アイコス(加熱式たばこ)をハワイなどの海外に持ち込み、吸う際の注意点

アイコス(加熱式たばこ)をハワイなどの海外に持ち込み、吸う際の注意点

喫煙者に話題の加熱式たばこ「IQOS(アイコス」。

火を使わない、灰が出ない、ニオイが少ないのキャッチフレーズでおなじみのIQOS(アイコス)ですが、新感覚のたばこであるが故に、喫煙マナーに戸惑う方も多いようです。

そこで本記事では、IQOS(アイコス)の喫煙マナーとして、加熱式たばこをハワイなどの海外に持ち込み、または吸う際の注意点について掲載していますので、是非参考にしてくださいね。

IQOSなどの加熱式たばこを外出時に吸う場合はどうしたらいいの?

加熱式たばこの『IQOS(アイコス)』は、新感覚の加熱式たばことは言え、従来からある紙巻たばこと同じ扱いになります。

外出時に喫煙する際には、所定の喫煙場所でしか吸うことは出来ません。

例えば、買い物などに出かけた際には、建物内外にある喫煙所でしかIQOS(アイコス)を吸うことは出来ません。

また飲食店では、禁煙ルームではIQOS(アイコス)を吸うことは禁じられているケースがほとんどですし、ホテルなどの禁煙ルームも同じ事が言えます。

基本的には「加熱式たばこ」と言っても、紙巻たばこを喫煙するのと何ら変わりはありませんので、喫煙禁止エリアでIQOS(アイコス)を喫煙した場合は、紙巻たばこ同様に罰金などの処罰を下されます。

ちなみにですが、私の知人で喫煙禁止エリア(駅周辺)でIQOS(アイコス)を吸った際に、罰金を受けた方もいますので注意してくださいね。

IQOS(アイコス)などの加熱式たばこを外出時に喫煙する場合には、しっかりと喫煙マナーを守って喫煙するようにしましょう。

ハワイなどの海外でIQOS(アイコス)を吸う際の注意点

次に、海外旅行などに行った際、特に日本人観光客の多いハワイなどの海外でIQOS(アイコス)などの加熱式たばこを吸う際の注意点についてご説明していきます。

日本国内ではIQOS(アイコス)は紙巻たばこ同様の扱いを受けますので、喫煙禁止エリアで喫煙した場合は罰金などの処罰を下されるということは十分ご理解頂けたかと思いますが、これはハワイなどの海外でIQOS(アイコス)を吸う際も同様です。

特にハワイは喫煙ルールが非常に厳しい場所ですので、紙巻たばこ同様にIQOS(アイコス)を吸う際は、所定の喫煙場所内で吸うようにしましょう。

しかし、ホテルなどのプライベート空間では、実際のところ個人によって意見が異なるようです。

旅先のハワイのホテルで禁煙ルームに宿泊する際、本来であれば室内で喫煙することは固く禁じられていますが、IQOS(アイコス)は、本来のたばこのニオイがしませんので、室内で吸ってもバレないと言えばバレません。

中には、「IQOS(アイコス)ならホテルの部屋内で吸ってもOK」と掲げているホテルもあるようですので、まずはホテルのフロント、あるいは予約する段階で確認しておいた方が良いと思います。

何度も言いますがIQOS(アイコス)は「たばこ」です。喫煙の際には、喫煙マナーと喫煙ルールをしっかり守りましょう。

まとめ

まとめになりますが、加熱式たばこのIQOS(アイコス)は、結局のところはタバコですので、禁煙エリアでの喫煙は一切禁止されているのが現状です。

ですが、中には「IQOS ONLY」というように、IQOS(アイコス)なら喫煙してもOKという場所がここ最近で増えているようにも感じます。

特に飲食店などで見受けられますが、気になる方は事前に確認しておいた方が良いと思います。

あくまで私個人的な意見ですが、確かに非喫煙者からすれば紙巻たばこも加熱式たばこも同じだとは思います。

しかし、IQOS(アイコス)ユーザーとしては、紙巻たばこのスペースで吸わされるのは正直嫌な気持ちにもなります…(泣)

今後世の中が加熱式たばこに対しての考えを改めてくれれば良いですが、まぁ難しいでしょうね…

アイコスにおすすめの「携帯灰皿」特集!ポイ捨て禁止は大人のマナーです アイコスにおすすめの「携帯灰皿」特集!ポイ捨て禁止は大人のマナーです アイコス純正携帯灰皿『クリップオントレイ』画像1 アイコスの純正携帯灰皿『IQOSクリップオントレイ』レビュー! ハワイで喫煙する場合は、吸う場所に注意!違反者には罰金が!? ハワイで喫煙する場合は、吸う場所に注意!違反者には罰金が!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください