glo(グロー)におすすめのスキンシール・デザインスリーブ特集

glo(グロー)におすすめのスキンシール・デザインスリーブ特集

2019年12月現在、加熱式たばこのglo(グロー)は、全国各地のコンビニ等で手軽に購入できます。

ユーザー数自体は、アイコスの次に多いのがグローですかね…

そのglo(グロー)ですが、最大の欠点は傷が付きやすいことです。

私自身は鍵や小銭などと一緒に持ち歩くことはないのでそこまで傷は付かないのですが、それでもケースを常に付けた状態で利用しています。

そこで本記事では、加熱式たばこ「glo(グロー)」におすすめのスキンシールやデザインスリーブについてご紹介していますので是非ご覧ください。

追記
本記事でご紹介しているアイコスケースは、初代glo用です。

glo proやglo nano、glo sensに装着することは出来ませんので予めご理解ください。

グローはそのまま使っても格好良いけど「傷」が心配

加熱式たばこのglo(グロー)は、見た目がシンプルでそのまま使っても格好良いのですが、一度傷が付くと目立ちやすいという欠点があります。

例を挙げるとすれば、iPhone5以降のシルバーを持っている方は、グローと同じような材質ですので傷が付くと目立つことは分かって頂けると思います。

特に、小銭やカギなんかと一緒にしてしまうと、あっという間に傷だらけになってしまいますよね…

スティーブ・ジョブズ氏は、iPhoneに傷が付いている状況も『それはそれで味が出て良い』と言っていたようですが、人によっては傷を付けないで使用していきたいと考えている方もいることでしょう。

そこで次項では、グローの傷防止も兼ねてオシャレにカスタマイズする方法として、デザインスリーブやスキンシールをご紹介していきます。

グローには「デザインスリーブ」が見た目も良く、傷から守ってくれるので安心!

まずは、glo(グロー)におすすめのデザインスリーブからです。

glo公式のオンラインストアでは、純正のデザインスリーブを購入することができます。

中には本体とデザインスリーブのセット販売もしていますが、値段的にもお得なのでおすすめです。

公式サイトはこちら▼
glo公式オンラインストア

また楽天市場や、アマゾンなどでもグロー専用のデザインスリーブが多数販売されています。

本革のものからシリコン製のものまで、実にたくさんのデザインスリーブが販売されています。

私個人的にはレザー好きなので、ちょっと値段は高いですが、時間の経過と共に味が出てなかなか良いですよ♪

さらに個性を出したい方には、種類が豊富な「スキンシール」がおすすめ!

次に、glo(グロー)におすすめのスキンシールについてご紹介していきます。

既にアイコスやプルームテックをお持ちの方はご存知かと思いますが、グローにも専用のスキンシールが販売されています。

私はデザインスリーブ派なのでスキンシールは付けていませんが、デザインやカラーも豊富にありますので、傷防止だけを考えればスキンシールもありです。

まとめ

まとめになりますが、加熱式たばこのglo(グロー)は非常に傷が目立ちやすい材質となっています。

傷が付くのが不安な方は、デザインスリーブやスキンシールを装着することをオススメします。

デザインの種類やカラーも豊富で、自分に合ったスキンシールがきっと見つかると思いますよ♪

本革好き集合!加熱式たばこ『glo(グロー)』に合う本革ケース5選! 本革好き集合!加熱式たばこ『glo(グロー)』に合う本革ケース5選! 【人気のgloケースまとめ】タイプ別でおすすめのケースを紹介するよ! 【人気のgloケースまとめ】タイプ別でおすすめのケースを紹介するよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください