喫煙者に絶大な人気を誇る加熱式タバコの『iQOS(アイコス)』ですが、2017年3月3日に新型となる『iQOS 2.4Plus』が発売されました。

新型アイコスの発売と同時に新たな公式ストア『iQOSストア銀座』もオープンされましたので、フィリップモリスジャパンの勢いは止まらないといった感じでしょうか(笑)

関連記事→『iQOSストア銀座』が3月3日にオープン!所在地や連絡先は?

 

そこで今回は、まだアイコスを購入していない方、新たに新型アイコスを購入予定の方に向けて、新型アイコスの特徴と旧型アイコスとの比較について詳しく掲載していきますので是非ご覧ください。

 

新型アイコス『iQOS2.4Plus』が発売開始!

新型アイコスが発売開始

 

2017年3月3日に新型アイコス『iQOS 2.4Plus』が発売されました。

未だアイコスを入手出来ていない方だけでなく、既にアイコスをお持ちの方でも、すぐに購入したいと考えている方は大勢いるかと思います。

 

また、新型アイコスの発売と同時に、新たな公式ストア『iQOSストア銀座』がオープンしていますので、今後の販売網拡大に期待が持てます。

更に、新型アイコスの登場、iQOSストア銀座のオープンの他にも、ヒートスティックの新たなフレーバー2種類が登場するようですので、既存のアイコスユーザーにとっても非常に嬉しい展開です。

 

そこで、本項では、新型アイコスの特徴や購入価格、購入方法などをまとめて掲載していきますので是非ご覧ください。

 

新型アイコスの特徴

新型アイコスの特徴

 

まず初めに、新型アイコス『iQOS 2.4Plus』の特徴から掲載していきたいと思いますが、大きく変わった点は4点です。

 

  • 加熱ブレードが進化
  • ホルダーの充電時間が20%短縮(約5分→約4分)
  • ポケットチャージャーとホルダーのライトが高輝度白色LEDに進化
  • バイブレーター機能の搭載

 

従来のアイコスとは違い、BATが販売している『グロー』に寄せてきている印象ですが、これらの機能は間違いなく向上していることが分かります。

特に、加熱完了時のバイブレーター機能は優れもので、目を離していても気付くほどです。

 

さらに、新型アイコスのホワイトは、ホワイト×ピンクゴールドに、ブラックはブラック×ゴールドと、少々高級感のあるデザインに変貌しています。

サイズや重量は特に変わっていませんので、専用のアイコスケースの装着には問題ないことも良いところだと思います。

 

 

新型アイコスの価格と購入方法

新型アイコス「iQOS 2.4Plus」

 

続いて、新型アイコス『iQOS 2.4Plus』の価格と購入方法について掲載していきます。

 

新型アイコスの販売価格は、定価が10,980円と従来のアイコスの9,980円に比べると、1,000円ほど高い価格設定になっています。

また、キャンペーン価格として、お一人様1回限り「3,000円OFF」のクーポンが使えますので、7,980円で新型アイコスを購入することが可能です。

 

そして、新型アイコスの購入方法ですが、現時点では全国のアイコスストアのみ購入することが可能です。

ただし、3月中旬には全国のコンビニエンスストアや、たばこ販売店で購入できるようになるという噂もあります。

 

「EPARK」を利用してアイコスストアで購入予約する方法はコチラ
『iQOS』新型アイコスを並ばずに最短で購入する方法【EPARK】

 

ヒートスティックの新フレーバー2種類

アイコスの新ヒートスティック2種類

 

そして、ヒートスティックの新フレーバー2種類について掲載していきます。

 

今回、新型アイコスの発売と同時に追加されたヒートスティックは、

 

  • マールボロ・スムース・レギュラー
  • マールボロ・パープル・メンソール

 

の2種類です。

 

私自身まだ味わっておりませんので、新たなヒートスティックの味の詳細は分かりませんが、パープルメンソールに関してはプルームテックの「クーラーパープル」と同じでブルーベリーの香りがするのではないかと予想されます。

また、新たなヒートスティック2種類に関しては、当面アイコスストアのみ購入することが可能ですが、もしかしたら3月中旬には各地で販売されるのかもしれません。

 

 

旧型アイコスと新型アイコスの比較

新型アイコスと旧型アイコスの比較まとめ

 

ではここからは、新型アイコス『iQOS2.4Plus』と旧型アイコス『iQOS2.4』の比較を掲載していきますので、今後購入する際に参考にして頂ければと思います。

 

比較旧型アイコス新型アイコス
価格9,980円
6,980円
10,980円
7,980円
名称iQOS2.4iQOS2.4Plus
カラーホワイト
ブラック
ホワイト
ブラック
サイズホルダー:
H94mm,W14mm
チャージャー:H111mm,W50mm,D15mm
ホルダー:
H94mm,W14mm
チャージャー:H111mm,W50mm,D15mm
重量ホルダー:
約20g
チャージャー:
約100g
ホルダー:
約20g
チャージャー:
約100g
充電可能回数ホルダー:
約7,300回
チャージャー:
約365回
ホルダー:
約7,300回
チャージャー:
約365回
ホルダーの充電時間約5分約4分
ホルダーのバイブ機能なしあり
ライト高輝度白色LED
購入可能店舗全国各地iQOSストア先行販売

 

新型アイコスと旧型アイコスで大きく異なる点は、やはりホルダーの充電時間バイブレーター機能の搭載ですかね。。。

その他詳細は、手元に入手次第追記していきたいと思います。

 

 

まとめ

以上が、新型iQOSが発売開始!旧型アイコスと新型アイコスの比較まとめ!になります。

まとめになりますが、新型アイコスは、相当良いものに仕上がっていると私個人的には感じます。

ライバルである『グロー』や『プルームテック』の良いところをパクってしまうところは何とも言えませんが、ユーザーとしては機能性は向上した方が絶対に良いので、さらに需要が高まると思います。

 

また、未だアイコスを購入出来ていない方は、旧型アイコスも販売は継続されるようですので、新型アイコスを購入するか、または旧型アイコスを購入するかは個人の判断で検討してみてください。

新型アイコスは入手困難になると思いますし、旧型アイコスは購入出来たとしてもすぐに壊れる心配もありますので、じっくり考えた方が良いと思います。

 

「EPARK」を利用してアイコスストアで購入予約する方法はコチラ
『iQOS』新型アイコスを並ばずに最短で購入する方法【EPARK】

 

加熱式タバコiQOS(アイコス)に関する人気記事

iQOSユーザーにおすすめしたい『最新のアイコスケース』厳選5選

『iQOS』蓋・開閉ボタンが壊れた方にオススメの裏技はコレ!

アイコスを始めた方必見!この機会に歯の『ホワイトニング』を!

アイコスを吸い続けると「太る」噂は本当か!?体重増加の原因は?

『iQOSストア銀座』が3月3日にオープン!所在地や連絡先は?

 

スポンサーリンク