喫煙者に話題沸騰中の『iQOS(アイコス)』。火を使わない、灰が出ない、ニオイが少ないのキャッチフレーズでおなじみのiQOS(アイコス)ですが、新感覚のたばこであるが故に、喫煙マナーに戸惑う方もいるかもしれません。今回は、iQOS(アイコス)の喫煙マナーとハワイなどの海外で吸う際の注意点について掲載していきます。

 

『iQOS(アイコス)』を吸う際の喫煙マナー

外出時に『iQOS』を吸う場合はどうしたらいいの?

iQOS加熱式タバコ

喫煙者に話題沸騰中の火を使わない、灰が出ない、ニオイが少ないでおなじみの『iQOS(アイコス)』

従来の紙巻たばこと異なるのは、ライターが不要、吸い殻が汚れない、副流煙が限りなくゼロに近いという点です。しかし、そんな新感覚の『iQOS(アイコス)』ですが、外出時にはどのように喫煙すれば良いのでしょうか?

基本的には、「加熱式たばこ」ですので、紙巻たばこを喫煙するのと何ら変わりはありません。

周りに迷惑をかけないからと言って、どこでも吸っていいわけではありません喫煙禁止エリアで『iQOS(アイコス)』を喫煙した場合は、紙巻たばこ同様、罰金などの処罰を下されます

『iQOS(アイコス)』を外出時に喫煙する場合には、しっかりと喫煙マナーを守って喫煙するようにしましょう。

 

 

ハワイなどの海外で『iQOS(アイコス)』を吸う際の注意点

夢と自由と僕

日本国内では、『iQOS(アイコス)』は、紙巻たばこ同様の扱いを受けますので、喫煙禁止エリアで喫煙した場合、罰金などの処罰を下されるということは前項でご理解頂けたかと思いますが、これはハワイなどの海外で『iQOS(アイコス)』を吸う際も同様だと言えます。

特に、ハワイでは喫煙ルールが非常に厳しい場所ですので、紙巻たばこ同様『iQOS(アイコス)』を吸う際は、所定の喫煙場所で吸うようにしましょう。

しかし、ホテルなどのプライベート空間では、実際のところ個人によって意見が異なるようです。

旅先のハワイのホテルで、禁煙ルームに宿泊する際、本来であれば室内で喫煙することは固く禁じられております。ですが、『iQOS(アイコス)』は、本来のたばこのニオイがしませんので、室内で吸っても問題はないような気がします。

 

※ハワイで、『iQOS(アイコス)』ならホテルの部屋内で吸ってもOKという了解を得たホテルもあるようです。

 

あくまで個人的な意見ですが、ホテルのスタッフに聞けば問答無用で『NG』と言われるでしょうが、窓を開けて『iQOS(アイコス)』を吸えば問題ないような気がします。

大人のマナーで考えるのであれば、しっかりとした喫煙場所で吸うのが理想ですが、個人の意思で考えて行動してください。

何度も言いますが、『iQOS(アイコス)』は「たばこ」です。喫煙の際には、喫煙マナーと喫煙ルールを守りましょう

 

ハワイでの喫煙事情についての記事はコチラ↓
ハワイで喫煙する場合は、吸う場所に注意!違反者には罰金が!?

 

 

スポンサーリンク

 

 

『iQOS(アイコス)』を吸う際の注意点まとめ

以上が、『iQOS(アイコス)』をハワイなどの海外で吸う際の注意点になります。

上記でも言いましたが、『iQOS(アイコス)』は「たばこ」ですので、外出時に喫煙する場合には、喫煙マナーと喫煙ルールを守って吸うようにしましょう。

 

 

『iQOS(アイコス)』の人気記事

『iQOS(アイコス)』のクーポンを使った購入方法と感想!

iQOS(アイコス)の使い方とヒートスティックのタールについて

『iQOS(アイコス)』ヒートスティックの種類は全4種類!

『iQOS(アイコス)』外出時におすすめのレザーケース!

 

 

スポンサーリンク