当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

無煙たばこ「STIX(スティックス)」レビュー!フレーバーの種類や購入方法など

無煙たばこ「STIX(スティックス)」レビュー!フレーバーの種類や購入方法など

皆さんこんにちは!管理人のゆめぼく(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、JTから販売されている無煙たばこの「STIX(スティックス)」をレビューしています。

フレーバーの種類や価格、購入方法、実際に吸った感想などを詳しくまとめていますので、是非参考にしてくださいね!



STIX(スティックス)とは

STIX(スティックス)とは

STIX(スティックス)は、火を使わず、灰も出さず、煙やニオイも出さない、完全なる無煙たばこです。

主な仕様としては、パイプ状のホルダーに粒状のたばこ葉が入ったカートリッジをセットし、あとはただ吸い込むだけの簡単な設計になっています。

よく「禁煙パイポ」とか「リラックスパイポ」といって、グレープフルーツ味の禁煙ツールみたいなのが売っていますが、使い方はほぼ同じです。

紙巻たばこのように煙が出ず、加熱式たばこのように水蒸気も出ません。

あくまでタバコの風味を味わうものですね!

記事序盤で言うのもなんですが、紙巻たばこや加熱式たばこの代わりになるタバコ製品ではなく、なんならもの好きの人しか買わないようなマイナーな製品です…(笑)

ただ僕個人的にはけっこう気に入ってますけどね…♪

STIXの価格とフレーバーの種類

STIXの価格とフレーバーの種類

ホルダーセット
スティックス・ブルーミント 470円(税込) ホルダー×1、カートリッジ×2
スティックス・ブラウンフレーバー
詰め替え用カートリッジ
スティックス・ブルーミント 360円(税込) カートリッジ×2
スティックス・ブラウンフレーバー
スティックス・ピンクフレーバー
スティックス・グリーンミント
ホルダー
ネイビー 120円(税込) ホルダー×1
ピンク

2021年1月7日時点では、全4種類のフレーバーが販売されています。

基本的には、ホルダーセット、またはホルダー単品を一つ購入し、あとは詰め替え用カートリッジを購入すればSTIXを味わうことが出来ます。

STIXホルダー

ホルダーセットを購入するとブラックのホルダーが付属し、他にもネイビーとピンクを別売りで購入することが出来ます。

STIXの購入方法

STIX(スティックス)の購入方法は、以下になります。

CLUB JTオンラインショップ

詳細は不明ですが、公式オンラインショップのCLUB JTなら、間違いなく購入することが出来ます。

STIX(スティックス)レビュー

ではここからは、無煙たばこの「STIX(スティックス)」をレビューして参ります。

STIX(スティックス)レビュー-外箱

まずは、STIXのパッケージのイメージです↑

意外とオシャレなパッケージデザインになっているんですよね…♪

STIX(スティックス)レビュー-開封

続いて、STIXの内容物です↑

ホルダーセットの場合は、上記画像のようにブラックのホルダーが1つ、カートリッジが2本入っています。

詰め替え用カートリッジの場合には、ホルダーは付属せず、カートリッジ2本のみ入っています。

STIX(スティックス)レビュー-カートリッジ

続いて、STIXのカートリッジのイメージです↑

カートリッジの中には、JT独自の製法で細かく粒状にしたタバコ葉が入っており、それぞれのフレーバーに合った香料がブレンドされているそうです。

STIX(スティックス)レビュー-組立図

続いて、STIXの組み立てイメージです↑

分かりやすく並べてみましたが、構造は至って簡単です。

電子機器ではありませんので故障の心配もないですし、カートリッジを交換するだけなのでお手入れも不要です。

STIX(スティックス)レビュー-組み立て後

実際にSTIXを組み立てたイメージです↑

サイズ感は紙巻たばこ程の長さで重量もめちゃくちゃ軽いので、これなら咥えタバコも出来ますね!

STIX(スティックス)レビュー-底面

念の為、STIXの底面のイメージですが、カートリッジが装着されているかを確認することが出来ます。

ご覧の通りSTIXはコンパクトなので、逆に紛失しないか不安になるくらいです(笑)

STIXの使用方法

STIX(スティックス)の使用方法は、以下になります。


STEP.1
キャップを外す

STIXの使用方法1

まずは、ホルダーのキャップを外します。


STEP.2
カートリッジをセット

STIXの使用方法2-1

STIXの使用方法2-2

マウスピースを外し、ホルダー部分にカートリッジを装着します。


STEP.3
キャップを戻す

STIXの使用方法3

マウスピースを装着したらセット完了です。


STEP.4
STIXを楽しむ

STIXの使用方法4

あとは吸引するだけです。カートリッジ1本で、約半日〜1日程度もちます。


組み立て自体は特に難しいことはないのですが、問題はカートリッジの替え時ですね…。

味がなくなったら交換という認識で問題はないのですが、そもそも風味が弱いので判断が難しいかもしれないです(汗)

また、吸引の仕方なのですが、タバコのように一度口に含んでから肺に入れるというよりも、吸引しながら直接肺に入れる「直吸い」の方が風味を感じやすいです。

ゆっくり長く吸引するのがコツですね…♪

STIXを実際に吸った感想

STIX(スティックス)を実際に吸った感想としては、ぶっちゃけ全く吸った気がしません…(汗)

ただし、吸った気はしないのですが、それこそ加熱式たばこよりもSTIXの方が煙草葉の風味を感じますね…。(ブルーミントの場合)

個人的にはけっこう好きなのですが、やはり吸い応えがないので紙巻たばこや加熱式たばこの代用品にはなりませんし、わざわざ送料を払ってまで買う意味があるのか?と言われればそれまでですね(汗)

ですが、STIXは1箱360円でおおよそ1日もつ計算なので、コスパがやや良いという点は優秀です。

例えば、加熱式たばこと併用して吸うことで節煙効果にも繋がりますので、トータル的にタバコにかかるお金を節約することが出来ます。

以下、それぞれのフレーバーを吸った感想です。

STIXを実際に吸った感想-ブルーミント

STIXのブルーミントは、クリアなミント風味です。

やや消毒系の風味がしますが、嫌な感じはせず爽快な吸い心地です。

STIXを実際に吸った感想-ブラウンフレーバー

STIXのブラウンフレーバーは、甘みのあるビターな風味です。

VAPEではよくある味わいなのですが、「黒蜜きな粉」のような味わいです。

STIXを実際に吸った感想-グリーンミント

STIXのグリーンミントは、シトラス系のミント風味です。

ミントの方が強いですが、ほのかに感じるシトラスが良い感じです♪

STIXを実際に吸った感想-ピンクフレーバー

STIXのピンクフレーバーは、ピーチ系のトロピカル風味です。

煙草の風味は全くなく、やや甘めのフレーバーです。好きな人は好きなんでしょうけど僕にはちょっと…(汗)

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介した無煙たばこのSTIX(スティックス)は、加熱式たばこよりもさらに周囲の方に迷惑をかけにくいタバコです。

煙草葉が入っているので当然有害性はあるのですが、余計な煙や水蒸気を服用しないので、その分やや安全性はあるのかなといった印象です。

しかし、吸い応えはないので、期待して購入するとガッカリしてしまう可能性もあります。

僕個人的には加熱式たばことセットで使用する分には節煙にもなって良いのかなと思いましたので、今後も少し吸ってみようと思います!

価格も1箱360円と安いので、気になる方は是非一度購入してみてくださいね♪

以上、最後までご覧頂きありがとうございました!

\製品詳細やご購入はこちら/
CLUB JT公式オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

×