当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

lil HYBRID(リルハイブリッド)は2回吸い、3回吸い可能!コスパ最強かも

lil HYBRID(リルハイブリッド)は2回吸い、3回吸い可能!コスパ最強かも

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて、2月19日から全国での販売が開始されたlil HYBRID(リルハイブリッド)ですが、個人的に推しているデバイスではあるのですが2回吸いもできてかなり優秀なんです。

そこで本記事では、2回吸いする際の注意点や他社製品との比較などを解説していますので是非ご覧ください。

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)で2回吸い、3回吸いはできる?実際に試してみたIQOS ILUMA(アイコスイルマ)で2回吸い、3回吸いはできる?実際に試してみた

lilHYBRID(リルハイブリッド)は2回吸い可能

全国での販売が開始された加熱式たばこの「lil HYBRID(リルハイブリッド)」。

アイコスを販売するフィリップ・モリス・ジャパンが代理店となり、幸先の良いスタートを切っているように感じますが、皆さんは購入されましたか?

一般的に「加熱式たばこ」と言えば、たばこスティックをデバイスに挿入し、加熱して水蒸気を味わうものですが、リルハイブリッドはリキッドカートリッジを装着することで、より水蒸気量を増加させ吸いこたえを増すことができる仕様になっています。

例えるなら、プルームテックプラスアイコスを足したような仕様ですね…。

詳しい仕様については、別記事の「lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説」にてレビューしていますので是非併せてご覧ください。

lilHYBRID(リルハイブリッド)は2回吸い可能

そのリルハイブリッドですが、実は同じたばこスティックで2回吸いすることができるんです!

実際に試してみたら3回吸いも余裕でした…(汗)

というのも、通常たばこスティックのたばこ葉に水蒸気の元となるPGなどが染み込まれているのですが、リルハイブリッドの場合には、そもそもリキッドカートリッジを装着して味わいますので、2回目も3回目も1回目同様に水蒸気が発生するんです。

単純に2倍吸えるので、コスパが良いことは言うまでもありませんね…。

リルハイブリッドで2回吸いする際の注意点

ちなみに、リルハイブリッドで2回吸いする際には、注意しなくてはならないことがあります。

それは、たばこスティックを購入する際、リキッドカートリッジを1個ではなく2個購入することです。

リルハイブリッドで2回吸いする際の注意点

【通常】

たばこスティック1箱(税込500円)+リキッドカートリッジ1個(税込60円)

1箱当たりのコスパ:税込560円

【2回吸い】

たばこスティック1箱(税込500円)+リキッドカートリッジ2個(税込120円)

1箱当たりのコスパ:税込310円

たばこスティックを購入する際に、リキッドカートリッジを2個購入するだけなので特に面倒なことはありません。

他社製品で2回吸いできる加熱式たばこは?

今回リルハイブリッドが2回吸いできると言う記事を書くにあたり、念の為、他社製品でも2回吸いをしてみました。

以下、率直な感想と共におすすめ度を一覧にしておきます。

デバイス名味わいおすすめ度
IQOS仕様上、厳しい★☆☆☆☆
glo Hyper+水蒸気量は減るが、まあいける★★☆☆☆
PloomS 2.0水蒸気量は減るが、まあいける★★☆☆☆
lil HYBRID普通にいける★★★★☆

PloomS 2.0やglo Hyper+に関しては、水蒸気量は減りますが、まぁ普通に吸えないことはないです。

ただ、リルハイブリッドと比較するとやはり吸い心地は良くないですね…。

また、アイコスは仕様上、加熱ブレードに挿すので厳しかったです。

この点リルハイブリッドは2回目でも違和感なく吸えるので、周囲の目さえ気にならなければ十分コスパの良い加熱式たばこライフが送れると思います。

まとめ

まとめになりますが、今回改めて思ったのは、リルハイブリッドはかなり優秀な加熱式たばこデバイスであることが分かりました。

キック感こそ弱いですが、水蒸気量も多いですし、ニオイも少ないです。

全国販売が開始されて間もないですが、まだリルハイブリッドを購入されていない方は、是非この機会に購入してみてくださいね!

以上、最後までご覧頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください