AspireのPOD型高機能VAPE「Spryte(スプライト)」レビュー!

AspireのPOD型高機能VAPE「Spryte(スプライト)」レビュー! VAPE(ベイプ)

本記事では、Aspire(アスパイア)のPOD型VAPE「Spryte(スプライト)」についてまとめています。

コイル交換式のPOD型VAPEは珍しく、コンパクトな割に大容量といった、初心者には非常に使いやすいVAPEです。

画像付きで詳しくレビューしていますので、VAPEをお探しの方は是非参考にしてください。

Spryte(スプライト)の特徴

Spryte(スプライト)の特徴は、下記になります。

  1. コイル交換式のPOD型VAPE
  2. コンパクトサイズなので持ち運びが簡単
  3. 咥え心地、触り心地が抜群
  4. VAPE初心者におすすめ
  5. エアフロー調節機能あり
  6. 2種類のコイルが付属
  7. リキッドタンクが大容量

吸い心地は当然ながら良いのですが、特に私が推すべき特徴はコンパクトなところと、リキッドタンクが大容量なところです。

VAPEは手軽さゆえに吸い過ぎてしまう時があるのですが、リキッドタンクが小さいと1日に何度もリキッドの補充が必要になります。

しかし、Spryteならリキッドタンクが3.5mlと、一般的なPOD型VAPEに比べて容量が大きいので手間が省けます。

販売ページはこちら▼
Spryteスターターキット【Aspire】

Spryte(スプライト)レビュー

それではここからは、AspireのPOD型VAPE「Spryte(スプライト)」を詳しくレビューしていきます。

Spryte(スプライト)レビュー1

まず、Spryte(スプライト)のスターターキットを購入すると、

  1. Spryte本体
  2. コイル×2個(1.2Ω・1.8Ω)
  3. マイクロUSB充電ケーブル
  4. 交換用Oリング
  5. ポッド用キャップ(予備)
  6. 取扱説明書(英語)

上記一式が付属しています。

日本語版のマニュアルが付属していない点はちょっと残念ですが、使い方は非常に簡単なのでご安心ください。

 

Spryte(スプライト)本体のイメージはこちら↓

Spryte(スプライト)レビュー2

いかがですか?手のひらに収まるサイズとまではいきませんが、コンパクトなのが分かりますね。

またSpryte本体の形状が斜めに設計されているので、質感共に持ちやすいです。

 

Spryte(スプライト)レビュー4

吸い口部分は細くて薄めの形状になっているので、吸引しやすいです。

例えるなら、プルームテックの純正マウスピースに似た感触ですね。

 

Spryte(スプライト)レビュー5

そして底面には、マイクロUSB充電ケーブル対応の充電口が付いています。

急速充電には対応していませんので、必ず1Aのものを使用しましょう。

 

Spryte(スプライト)の使い方

では次に、Spryte(スプライト)の使い方を解説していきます。

Spryte(スプライト)の使い方

本体側面にパワーボタンがあるのですが、基本操作はこのボタン一つで全て済みます。

【電源ON】
パワーボタンを素早く5回押す
※LEDが3回点滅

【電源OFF】
パワーボタンを素早く5回押す
※LEDが3回点滅

【吸引方法】
パワーボタンを押しながら吸引する

Spryteも他のVAPEと同様に、使い方は非常に簡単です♪

販売ページはこちら▼
Spryteスターターキット【Aspire】

コイルの装着方法・リキッドの注入方法

続いて、Spryte(スプライト)のコイルの装着方法と、リキッドの注入方法を解説していきます。

Spryte(スプライト)セッティング・リキッド注入方法1

上記画像がSpryteの分解図になりますが、コイルの交換作業とリキッドの注入作業は、真ん中のリキッドタンク部分をいじります。

 

リキッドタンクを逆さにしたイメージはこちら↓

Spryte(スプライト)セッティング・リキッド注入方法2

シルバープラグの部分がコイル交換部分、オレンジのシリコンプラグがリキッドの注入部分です。

 

Spryte(スプライト)セッティング・リキッド注入方法3

コイルを装着する際には、シルバーのプラグを外します。

 

Spryte(スプライト)セッティング・リキッド注入方法4

プラグ部分にコイルを装着し、リキッドタンクに戻したらコイルの装着は完了です。

 

Spryte(スプライト)セッティング・リキッド注入方法5

ちなみにスターターキットを購入した際には、2種類のコイルが付属しています。

【1.8Ωコイル】
リキッドの味が濃く感じ、水蒸気の量は少なめなので、フレーバー系のリキッドにおすすめ

【1.2Ωコイル】
リキッドの味が薄く感じ、水蒸気の量は多めなので、タバコ味やメンソール系のリキッドにおすすめ

 

Spryte(スプライト)セッティング・リキッド注入方法9

Spryteはエアフロー調節機能があるので、上記を参考にお好みで選んでいきましょう。

 

Spryte(スプライト)セッティング・リキッド注入方法6

Spryteにリキッドを注入する際には、オレンジのシリコンプラグを外します。

上記画像の赤丸部分がリキッド注入口です。

 

Spryte(スプライト)セッティング・リキッド注入方法7

リキッドタンク自体の容量が3.5mlと大きいので、想像以上にリキッドが入ります。

 

Spryte(スプライト)セッティング・リキッド注入方法8

リキッドの注入量はお好みですが、だいたい7分目〜8分目で良いと思います。

これでリキッドの注入は完了となりますが、コイルにリキッドが染み込むまで5分程度放置してから使用してください。

私も経験があるのですが、リキッド注入後すぐに利用したことで、コイルが焦げつき1回でダメにした経験があります。

焦らず10分くらい放置してからでも良いくらいです(笑)

 

Spryte(スプライト)を実際に吸った感想

そして肝心の、Spryte(スプライト)を実際に吸った感想を掲載していきます。

 

まずリキッドの味の出方や水蒸気量は、POD型VAPEの領域を超えている感覚です。もはや「ザ・ベイプ」と言っても間違いではないと私個人的には思います。

ただし、これはあくまでVAPE初心者〜中級者に向けての意見です。VAPE上級者には物足りなさを感じてしまうかもしれませんので、外出用で使う分には水蒸気の量も丁度良いかもしれませんね。

また吸い心地とは別に、本体のデザイン、材質、重量感、これらは文句の付け所はありません。

特に咥えた際のフィット感が癖になり、気付けば何度も吸ってしまいますね♪

 

Spryte(スプライト)の製品詳細

Spryte(スプライト)の製品詳細
製品名 Spryte(スプライト)
ブランド名 Aspire
価格 4,280円(税込)
サイズ 48×124×30mm
バッテリー容量 650mAh
リキッド容量 3.5ml
対応充電器 1Aまで

販売ページはこちら▼
Spryteスターターキット【Aspire】

まとめ

以上が、AspireのPOD型高機能VAPE「Spryte(スプライト)」レビュー!になります。

いかがでしたか?今回ご紹介したSpryte(スプライト)は、味わいだけでなく使い勝手も非常に良い商品です。

特に10月以降は加熱式タバコも値上げが実施されていますので、加熱式タバコからVAPEに切り替えても良いですし、節煙の為にSpryteのようなPOD型VAPEを併用しても良いと思います。

ご興味のある方は、是非下記販売ページも覗いてみてくださいね♪

販売ページはこちら▼
Spryteスターターキット【Aspire】

TARLESS(ターレス)レビュー!初心者向けVAPEなので使い方が超簡単!

2018.10.05

JUSTFOG(ジャストフォグ)C601レビュー!性能や使い方まとめ

2018.08.31

初心者に超オススメ!EasyVAPE RAINBOW(レインボー)レビュー!

2018.05.08