【グロー・ハイパー】glo hyper製品レビュー!太くなって吸い応えは向上したのか?

【グロー・ハイパー】glo hyper製品レビュー!太くなって吸い応えは向上したのか?

皆さんこんにちは!管理人のゆめぼく(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンが販売する「glo hyper(グロー・ハイパー)」をレビューしています。

従来品の「glo pro(グロー・プロ)」や「glo nano(グロー・ナノ)」とは異なり、新たに開発された太いたばこスティックが採用されているのですが、ブーストモードでさらに吸い応えが向上していると評判がかなり良いそうです。

実際に私もglo hyperを入手しましたので、本当に吸い応えが向上しているのか?を検証しながら、画像付きで詳しくレビューして参ります。

glo hyper(グロー・ハイパー)とは

glo hyper(グロー・ハイパー)とは

glo hyper(グロー・ハイパー)は、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(通称BAT)が販売する高温加熱型の加熱式たばこです。

gloと言えば細身のスティックが特徴ですが、glo hyperは太いスティックが採用されています。

ですので、glo proやglo nanoのたばこスティックとの互換性はなく、glo hyper専用のたばこスティックを購入することになります。

また、glo pro同様に「ブーストモード」が搭載されていますので、加熱時間を短縮し、尚且つ通常モードよりも高温で加熱されることから、吸い応えがさらに向上するというのが特徴です。

glo hyperの性能

glo hyperの性能は、以下になります。

性能 通常モード ブーストモード
加熱時間 約20秒 約15秒
使用時間 約4分 約3分
充電時間 約90分
連続使用本数 約20本
重量 106g
サイズ 高さ82mm×横幅45mm×奥行き22mm
価格 定価:3,980円(税込)
キャンペーン価格:980円(税込)

glo hyperは、通常モードとブーストモードの2つのモードが搭載されています。

また、定価は3,980円(税込)なのですが、現在はキャンペーン価格の980円(税込)で販売されていますので非常にお買い得です。

同社製品との比較

glo hyperと同社製品の比較は、以下になります。

同社製品比較 glo hyper glo pro glo nano
加熱時間 通常20秒・ブースト15秒 通常20秒・ブースト10秒 40秒
使用時間 通常4分・ブースト3分 通常4分・ブースト3分 3分30秒
充電時間 約90分 約90分 約60分
連続使用本数 約20本 約20本 約10本
重量 約106g 約98g 約61g
サイズ 82mm×45mm×22mm 82mm×43mm×21mm 95mm×32mm×21mm
希望小売価格 3,980円(税込) 2,980円(税込) 1,980円(税込)

glo hyperとglo proは、たばこスティックの太さの違いで性能はほぼ同じです。

また、glo nanoはglo proの下位版と考えるのが妥当ですかね…。

他社製品との比較

glo hyperと他社製品の比較は、以下になります。

他社製品比較 glo hyper PloomS 2.0 IQOS 3 DUO IQOS 3 MULTI
加熱時間 約20秒・約15秒 約30秒 約20秒 約20秒
使用時間 約4分・約3分 約4分30秒 約6分または14吸い 約6分または14吸い
充電時間 約90分 約60分 約120分
1本:約1分50秒
2本:約5分15秒
約75分
連続使用回数 約20回・最大20本 約20回・最大22本 約2回・最大20本 約10回・最大10本
重量 約106g 約106g 約130g
ホルダー:22g
チャージャー108g
約50g
サイズ 82×45×22mm 93×56×25mm ホルダー:14×92mm
チャージャー:114×46×22mm
119×25×15mm
充電タイプ USB-C USB-C USB-C USB-C
フレーバー数 全9種類 全8種類 全20種類 全20種類
希望小売価格 3,980円(税込) 3,980円(税込) 9,980円(税込) 6,980円(税込)

glo hyperが突出する点は、ブーストモード時の加熱時間が最も早い約15秒であることと、サイズ感が最も小柄であることです。

MEMO
フレーバー数は、2020年7月30日時点の情報です。

glo hyper(グロー・ハイパー)レビュー

ではここからは、glo hyper(グロー・ハイパー)をレビューしていきます。

glo hyper(グロー・ハイパー)レビュー1

glo hyperを購入した際の同梱物は、以下になります。

  1. glo hyperデバイス
  2. クリーニングブラシ
  3. USB-Cケーブル
  4. ACアダプター
  5. 取扱説明書、保証書等

既に加熱式たばこをお持ちの方はご想像できるかと思いますが、一式が同梱されていますので、購入後すぐにご使用可能です。

glo hyper(グロー・ハイパー)レビュー2

glo hyper正面のイメージがこちらです↑

今回私が入手したのはブラックですが、マット系の材質となっていますので、指紋等がつきにくく、また傷もつきにくいのが特徴です。

glo hyper(グロー・ハイパー)レビュー3

続いて、glo hyper背面のイメージです↑

特に言うことはありませんが、強いて言うなら凹凸がなくシンプルです。

glo hyper(グロー・ハイパー)レビュー4

続いて、glo hyperを上から撮影したイメージです↑

画像左がスライドカバーを閉じた状態で、画像右がスライドカバーを開けた状態です。

glo hyperは太いスティックを使用しますので、glo proと比較して穴が大きく、奥の方まで覗くことが出来ます。

glo hyper(グロー・ハイパー)レビュー5

続いて、glo hyper底面のイメージです↑

gloと言えばこの形状なのですが、クリーニング用フラップが施されていますので、フラップを開けてデバイスのお掃除をします。

glo hyper(グロー・ハイパー)レビュー6

続いて、glo hyper側面のイメージがこちらです↑

充電口は、最近主流のUSB-Cアダプタとなっています。

他社製品も同様なので、おすすめはしませんが充電器具を使いまわせる点は素晴らしいですね!

glo hyper(グロー・ハイパー)レビュー7

実際にglo hyperにたばこスティックを挿入したイメージがこちらです↑

この画像だけではスティックの太さが伝わりにくいかもしれませんが、やはりスティックが太くなった分見た目の印象が違いますね…。

glo hyper(グロー・ハイパー)レビュー8

ちなみに、glo hyperは液垂れしますので、上記画像のように定期的にデバイスのお掃除をおすすめします。

クリーニングを怠ると味わいにも影響してしまいますので、目安として1箱〜2箱消費した時点でお掃除するのがベストです。

カラーは全4種類

glo hyperのカラーは、全4種類です。

glo hyperのカラーは全4種類

  • ブラック
  • ホワイト
  • ブルー
  • オレンジ

ブラック、ホワイトは別にしても、ブルーとオレンジは「gloカラー」といった感じで定着しつつありますよね♪

フレーバーは全9種類

glo hyperのフレーバーは、全9種類です。

glo hyperのフレーバーは全9種類

  1. ケント・ネオスティック・トゥルー・タバコ
  2. ケント・ネオスティック・トゥルー・メンソール
  3. ケント・ネオスティック・ベリー・ブースト
  4. ネオ・テラコッタ・タバコ
  5. ネオ・フレスコ・メンソール
  6. ネオ・フリーズ・メンソール
  7. ネオ・フローレセント・シトラス
  8. ネオ・ブリリアント・ベリー
  9. ネオ・トロピカル・スワール

KENT系が3種類、NEO系が6種類の全9種類です。

レギュラー系、メンソール系、フレーバー系、プチッとカプセルを潰すブースト系など、実に多数のフレーバーが販売されています。

gloと言えば「フレーバーの多さ」だと思いますので、今後も続々新たなフレーバーが発売されると思いますよ♪

実際に吸った感想

ではここからは、実際にglo hyperを吸った感想をご紹介していきます。

glo hyperを実際に吸った感想1

全種類のフレーバーを購入して吸ってはいるのですが、長くなり過ぎてしまいますので、本記事では「ケント・ネオスティック・メンソール」のみご紹介していきますね。

別記事の「【グロー・ハイパー】glo hyperのたばこスティックは全9種類【実際に吸った感想】」にて、全種類のたばこスティックの味についてご紹介していますので、是非以下リンクも併せてご覧ください。

【グロー・ハイパー】glo hyperのたばこスティックは全9種類【実際に吸った感想】 【グロー・ハイパー】glo hyperのたばこスティックは全9種類【実際に吸った感想】

率直に通常モード、ブーストモード問わず、吸い応えがかなり良いです!

最初吸った時『え?gloってこんな感じだっけ?』と感じたほど水蒸気量も多く、他社製品には負けない吸い応えを感じました。

あ、ちなみに僕は初代gloのみで、以降発売のシリーズ2やミニ、現行のglo proやglo nanoは使ったことがありません…(汗)

どうしても初代gloの物足りなさがあったので、ずっと他社製品を愛用してきたんですよね…。

しかし、glo hyperはたばこスティックが太いせいか、驚くほどに吸い応えを感じますので、なんならこれ一本でも十分満足出来そうです…♪

glo hyperを実際に吸った感想2

ただし、一点だけデメリットと言いますか、マイナス点を記載しておきます。

上記画像は、吸い終えた後にたばこスティックを取り出した画像なのですが、表面が焦げているのが分かりますかね?

味自体は焦げ臭いとかもなく、普通に美味しく味わえるのですが、デバイス本体が異常なまでに熱をもつんですよね…。

本来チェーンスモークができる点はメリットなのですが、デバイスが熱くなるのでとてもじゃないけど連続吸いはおすすめ出来ません。

それ以外は、さすが最新の機種だけあってほぼ完璧な製品だと思います♪

glo hyper(グロー・ハイパー)の価格と購入方法

glo hyper(グロー・ハイパー)の価格と購入方法は、以下になります。

glo hyperの価格

定価:3,980円(税込)

キャンペーン価格:980円(税込)

通常は定価3,980円(税込)なのですが、現在はキャンペーン価格の980円(税込)で購入することが出来ます。

具体的にいつまでキャンペーン価格が継続されるかは不明ですが、980円はめちゃ安いですよね…(笑)

glo hyperの購入方法

  • glo公式オンラインショップ
  • glo公式ストア
  • 全国のコンビニエンスストア
  • 全国の一部たばこ取扱店

glo hyperは既に全国で販売が開始されていますので、手軽に購入することが出来ます。

ただし、購入する店舗によって販売されているカラーや価格が異なりますので、必ずご確認の上購入するようにしてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介したglo hyper(グロー・ハイパー)は、太いたばこスティックということもあってか、吸い応えがあり、他社製品に負けない加熱式たばこであることがお分かり頂けたかと思います。

僕自身も久々にglo製品を吸いましたが、『こんなにも進化したのか』と正直驚きました…(汗)

他社製品のPloomSも新しいバージョンの「PloomS 2.0」が発売されましたし、業界独占のIQOSも不動の立ち位置を維持したままではありますが、『そろそろ新型機が発売されるのでは?』と個人的に予想しています。

各社共にユーザーの取り合いになっていることは間違いない事実なので、今後も良い製品が世に出続けることは言うまでもありませんね…♪

glo hyperは、2020年7月30日時点で980円(税込)と非常にお買い得な価格で販売されていますので、この機会に是非進化したgloを試してみてくださいね!

ご購入はこちらから▶︎glo公式オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください