喫煙者に絶大の人気を誇る加熱式たばこ『iQOS(アイコス)』

火を使って燃焼させるわけではないので、部屋の壁紙が汚れにくいというのが特徴であり人気の理由です。ですが、汚れにくいのは壁紙だけではなく、口の中の歯にも同じことが言えます。この機会にホワイトニングをして綺麗な歯にしてみませんか?

 

『iQOS(アイコス)』愛用者必見!これでアナタの歯も綺麗な白い歯を維持できます!

喫煙者は歯の汚れが気になります。。。

喫煙者に絶大の人気を誇る新感覚の加熱式たばこ『iQOS(アイコス)』。

あまりの人気さに全国各地で在庫がなく、欲しくても手に入れることができない方も少なくありません。

そんな人気絶頂中の『iQOS(アイコス)』ですが、人気の理由は、ニオイが少ない、灰が出ない、火を使わないという、未だかつてない新感覚のタバコだからです。

それほど良いにも関わらず、従来のタバコを吸っている感が非常に強いので、差し支えなくiQOS(アイコス)に移行できるという利点もあります。

電子タバコなどは、従来の紙巻タバコと大きくかけ離れているので、気付けばまた普通の紙巻タバコに戻ってしまうなんて方も多いように感じます。

 

実際に私も、紙巻タバコからiQOS(アイコス)に移行して早3ヶ月が過ぎたところですが何不自由なく喫煙ライフを送っています。

今までは、小さい子供がいるので、ベランダや換気扇の下でタバコを吸うのが当たり前でしたが、iQOS(アイコス)に移行してからは、普通に部屋の中で吸っている状況です。

妻や子供も、従来の紙巻タバコを吸っている時は嫌がっていましたが、iQOS(アイコス)に変えてからは、FUJIWARAのフジモン同様、キスの回数が増え夫婦円満の生活も維持できているといったところです。(アメトーークでフジモンが言っていましたwww)

 

そして、今回私は、せっかく健康に害の少ないタバコに変えたわけですから、何か他にできることはないかと考えたところ、大事なことを忘れていたことに気付きました。

 

それが口の中のです。

 

喫煙者にとって、歯が汚れるということは仕方のない事というか、諦めるしかないことでした。タバコに含まれるタール(ヤニ)のせいで、歯は黄ばみ、所々黒ずむ箇所もできてしまいます。

キレイなものではないので、あえて写真までは掲載しませんが、歯を見ただけで喫煙者か非喫煙者かがハッキリ分かります。

改めて考えてみると、歯が汚れていると損することがたくさんありますよね。。。(悲)

 

 

スポンサーリンク

 

 

歯が汚いと生活に支障が出る!

例えば、歯が汚いと歯を見られるのが嫌なので、会話をする際に口を開ける大きさが自然と小さくなってしまいます。

そうなると、何を話しているのか分からないことも出てきてしまいますし、何故か下を向く生活になってしまいがちです。。。

歯が重要なことだなと思う時は、主に仕事の時や、恋愛の時ではないでしょうか?

 

 

仕事の時で例を挙げるとすれば、自分が「営業マン」だとします。

営業マンはコミュニケーションなどを含む会話能力が非常に重要です。そこで歯を見せるシーンがありますが、歯がキレイだと、清潔感があり営業マンとしての輝きが見えます。

しかし、最悪の場合、歯が汚いことが理油で飛び込み営業をする際に、大きな障害になってしまうかもしれません。

 

 

それは恋愛の時にも同じことが言えます。

恋愛には個人差がありますが、基本的には第一印象が重要です。そこで歯がキレイなのと汚いのとでは、その後の展開に大きな影響を及ぼしてしまうと思いませんか?

少なくとも私は、合コンで歯がキレイな方と汚い方が並んでいたら、問答無用で歯がキレイな方を選ぶと思います。

 

このように、人生において歯は重要なことだということが分かります。

 

 

安心してください!iQOS(アイコス)に変えたらホワイトニングしてOK

喫煙者の方に朗報です。紙巻タバコから加熱式タバコのiQOS(アイコス)に移行した場合、歯のホワイトニングをしても無駄にはなりません

それは何故か?

iQOS(アイコス)は火を使わないので、燃焼させて吸うわけではありませんから、タールが発生せず歯が汚れにくいという最大の利点があります。

今までは、喫煙者が歯のホワイトニングをする場合、全くと言っていいほど意味がありませんでした。(正確には歯が白い期間が短い)

しかし、iQOS(アイコス)を喫煙している方は、今後、歯が汚れる可能性は低くなりますので、今までは出来なかった「歯のホワイトニング」に自信を持って挑戦することが可能です。

 

この記事を書こうと思ったのも、私自身がiQOS(アイコス)に移行してからホワイトニングに挑戦したという経緯もあるからです。

 

 

歯のホワイトニングには大きく分けて3種類ある

でも、実際に歯のホワイトニングに挑戦するといってもどうすればいいの?という方に少しばかり歯のホワイトニングについて説明していきます。

まず、歯のホワイトニングには大きく分けて3種類存在します。

 

一つ目は、歯医者さんでホワイトニングの施術を受ける方法です。

この方法は、予算で言えば、歯1本につき約3,000円〜8,000円ほどの予算がかかりますが、評判の良い歯医者さんで行えば信頼は一番あります。

 

二つ目は、歯のホワイトニング専門の治療院で施術を受ける方法です。

この方法は、予算で言えば、ピンキリですが約30,000円〜果てしない額まで存在します。現代では、無料カウンセリングなどを実施している治療院もあるようなので特に心配する必要はありません。歯医者さんでこういった治療法を取り入れている場所もあるようですが、歯医者との大きな違いは実績です。虫歯の治療などは一切行わず、歯を白くする、歯をキレイにするということを専門に行っているわけですから実績と信頼は間違いありません。

 

興味のある方はコチラからどうぞ↓
1回の通院で輝く白い歯に!【ホワイトニング東京】

 

 

三つ目は、市販で販売されているホワイトニング促進製品を使用する方法です。

この方法は、実際に私が挑戦してみた方法ですが何より予算が安く済みます。1,000円代から購入できるものもありますので、気軽に挑戦できるのが良いところです。おそらく世の中に出ているホワイトニング促進製品の種類は何万種類とあると思います。

ドラッグストアなどに行くと分かりますが、ものすごい量の商品が並んでいますよね?

ぶっちゃけどれを選んで良いか分からないと思います。。。(泣)

 

ですが、面倒くさがりな私が妻に勧められた製品はコチラです↓
【30日間全額返金保証】モデルも愛用♪自宅で手軽に白い歯へ『ブラニカ』



このブラニカを使用してまだ2ヶ月ですが、既に白さがハッキリ分かっています。

普段から私は、喫煙の他にワインもたしなむのですが、赤ワインを飲むとやはり歯が汚れます。。。

しかし、このブラニカを使用してからは、宣伝以上に結果が出ていますので非常に満足しています。ここもまた写真付きで掲載したいところですが、私の歯の写真まで見たくないですよね?(笑)

興味のある方は是非挑戦してみてください。個人差があると思いますが、使用してから1ヶ月もしないうちに白さを体感できるかもしれません。

 

公式ページはコチラから↓
【30日間全額返金保証】モデルも愛用♪自宅で手軽に白い歯へ『ブラニカ』

 

まとめ

せっかく害の少ないiQOS(アイコス)に変えたのだから挑戦すべきです

以上が、『iQOS(アイコス)アイコスを始めた方必見!この機会に歯のホワイトニングを』になります。

これらの情報は、あくまで私個人的な意見と、個人で体験したことですので参考までにしてください。

しかし、せっかく紙巻タバコからiQOS(アイコス)に移行して、タール(ヤニ)とおさらばしたわけですから、安く購入できる市販のホワイトニング製品から挑戦してみてはいかがでしょうか?

歯が白くなると、気分的にも爽快で今まで以上に毎日が楽しく感じるはずです。

 

iQOS(アイコス)の人気記事

『iQOS(アイコス)』のデコシールがオシャレすぎる!

『iQOS(アイコス)』外出時におすすめのレザーケース!

『iQOS(アイコス)』味ムラをなくして快適に吸うコツ!

NEW『iQOS』エンボス加工のスキンシールが人気急上昇!?

 

 

スポンサーリンク