当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

紙巻たばこ「メビウスLBSイエロー5」を吸ってみた!口臭低減は本当なのか

紙巻たばこ「メビウスLBSイエロー5」を吸ってみた!口臭低減は本当なのか

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、JTの新製品「メビウス・LBS・イエロー・5」について掲載しています。

口臭低減テクノロジーが搭載された紙巻たばこなのですが、従来の紙巻たばこと比較してニオイが少ないらしいです…。

以下、発売日や購入方法、実際に吸った感想などを詳しく解説していますので是非ご覧ください。

メビウス・LBS・イエロー・5とは

メビウス・LBS・イエロー・5とは

「メビウス・LBS・イエロー・5」は、JTより新たに発売される紙巻たばこの銘柄です。

主な特徴として、従来の紙巻たばこ製品に比べて、吸った後の口臭が低減されるというテクノロジーを搭載しています。

世間では「紙巻たばこ=臭い」というイメージが定着していますし、最近は加熱式たばこに切り替えるユーザーも多いので、時代に合った新製品ですよね。

メビウス・LBS・イエロー・5-LBSとは

ちなみに、銘柄名にもある「LBS」とは、「Less Breath Smell」の頭文字で、「口臭低減」という意味だそうです。

商品概要

商品サイズ通常サイズ(FK)
フィルタータイプカプセル搭載チャコールフィルター
タール値5mg/本
ニコチン値0.4mg/本
内容量20本入り
価格540円(税込)

発売日と購入方法

メビウス・LBS・イエロー・5の発売日は、2021年4月2日です。

CLUB JTオンラインショップ、及び静岡県のたばこ販売店限定で発売されます。

また、韓国やマレーシアなどの海外では既に発売されており、ユーザーからは人気があるそうです。

メビウス・LBS・イエロー・5を実際に吸った感想

メビウス・LBS・イエロー・5を実際に吸った感想-箱画像

では、口臭低減テクノロジーが搭載された紙巻たばこ「メビウス・LBS・イエロー・5」を実際に吸った感想をご紹介していきます。

メビウス・LBS・イエロー・5を実際に吸った感想-たばこ画像

フィルター部分に口臭低減テクノロジーが搭載された「LBSカプセル」が入っていて、このカプセルを潰すことで風味が変わります。

メビウス・LBS・イエロー・5を実際に吸った感想-比較

僕自身、普段は加熱式たばこなので、紙巻たばこはたまにしか吸いません。

なので、より風味や口臭低減が分かるように、LBSではない近い製品を買って吸い比べてみました。

タールやニコチン量は異なりますが、同じ柑橘系のフレーバーなので問題ないでしょう…(汗)

まずは、上記画像左の一般的な紙巻たばこですが、吸った瞬間「たばこ臭さ」がものすごく正直不快です…。

そして、上記画像右のLBSたばこを吸ってみたところ、副流煙のニオイは前者同様なのですが、吸った後の口の中のニオイは低減しているように感じます。

がしかし、ぶっちゃけ前者同様に臭いです…(汗)

箱に書いてある「LBSテクノロジーで、吐く息のタバコのニオイ、気にならない。」に期待したのですが、ややニオイが少ないのでは?程度で紙巻に違いありませんね…。

ただ、カプセルを潰す前はレギュラー系、カプセルを潰すと柑橘系メンソールといった二度味わえる風味は面白いですね!

あくまで個人的な見解ですが、普段から加熱式たばこを吸っている方にはおすすめできる商品ではありません。

ですが、普段紙巻たばこを愛煙している方には試す価値はあるのかなといった印象です。

まとめ

まとめになりますが、今回新たに発売されるメビウス・LBS・イエロー・5は、JTの最先端テクノロジーが搭載された画期的な紙巻たばこではありますが、現段階では驚くほどの製品ではないと個人的に思いました。

しかし、今後まだまだ進化する期待が込められた製品であることは間違いないと思いますので、今後に期待しましょう!

以上、最後までご覧頂きありがとうございました!

世界初タブレットフィルター搭載の紙巻たばこ「メビウス・タブレット」が発売世界初タブレットフィルター搭載の紙巻たばこ「メビウス・タブレット」が発売キャメル「オリジナルZippo」レビュー!ポップなデザインで喫煙に彩りをキャメル「オリジナルZippo」レビュー!ポップなデザインで喫煙に彩りを【刻みたばこ】小粋&きせるレビュー!まるで花の慶次になった気分ですぞ【刻みたばこ】小粋&きせるレビュー!まるで花の慶次になった気分ですぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください