gloはアイコスよりも害が少ない?gloの健康へ及ぼす害を徹底調査!

全国での販売地域拡大により、ユーザー数も右肩上がりに増加している加熱式タバコの『glo(グロー)』。

今回は、glo(グロー)が人体の健康へ及ぼす害について、公式サイトにて公表されている情報を元に掲載していきたいと思います。

加熱式タバコは90%以上有害物質がカットされているって本当?

gloが人体の健康へ及ぼす害について画像1

ここ数年で、加熱式タバコの存在が一気に世間に知り渡りましたが、皆さんはどういった理由で「紙巻きたばこ」から「加熱式たばこ」に切り替えましたか?

 

『ニオイが軽減されるから』

『流行っているから』

『健康への害が少ないから』

 

人によって理由は異なりますが、加熱式タバコに切り替える理由はせいぜいこんなもんでしょう。

私自身もアイコスを使い始めてから早くも2年が経過しようとしていますが、紙巻きたばこを吸う機会はほぼありません(笑)

おそらく私が加熱式たばこに切り替えたことで、最も評価していることは「ニオイ」なのですが、実際にはアイコスやグローのニオイを嫌う人もいるようですね。

また、加熱式たばこと聞くと『紙巻きたばこに比べて、有害物質が90%以上カットされている』という情報を耳にしますが、実際には明確な根拠はないようです。

というのも、アイコスもグローもどこか情報を隠していると言いますか、法律を良いことに公表していない事実があるように感じるのですが私だけですかね…笑?

例えば明確な物質の詳細や、マウス等を使った実験結果などは提示されていませんよね?

ですので、90%以上の有害物質が削減されているということは、あくまで紙巻たばこに比べてであり、どの部分と比較しているかは正式に公表されていないのが事実です。

また中には、アイコスよりもグローのほうが有害ではないという言葉も耳にしますが、こちらも根拠はありませんね。

gloが人体の健康へ及ぼす害は?

ではここからは、加熱式たばこ『glo(グロー)』が人体の健康へ及ぼす害について掲載していきます。

基本的にはグローの公式サイト内に提示されている情報を元に記載していきますので、多少曖昧な情報もありますがご了承ください。

ではいきます。

まずはじめに、全世界の喫煙人口は約10億人というデータがあるようです。

ただし私個人的には戸籍にのっていない人口もだいぶあると思いますので、10億人以上という認識で間違いないでしょう。

そして喫煙することによって、肺がんになるリスクや心血管疾患など、非喫煙者に比べて喫煙者のほうが病気になるリスクが大きいということは誰でも知っていることかと思います。

そこで、紙巻たばこよりも有害物質が軽減されている加熱式たばこが生まれたわけですが、ここで勘違いしないで欲しいことは、加熱式たばこも100%の有害物質が含まれているということです。

仕組みで分かりやすく説明すると、紙巻たばこはタバコ葉を燃焼させて煙を吸うものですが、加熱式たばこは加熱することで出た水蒸気を吸うものです。

gloが人体の健康へ及ぼす害について画像2

当然加熱式たばこは燃焼しているわけではありませんので、一酸化炭素やタールと言われる成分は少ないのですが、その水蒸気にはしっかりとニコチンが含まれていますし、その他の成分も含まれているはずです。

しかし、法律は難しくニコチン以外の成分は公に公表されていないので、ユーザーは知ることが出来ません。

では、何を根拠にグローは有害物質が少ないと言えるのか?というのを公式サイトで見てみましたが、結果的には知ることができませんでした(汗)

ただし、アイコスよりも詳しく実験方法等が記載されていましたので、一応画像を貼っておきます(笑)

gloが人体の健康へ及ぼす害について画像3

『「in vitro」って何?』難しくて普通の人には理解出来ませんよね(笑)

まとめ

まとめになりますが、加熱式たばこは有害物質が低減されているということは事実ですが、明確なことは公表されていませんので、今後どのような問題が出ててくるかは分からないというのが現実です。

私自身は、それでも良いからグローやアイコスを愛用しているわけですが、心の中では紙巻たばこも加熱式たばこも変わらないのでは?と感じています(汗)

また、当ブログでは私が実際に利用した感想として、様々な記事を公開しておりますが、加熱式たばこに切り替えようと考えている方は、あくまでご自身でよく考えてから切り替えるようにしてくださいね。

※加熱式たばこは、20歳未満の方のご利用は法律で禁じられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください