喫煙者に話題沸騰中の加熱式たばこ『iQOS(アイコス)』。今回は、ヒートスティックの箱に付属している「パックコード」の入力方法と応募方法について詳しく掲載していきます。「iQOSphere」という専用ページがありますが、初めての方は少々分かりにくいと思います。

 

『iQOS(アイコス)』の「iQOSphere」を使ったパックコードの入力方法と応募方法

「パックコード」とは?

テレビ番組「アメトーーク」でも特集が組まれるほど今大人気の「iQOS(アイコス)」

従来の紙巻たばことは違い、火を使わない、灰が出ない、ニオイが少ないのキャッチフレーズで販売が開始された新感覚のたばこです。

 

『iQOS(アイコス)』の購入方法についてはコチラ↓
『iQOS(アイコス)』のクーポンを使った購入方法と感想!

 

『iQOS(アイコス)』の使い方についてはコチラ↓
iQOS(アイコス)の使い方とヒートスティックのタールについて

 

基本的には、「ヒートスティック」と呼ばれる『iQOS(アイコス)』専用のたばこ葉を本体に挿入して吸います。

その「ヒートスティック」には「パックコード」と呼ばれる12桁のシリアルコードが付属しています。このコードは、『iQOS(アイコス)』の専用ページから入力して応募すると、様々な景品をゲットできるという何とも嬉しい特典にチャレンジすることが可能です。

『iQOS(アイコス)』を吸っている方は、絶対にヒートスティックを購入しなくてはなりませんので、毎日1箱吸っている方だと、月に30ポイント貯めることができます。

景品の中には、「iQOS専用カバー」や「iQOS本体」がありますので、是非チャレンジしたいところです。

iQOSパックコード景品

上記画像は、『iQOS(アイコス)』本体ですが、パックコード8ポイント(ヒートスティック8箱)で1回のミニゲームに挑戦することができます。

私はまだ当たったことがありませんが、私の知人は「iQOS専用カバー」が2名と「iQOS本体」が1名当たっていますので、そこまで確率が低いとは思えません。

意外と当たるものなのかもしれませんので、パックコードは捨てずにポイントに交換しましょう。

 

 

パックコードの入力方法と応募方法

ここからは、『iQOS(アイコス)』のパックコードの入力方法と応募方法について掲載していきます。初めての方は、少々分かりにくいと思いますが、可能な限り分かりやすく解説していきますので、諦めずにやり方を覚えておきましょう。

 

iqosアイコスパックコード入力方法

まずは、スマホの専用アプリからログインをします。既にIDをお持ちの方は上記画像のように暗証番号を打ち込めば簡単にログインすることが可能です。

まだIDを取得していない方は、iQOS専用サイトからIDを発行してください。

 

iqosアイコスパックコード入力方法

次に、ログインをしたら画面下に並んでいる真ん中のボタンを押します。

すると「iQOSphere」というキャンペーンページに飛びますので、そちらからパックコードを入力することができます。

 

iqosアイコスパックコード入力方法

このように、日替わりで賞品が変わりますので、自分が欲しいと思う賞品にチャレンジしましょう。

「今すぐチャレンジ」を押すと、専用ページに飛びます。

 

iqosアイコスパックコード入力方法

初めての方や、パックコードが足りない場合には「コードが不足しています」となりますので赤枠の「コード入力」を押します。

 

iqosアイコスパックコード入力方法

一度に複数のパックコードを入力することが可能です。入力するコードは、大文字の英語12桁になります。入力が完了したら「パックコードを登録」を押します。

 

これで「パックコード」の入力が完了です。

 

あとは、自分が欲しいと思う賞品にチャレンジするというボタンを押せば、スクラッチなどのミニゲームに挑戦することができます。

ぶっちゃけた話、しょっぼいミニゲームですが、実際に当たってる方もいますので信頼はあります。

中には1発で当たったという方もいれば、100回やっても当たらない方もいますので運が大事です。応募する際には気合を入れてボタンを押しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

おすすめは「iQOS本体」

以上が、『iQOS(アイコス)』のパックコードの入力方法と応募方法になります。

賞品の中にはシンプルな「iQOSケース」やデコってある「iQOSケース」、更には「iQOS本体」があります。私個人的にですが、おすすめは8パックコードで挑戦できる「iQOS本体」です。

ケースは正直なくても十分使えますが、本体は壊れる可能性もありますので当たれば相当お得です。

一応、「iQOS本体」は、約1年で買い替えの時期がくるものですので2台を使い回すという手法が一番良いかと思います。壊れた際にたばこが吸えないという状況もなくなりますし、修理に出している間も安心です。

壊れた際は、近くの「iQOSストア」に連絡または、訪問して相談しましょう。

 

 

iQOS(アイコス)の人気記事

『iQOS(アイコス)』のクーポンを使った購入方法と感想!

iQOS(アイコス)の使い方とヒートスティックのタールについて

『iQOS(アイコス)』外出時におすすめのレザーケース!

『iQOS(アイコス)』味ムラをなくして快適に吸うコツ!

『iQOS(アイコス)』結局のところ健康や害はどうなの?

 

 

スポンサーリンク