IQOS互換「EFOS(イーフォス)」と正規品アイコスを徹底比較!

IQOS互換「EFOS(イーフォス)」と正規品アイコスを徹底比較! IQOS(アイコス)

近年、加熱式タバコの「互換機」が続々発売されております。

特に目立つのはプルームテックの互換機なのですが、最近ではアイコスの互換機も急激に種類が増えていますね。

そこで今回は、IQOS互換機「EFOS E1(イーフォス)」について、正規品のアイコスと比較しながら詳しくまとめていきたいと思います。

IQOS互換機「EFOS(イーフォス)」とは?

アイコス互換キット「EFOS(イーフォス)」イメージ3

 

まず最初に、「EFOS(イーフォス)」とは一体どういった商品なのか?ということについてご説明していきます。

 

EFOS(イーフォス)とは、アイコスのヒートスティックを味わうことができる「アイコス互換機」です。

 

最近は、アイコスの公式オンラインストアでも普通にスターターキットが買える状況ですので、そこまで需要はないと思いますが、『アイコスは故障が多いから嫌だ!』ということから互換機に乗り換える方も多いようです。

 

しかし、今回ご紹介する「EFOS(イーフォス)」は、『故障しにくい』と発売元から公表されていることから注目されています。

 

アイコス互換キット「EFOS(イーフォス)」イメージ2

 

また、EFOS(イーフォス)の特徴を挙げると、

 

  • gloのように一体型で「連続吸引」が可能
  • 低温モードと高温モードの温度調節が可能
  • 1回の喫煙で20回まで吸引可能

 

といったように、純正のアイコスにはない機能がいくつか搭載されておりますので、ユーザーによっては嬉しい機能もあると思います。

 

例えば、チェーンスモーク(連続吸引)をする方にとってはEFOS(イーフォス)はおすすめですね♪

 

ただし、実際にはどうなんでしょうかね。。。?

私は基本的にチェーンスモークはしない派なので、この機能は全くもって必要ないのですが、むしろアイコスを二台以上所有している方には必要ないですよね。。。

 

IQOS互換EFOS(イーフォス)と正規品アイコスの性能を徹底比較!

「EFOS(イーフォス)」と「IQOS(アイコス)」比較

ではここからは、アイコス互換機「EFOS(イーフォス)」と、正規品IQOS(アイコス)の性能を徹底比較していきます。

比較内容を大きく分けると、

 

  • 本体価格
  • 保証期間
  • 使用感

 

上記3点になりますので、是非ご購入前の参考にしてください。

 

本体価格

比較 EFOS E1 IQOS
本体価格 8,980円 7,980円

アイコス(IQOS2.4Plus)は、価格改定により現在7,980円で購入することが可能です。

ですので、本体価格はEFOS(イーフォス)の方が1,000円高い計算になります。

 

保証期間

比較 EFOS E1 IQOS
保証期間 3ヶ月 1年

※「IQOSプレミアムケア」に加入することで落下や水濡れ、事故による交換も1回まで可能

 

アイコスは故障も多いですが、保証期間中は基本的に何度でも交換対応をしてくれますので、イーフォスの保証期間3ヶ月は少々短すぎかもしれません。

例えば、アイコスなら交換対応を考えてみても1年半程度は使用することが可能ですが、イーフォスは保証期間が短いので、最短で半年程度しか使用することができません。

 

イーフォスは金額の割に保証期間が短いので、ちょっと問題があるかもしれませんね。。。

ただし、EFOS(イーフォス)はアイコスよりも故障しにくいと言われていますので、保証期間だけで判断することは難しいです。

iQOSプレミアムケアがスゴ過ぎる?さらにLINE連携で便利に!

2017.06.09

 

使用感

比較 EFOS E1 IQOS
吸引本数 約10本 20本
吸引回数 約20回 約14回
連続吸引
温度調節

正規品アイコスとEFOS(イーフォス)の使用感を比べてみると、イーフォスのほうがユーザー目線に作られていることが伺えます。

特に、連続吸引ができるところや、温度調節ができるところなどは、かなり嬉しい機能です。

EFOS(イーフォス)のレビュー記事はこちら▼
IQOS互換「EFOS E1(イーフォス)」レビュー!性能や口コミは?

 

EFOS(イーフォス)が優れている点

アイコス互換キット「EFOS(イーフォス)」イメージ1

 

ここまでで、正規品アイコスと互換機EFOS(イーフォス)の比較はご理解頂けたかと思いますので、ここからはEFOS(イーフォス)の優れている点について掲載していきます。

 

本体価格や保証期間、使用感を考えてみると、やはり正規品アイコスのほうが軍配が上がると思いますが、イーフォス最大の利点は寒さや暑さに強い点ではないでしょうか。。。?

正規品アイコスは、冬の時期、特に寒い部屋で保管しておいた際や、氷点下の環境下では使用することが出来ない場合があります。

 

しかし、EFOS(イーフォス)は、-15℃〜50℃の環境に耐えられる仕様となっているようです。

いつでもどこでも使用することができることは、素晴らしいことですね。

詳しくは別記事にてレビュー記事を公開しておりますので、是非下記リンクも合わせてご覧ください。

EFOS(イーフォス)のレビュー記事はこちら▼
IQOS互換「EFOS E1(イーフォス)」レビュー!性能や口コミは?

 

まとめ

以上が、アイコス互換キット「EFOS(イーフォス)」は買い?元祖アイコスと徹底比較!になります。

いかがでしたか?アイコス互換機のEFOS(イーフォス)は、値段こそアイコスより1,000円高いですが、性能は正規品アイコスよりも上回ります。

特に、連続吸引や温度調節ができるところは魅力的です。

加熱式たばこが流行している現在、保証期間やその他口コミ等を参考にして購入するようにしましょう。

販売ページはこちら▼
EFOS E1(イーフォス)

IQOS互換「EFOS E1(イーフォス)」レビュー!性能や口コミは?

2018.06.29