アイコス互換キット「iBuddy(アイバディ)」レビュー!性能や評価は?

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像1

本記事では、アイコス互換キットの中でも最も評価の高い「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」を入手しましたので、正規品アイコスと比較しながら性能や評価など、詳しく解説していきます。

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」とは?

まず最初に、アイコス互換キットの「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」とは一体どういったものなのか?ということについてご説明していきます。

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像1

「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」とは、簡単に言うとアイコスのヒートスティックを吸うことが出来る互換機のことです。

最近は互換キットのほうが性能が良いものも多数販売されているのですが、「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」は、特にアイコスの欠点をほぼ克服している互換キットとなっていますので非常に優秀です。

では次項では、「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」の使い方や性能、評価など詳しく解説していきますので是非最後までご覧ください。

販売ページはこちら▼
【iBuddy(アイバディ)】スターターキット

「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」の使い方

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像2

「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」のスターターキットには、以下一式が同梱されてきます。

同梱物一覧

  • iBuddy i1本体
  • USBケーブル
  • クリーニングブラシ
  • クリーニング用綿棒
  • 取扱説明書

ACアダプターは付属していませんので、手持ちにない場合には別途購入する必要があります。

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像3

そして、「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」の使い方は以下になります。

  1. 本体の電源を入れる
  2. ヒートスティックを挿入し加熱する
  3. ヒートスティックを取り出す

3つの手順で実行していくのですが、どちらかと言えばアイコスよりもグローの使い方に似ていますね。

【1】本体の電源を入れる

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像3

本体サイドにあるパワーボタンを、2秒間の間に5回連打する

【2】ヒートスティックを挿入し加熱する

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像5

  • ヒートスティックを本体に挿入する
  • パワーボタンを3秒間長押しして加熱する
  • 本体正面に付いているランプが、赤点滅から赤点灯になったら吸引可能です。(約20秒間)
  • 吸引開始から16回の吸引、もしくは5分20秒間使用可能
  • 5秒間の長押しで加熱を中止することが可能

【3】ヒートスティックを取り出す

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像4

本体サイドにあるスライドボタンを押し上げてから、ヒートスティックの吸い殻を抜き出す。

実際にヒートスティックを抜いてみるとこんな感じです。↓

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像6

ご覧の通り、ヒートスティックの吸い殻が溜まりにくい仕様になっていますので、クリーニングも簡単ですね♪

「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」と「IQOS(アイコス)」の性能比較

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像8

では次に、「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」と「IQOS(アイコス)」の性能を比較して見ていきましょう。

比較 iBuddy i1 IQOS
価格 7,000円 10,980円(定価)
保証期間 90日 1年
バッテリー 1,800mAh 2,900mAh
吸引回数 約16回 約14回
満充電時の本数 約15本 約20本
連続吸引 不可

パッと見の性能はやはり正規品アイコスのほうが上なのですが、サイズ感や重量感、またチェーンスモーク(連続吸い)が出来るという点では、「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」のほうが優秀です。

ちなみに下記画像は、「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」とアイコスのホルダーのみの画像比較です。

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像9

そして、下記画像は「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」とグローを比較した画像です。

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像10

小柄なグローよりも、「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」のほうが小さくて軽いことに驚きですよね。。。

アイコス互換キット「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」レビュー!画像7

また、ヒートスティックの吸い殻を見てもらうと分かるのですが、

  • アイコスは、平たいブレード状
  • アイバディは、丸い釘状

となっていますので、ヒートスティックが刺しやすく、アイコスのように刺し損ないがありません。

たまにありますよね?ヒートスティックを挿入する際に、位置を間違えて吸う前に捨ててしまうことが…(汗)

しかし、上記のように「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」は釘状になっていますので、まずヒートスティックを無駄にすることがありません。

ただしあまり強引にヒートスティックを挿入すると、フィルター部分まで刺さってしまい味が悪くなりますので注意が必要です。

「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」の評価は?

ではここからは、「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」の評価について、私個人的にですが掲載していきたいと思います。

最近はアイコス(IQOS 2.4Plus)の在庫状況は良く、基本的にはお近くのコンビニや公式のIQOSストア、公式オンラインショップにて、いつでもアイコスを購入することが可能です。

またアイコスの定価10,980円(キャンペーン価格7,980円)に対して、「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」は税込7,000円となっていますので、特別安いわけではありません。

これらを考慮した上で「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」の評価は、以下になります。

評価

メイン機で使用する場合の評価は『70点』

サブ機で使用する場合の評価は『85点』

アイコスが100点満点中80点とすれば、といったところでしょうか…

あくまで私個人的な意見になりますが、「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」はあくまでサブ機として使用するのが理想かと思います。

アイコスはどうしても2台目を購入する際にはクーポンを発行することが出来ませんので、定価の10,980円で購入することになってしまいます。

アイコスを購入後1年が経過し、保証が受けられなくなってしまった。しかし、故障の多いアイコスを購入するのは気が引ける…

こういった方には「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」はおすすめだと私は思います。

「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」も味わいは正規品アイコスとほぼ同等、あるいはアイコスよりも格上のように感じますので、アイコスの故障やヒートスティックの無駄に嫌気をさしている方は、一度「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」を購入しても良いかと思いますよ♪

販売ページはこちら▼
【iBuddy(アイバディ)】スターターキット

まとめ

まとめになりますが、今回ご紹介したアイコス互換キットの「iBuddy i1(アイバディ・アイワン)」は、正規品アイコスよりも性能が良い部分も多々見受けられます。

また、サイズ感や味わいも申し分ないほど優秀ですので、是非一度公式ページをご覧になってくださいね♪

販売ページはこちら▼
【iBuddy(アイバディ)】スターターキット

アイコス、プルームテック、VAPEが全て味わえる「吸い比べセット」レビュー! アイコス・プルームテック・VAPEが全て味わえる「吸い比べセット」レビュー! VAPEとプルームテックの両方が使える「JUSTFOG P16」レビュー! VAPE初心者におすすめ!プルームテック対応「JUSTFOG P16」レビュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください