならどっち?リルハイブリッドとプルームテックプラスウィズを徹底比較!購入するならどっち?

lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー

ではここからは、実際に加熱式たばこの「lil HYBRID(リルハイブリッド)」を詳しくレビューして参ります。

lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー-スターターキット

  • lil HYBRID本体
  • ACアダプター(急速充電タイプ)
  • USB-Cケーブル
  • クリーニングピン
  • クリーニングスティック×10本
  • ユーザーガイド・保証書等

リルハイブリッド購入時のスターターキットはご覧の通りです。

同梱物自体は、特に珍しいことはなく一般的ですね…。

lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー-正面イメージ

続いて、リルハイブリッド本体の正面イメージです↑

  • プリズムホワイト
  • マットブラック
  • メタリックブロンズ
  • コバルトブルー

2020年12月時点では全4カラーが販売されていますが、今回僕はコバルトブルーを購入しました。

lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー-側面イメージ

続いて、リルハイブリッド本体の側面イメージです↑

この黒い部分がディスプレイになっており、加熱開始や吸引開始、吸引終了などが一目で分かるようになっています。

最近発売されたプルームテックプラス・ウィズにもディスプレイが付いていましたが、おそらくこれから発売される新型機は、ディスプレイ付きが主流になって来そうですね。

lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー-上面・底面イメージ

続いて、左からカバーが閉じた状態、カバーを開けた状態、底面のイメージです。

吸引時には、カバーを開けてたばこスティックを挿入します。

また、底面を見て頂くと分かる通り、充電はUSB-Cケーブルとなっていますので、最新のスマホなどと互換性があります。

ただし、基本的には付属の充電器具を使って充電することが推奨されていますので、純正以外のケーブル等を使う際には自己責任でお願い致します。

リルハイブリッドの使い方解説

リルハイブリッドの使い方は、以下になります。


STEP.1
キャップを外す
lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説1

まずは、リルハイブリッド本体のキャップを外します。


STEP.2
リキッドカートリッジを装着する
lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説2

lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説3

次に、リキッドカートリッジを装着します。リキッドカートリッジは、たばこスティック1箱(20本)に付き1個消費します。


STEP.3
たばこスティックを挿入する
lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説4

lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説5

次に、カバーを開けてリルハイブリッド専用のたばこスティックを挿入します。アイコスのように加熱ブレードはないので、底にあたる程度まで挿します。正常に挿入されると、ブブッと振動して加熱が開始されます。


STEP.4
スリープ状態を解除する
lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説6

lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説7

リルハイブリッドは、購入時のみスリープ状態になっていますので、付属の充電器具を使って充電をすればスリープ状態を解除出来ます。


STEP.5
加熱開始
lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説8

リルハイブリッドは、たばこスティックを挿入した時点で自動で加熱が開始されます。加熱時間は約25秒ですが、残り10秒からはディスプレイにてカウントされます。加熱完了後、ブブッと振動します。


STEP.6
加熱完了後、吸引する
lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説9

加熱完了後、「14」という数字が出るのですが、この数字は残りの吸引回数という意味です。残り3回で振動し、0になったらまた振動して終了です。


STEP.7
たばこスティックを捨てる

lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説10

lil HYBRID(リルハイブリッド)の使い方解説11

吸引が終了したら、たばこスティックを抜いて捨てます。この時、充電残量とリキッドカートリッジの残量を確認することが出来ます。


いかがでしたか?リルハイブリッドの使い方は特に難しいことはなく、なんなら自動で加熱が開始されますので、アイコスよりも使いやすいかもしれませんね。

lil HYBRID(リルハイブリッド)は2回吸い、3回吸い可能!コスパ最強かもlil HYBRID(リルハイブリッド)は2回吸い、3回吸い可能!コスパ最強かも

たばこスティックは全3種類

リルハイブリッドのたばこスティックは、全3種類です。(2021年3月24日時点)

lil HYBRID(リルハイブリッド)のたばこスティックは全3種類

  • ミックス・レギュラー
  • ミックス・アイス
  • ミックス・ミックス

リルハイブリッド専用の銘柄で「MIIX(ミックス)」と読むらしいです…。

価格は1箱20本入りで税込500円、スムースな味わいのレギュラー、ミント系のアイス、フルーティー系のミックスの3種類です。

また、リルハイブリッドは、たばこスティックだけでは味わうことが出来ず、別売りのリキッドカートリッジ(1個税込60円)を購入する必要がありますので、必ずセットで購入することになります。

たばこスティックの形

リルハイブリッドのたばこスティックの先端は、アイコスとは異なり何やら特殊な形をしています。

触ってみた感じ、フィルターの硬さ、材質と似ています。

別記事の「【リルハイブリッド】たばこスティックは3種類!全フレーバーを吸ってみた感想」にて、リルハイブリッドのたばこスティック全フレーバーを吸った感想をご紹介していますので、併せてご覧ください。

アイコスのヒートスティックとの違い

分かりやすく解説するために、リルハイブリッドとアイコスのたばこスティックを比較してみました。

アイコスのヒートスティックとの違い1

左がアイコス、右がリルハイブリッドです。

アイコスのヒートスティックとの違い2

長さはリルハイブリッドの方がやや長く、太さはほぼ同じです。

ですが、これら2製品に互換性はありませんので、共に専用のたばこスティックを使用しましょう。

アイコスのヒートスティックとの違い3

それぞれサイドから切り込みを入れたイメージです↑

アイコスは上からフィルター、煙草葉となっていますが、リルハイブリッドは上からフィルター、煙草葉、フィルターとなっています。

アイコスのヒートスティックとの違い4

実際に中身を取り出して見たところ、アイコスはペーパー状の煙草葉を巻いていますが、リルハイブリッドは柵状の煙草葉が敷き詰められています。

アイコスのヒートスティックとの違い5

吸い終わった後の吸い殻を見てみると、アイコスには汚れが目立ちますが、リルハイブリッドには真ん中らへんに焦げ目がある程度で、先端に汚れは付着していません。

つまりリルハイブリッドは汚れにくく、お手入れも簡単なんです…!

プルームテックプラスとの違い

続いて、念の為プルームテックプラスとの違いも解説していきます。

プルームテックプラスとの違い1

左がリルハイブリッドのたばこスティックとリキッドカートリッジ、右がプルームテックプラスのたばこカプセルとリキッドカートリッジです。

プルームテックプラスとの違い2

両製品の仕組みは、ご覧の通りです。

リルハイブリッドはたばこスティック版で、プルームテックプラスはたばこカプセル版ですね。

【プルームテックプラス・ウィズ】レビュー!理想を現実にしたデバイスへ進化【プルームテックプラス・ウィズ】レビュー!理想を現実にしたデバイスへ進化

汚れにくいからお手入れも楽ちん

リルハイブリッドは、汚れにくい形状になっていますのでほぼお手入れは不要だと思いますが、リキッドカートリッジを使用する分リキッドの付着が気になります。

lil HYBRID(リルハイブリッド)は汚れにくいからお手入れも楽ちん

定期的にカートリッジの接続部分とたばこスティックの挿入口を、市販で売られている綿棒等でお掃除することをおすすめします。

実際に吸った感想

リルハイブリッドを実際に吸った感想としては、控えめに言って「最高」です…。

買う前は『本体価格高くね?てかコスパも悪くね?』と若干イラだっていましたが、吸ってみると嫌なニオイもしないし、汚れないし、ていうか吸い応えやばいしって感じでした…(笑)

分かりやすく吸い応えを表現すると、プルームテックプラスを含め、全ての加熱式たばこの中で最も水蒸気量が多く、キック感はアイコスとプルームテックプラスの中間ですかね…。

ただし、そこまでキック感の物足りなさは感じず、十分過ぎるほどに最高の吸い心地です。

ていうか、なぜこんなにも良い製品を地域限定で販売するのかよく分からないと思うほど良いですね…。

2021年2月以降、全国で順次販売が開始されていますが、人気間違いなしといったところでしょう。

【リルハイブリッド】たばこスティックは3種類!全フレーバーを吸ってみた感想 【リルハイブリッド】たばこスティックは3種類!全フレーバーを吸ってみた感想

lil HYBRID(リルハイブリッド)のメリット・デメリット

リルハイブリッドの良さは十分ご理解頂けたかと思いますので、3ヶ月以上吸った僕が感じたメリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット(素晴らしい点)

  • 嫌なニオイがしない
  • 水蒸気量が多く、吸い応えがある
  • 自動加熱が素晴らしい
  • 急速充電対応のおかげで、30分で50%以上の充電が完了する
  • 汚れにくいからお手入れが楽
  • 代理店がアイコスだから信頼がある
  • 1年の保証期間がある
  • ディスプレイが見やすい
  • 2度吸い、3度吸いができるからコスパが良い

メリットと言いますか、リルハイブリッドの素晴らしい点は、ユーザーの希望通りの性能であることですかね…。

ニオイ、吸い応え、機能、どれをとっても文句の付けどころがありません。

あとは値段ですね…(汗)

デメリット(残念な点)

  • 本体価格が6,980円と他社製品に比べて高い
  • たばこスティックとリキッドカートリッジを買うと1箱当たり税込560円と高い
  • 本体デバイスが約99gと重い
  • パックコードでのポイント付与がない
  • リキッド残量が余るのが気になる

デメリットというか、残念な点はやはり価格が高いことです。

壊れる壊れないは別にしても、初期費用どころか日々のコスパも高いですからね…。

正直な話、吸い心地は良いのですが、『価格以上の価値があるか?』聞かれれば『プルームテックでも十分満足できる』と答えてしまうかもしれません…(汗)

lil HYBRID(リルハイブリッド)の販売状況と購入方法

2021年3月24日時点、リルハイブリッドは全国で販売が開始されています。

発売当初は地域を限定して販売していましたが、コンビニや各種たばこ販売店で手軽に購入できます。

また、リルハイブリッドはアイコス公式のオンラインショップにて購入するとこも可能です。

なぜかアイコス公式サイトから閲覧した場合、リルハイブリッドの販売ページにアクセスすることができません…(汗)

「リルハイブリッド 公式」と検索すると「リル ハイブリッド【公式】Introduced by IQOS」と記載されたページが出てくるので、こちらのページ内からなら販売ページにアクセスすることができます。

以下、アイコス公式オンラインショップ内、リルハイブリッド販売ページのリンクを貼っておきますね!

リルハイブリッド-オンライン販売ページ

【リルハイブリッド】はどこで買える?購入方法や全国での販売時期について 【リルハイブリッド】はどこで買える?購入方法や全国での販売時期について

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介した新製品の「lil HYBRID(リルハイブリッド)」は、アイコスを販売するフィリップ・モリス・ジャパンが代理店となって販売する「第5の加熱式たばこ」です。

2021年3月24日時点では、全国での販売が開始されていますので、手軽に購入することが出来ます。

個人的に製品としての評価はかなり高く、あとは純正アクセサリーの販売やフレーバーの追加でしょうか…?

まだリルハイブリッドを購入されていない方は、この機会に是非購入してみてくださいね!

以上、最後までご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

×