当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

glo hyper X2(グロー・ハイパー・エックス・ツー)レビュー!他社デバイスとの比較など

glo hyper X2(グロー・ハイパー・エックス・ツー)レビュー!他社デバイスとの比較など

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、加熱式たばこglo(グロー)の最新デバイス「glo hyper X2(グロー・ハイパー・エックス・ツー)」をレビューしています。

僕もオンラインですが、先日行われた新デバイス発表会に参加させて頂くことが出来ました。

glo hyper X2発売イベント

基本操作は従来からあるgloとほぼ同じですが、デバイスが全く新しいデザインへと刷新されており、加熱式ユーザーの購入意欲を刺激するようなデバイスだと個人的には思いました。

以下、画像多めで詳しくレビューして参りますので、これから購入予定の方は是非参考にしてくださいね!

【悲報】glo hyperX2の全国販売が延期・オンラインショップの販売も停止されるみたい【悲報】glo hyperX2の全国販売が延期・オンラインショップの販売も停止されるみたい

glo hyper X2製品レビュー

それでは、gloの新型デバイス「glo hyper X2(グロー・ハイパー・エックス・ツー)」をレビューして参ります。

まずは、glo hyper X2のスペック表をご覧ください。

glo hyper X2のスペック表

製品名glo hyper X2
サイズH77.5×W43.3×21.4mm
重量約102g
喫煙時間通常モード:4分
ブーストモード:3分
加熱時間通常モード:20秒
ブーストモード:15秒
加熱温度通常モード:250°
ブーストモード:270°
充電時間約3時間
充電規格5V1A
バッテリー容量3,250mAh
連続使用回数約20回
デバイス価格・公式オンラインショップ:税込1,480円+送料
・全国のgloストア、全国のコンビニ等:税込1,980円
デバイスカラー・ミントブルー
・メタルブラック
・メタルオレンジ
・ホワイトゴールド
・ブラックレッド

続いて、glo hyper X2の製品イメージをご覧ください。

glo hyper X2製品レビュー-パッケージ

▲glo hyper X2のパッケージ

glo hyper X2製品レビュー-パッケージ開封

▲glo hyper X2パッケージ開封

glo hyper X2製品レビュー-同梱物

▲glo hyper X2の同梱物

glo hyper X2製品レビュー-デバイス正面

▲glo hyper X2のデバイス正面イメージ

glo hyper X2製品レビュー-デバイス上部

▲glo hyper X2のデバイス上部

glo hyper X2製品レビュー-デバイス側面

▲glo hyper X2のデバイス側面

ささっとglo hyper X2のデバイスイメージをご紹介しましたがいかがでしょうか?

全体的なフォルムは従来のgloと変わらないですが、たばこスティックの挿入部分がメタル素材の筒状になっていてオシャレですよね…♪

従来のglo Hyper+から変わった点は、以下になります。

  • サイドパネルからセパレート風デザインに
  • スライドカバーからシャッタードアに
  • LEDインジケーターが独立した
  • 加熱ボタン1個から加熱ボタン2個に
  • 底部のクリーニング部分がフラップからクルクルドアに

ユーザーとして一番嬉しい機能は、通常モードとブーストモードの加熱ボタンが別になったことですかね。

今までは長押し、または長めの長押しで少々分かりにくい部分もありましたが、glo hyper X2は通常モード用とブーストモード用のボタンが別なので間違えることなくとても分かりやすい設計になっています。

また、従来のgloのLEDインジケーターは加熱ボタンのところに搭載されていましたが、glo hyper X2は上部に独立して搭載されたのでとても見やすいです。

これは大幅にアップグレードされた「全く新しいglo」と言っても過言ではないでしょう!

glo hyper X2とglo Hyper+の比較

glo hyper X2とglo Hyper+の比較

▲glo hyper X2とglo Hyper+の比較イメージ

製品名glo hyper X2glo Hyper+
サイズH77.5×W43.3×21.4mmH83×W46×22mm
重量約102g約111g
喫煙時間通常モード:4分
ブーストモード:3分
加熱時間通常モード:20秒
ブーストモード:15秒
加熱温度通常モード:250°
ブーストモード:270°
充電時間約3時間約3時間30分
充電規格5V1A
バッテリー容量3,250mAh
連続使用回数約20回

実は新型デバイスのglo hyper X2と従来機種のglo Hyper+は、そこまで驚くほどの性能差はありません。

若干サイズ、重量が小型化され、充電時間が少し短縮されただけで、その他の性能は同じです。

glo Hyper+(グローハイパー・プラス)レビュー!実際に吸ったらヤバかった件glo Hyper+(グローハイパー・プラス)レビュー!実際に吸ったらヤバかった件

 

glo hyper X2の使い方は旧デバイスとほぼ同じ

glo hyper X2の使い方は旧デバイスとほぼ同じ

▲glo hyper X2の加熱イメージ

glo hyper X2の加熱ボタン

▲glo hyper X2のLEDや加熱ボタンなど

上述したように、glo hyper X2は通常モードとブーストモードの加熱ボタンが別になりました。

上の小さい方のボタンがブーストモード、下の大きい方のボタンが通常モードです。

基本的に使い方はほぼ同じなので割愛させて頂きますが、加熱式ユーザーなら違和感なく使いこなせると思います。

glo hyper X2はクリーリングブラシが重要

glo hyper X2は、クリーニングブラシが変わった作りになっています。

ブラシの逆面が鍵のようなパーツになっていて、glo hyper X2の底面にあるクルクルドアを外すパーツになっています。

glo hyper X2はクリーリングブラシが重要

▲glo hyper X2のクリーニングブラシ

glo hyper X2のクリーリングブラシ使い方1

▲glo hyper X2の底面

glo hyper X2のクリーリングブラシ使い方2

▲溝にはめてクリーニング用ドアを外す

glo hyper X2のクリーリングブラシ使い方3

▲クリーニングブラシを使って掃除する

この辺は賛否両論さまざまな意見が飛び交いそうですが、個人的には従来のフラップ式でも良かったのかなといった感じですかね。

そもそもクリーニングブラシを持ち歩くのは面倒ですし…(汗)

glo hyper X2を実際に使って吸ってみた感想

glo hyper X2を実際に使って吸ってみた感想

glo hyper X2を4日間ほど使い倒して感じた実際に吸ってみた感想としては、良くも悪くもgloでした…。

決してネガティブな意見ではなく、他社デバイスに寄せることはせず、glo本来の仕様を生かした性能と言えば分かりやすいですかね。

吸い応え自体は、glo Hyper+との変化はなくほぼ同じです。

他社デバイスよりも水蒸気量が多く吸い応えがあり、税込1,980円と手頃な価格で購入できる点はgloならではの強みです。

あえてglo hyper X2の欠点を言うなら、たばこスティックを挿入するメタル素材の部分が、驚くほどに高温になるので間違えると火傷してしまう可能性もあるのでは?と個人的には感じました。

1本吸う分には問題ありませんが、チェーンスモークをするとけっこうやばいです…(汗)

ただ、これだけ世間では物価が高騰しているにも関わらず、税込1,980円でキットが購入できることを考えれば、これ以上にないユーザーを第一に考えた製品であることは間違いないですね。

glo hyper X2と他社デバイスの比較

現状他社デバイスをご利用されている方の為にも、glo hyper X2と他社デバイスの比較表を作ってみましたので、今後乗り換え予定の方は是非参考にしてみてください。

glo hyper X2とIQOSイルマワンを比較

glo hyper X2とIQOSイルマワンを比較

製品名glo hyper X2IQOSイルマワン
サイズH77.5×W43.3×21.4mmH121.6×W30.6×16.4mm
重量102g68.5g
喫煙時間通常モード:4分
ブーストモード:3分
14回吸引、または6分
加熱時間通常モード:20秒
ブーストモード:15秒
20秒
充電時間約3時間約1時間30分
連続使用回数約20回約20回
価格税込1,980円税込3,980円
MEMO
2022年7月25日時点の情報です。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。
一体型モデル「IQOSイルマワン」レビュー!2022年最強のデバイスかもしれない一体型モデル「IQOSイルマワン」レビュー!2022年最強のデバイスかもしれない

glo hyper X2とプルームエックスを比較

glo hyper X2とプルームエックスを比較

製品名glo hyper X2プルームエックス
サイズH77.5×W43.3×21.4mmH88.5×W43.5×24.0mm
重量102g95g
喫煙時間通常モード:4分
ブーストモード:3分
5分間
加熱時間通常モード:20秒
ブーストモード:15秒
25秒
充電時間約3時間約1時間50分
連続使用回数約20回約20回
価格税込1,980円税込3,980円
MEMO
2022年7月25日時点の情報です。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。
PloomX(プルームエックス)実機レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説PloomX(プルームエックス)実機レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説

glo hyper X2の発売日と購入方法

glo hyper X2の発売日と購入方法

glo hyper X2は、先行販売を含めると2022年7月21日(木)から販売が開始されていますが、全国のコンビニ等で販売が開始されるのは2022年8月15日(月)からとなります。

2022年8月12日追記

glo hyper X2の全国販売は、2022年10月上旬に延期されるそうです。また、既に販売が開始されていた全国のgloストアや公式オンラインショップの販売は一旦停止され、同様に2022年10月上旬に再開される見込みです。

詳しくは「【悲報】glo hyperX2の全国販売が延期・オンラインショップの販売も停止されるみたい」にて解説していますので併せてご覧ください。

2022年7月21日(木)よりglo公式サイトの会員限定で先行販売開始

まずは、2022年7月21日(木)〜24日(日)の期間限定で、glo公式サイトの会員限定(Bラウンジ)にて先行販売が開始されています。

ミントブルー、メタルブラック、メタルオレンジ、ホワイトゴールド、ブラックレッドの全カラーから選択可能です。

ただし、Bラウンジのステイタスがシルバーランク、及びゴールドランク以上の方が対象となっており、ブルーランクの方は対象外となっていますので注意が必要です。

また、10,000台の数量限定販売となっていますので、ご希望の方はお早めにどうぞ。

2022年7月25日(月)より全国のgloストア、公式オンラインショップにて販売開始

続いて、2022年7月25日(月)より、全国のgloストア、及び公式オンラインショップにて販売が開始されます。

デバイスカラー発売日
ミントブルー7月25日(月)〜
メタルブラック7月25日(月)〜
メタルオレンジ8月1日(月)〜
ホワイトゴールド8月8日(月)〜
ブラックレッド8月15日(月)〜

デバイスカラーによって発売日が異なります。

また、gloストアに関しては税込1,980円ですが、公式オンラインショップに関しては税込1,480円+送料です。

公式オンラインショップの方が安い?と思いきや、別途送料で570円(離島は除く)掛かりますので、実質2,050円掛かります。

差額は70円程度ですが、実店舗の方が安く購入することが出来ます。

2022年8月15日より全国のコンビニ等で販売開始

続いて、2022年8月15日(月)より、全国のコンビニエンスストア、及び一部たばこ販売店にて販売が開始されます。

ただし、コンビニ等ではいわゆる定番カラーのミントブルーとメタルブラックのみの販売となりますので、公式ショップ限定カラーは販売されませんのでご注意ください。

まとめ

まとめになりますが、遂にgloの新型デバイス「glo hyper X2(グロー・ハイパー・エックス・ツー)」が発売されましたね!

従来デバイスのglo Hyper+との性能差はそこまでないですが、デバイスのデザインが刷新され、近未来を彷彿させるようなデザインへと変貌しています。

価格も税込1,980円と安く、他社デバイスよりも遥かに安く購入できるので、紙巻から乗り換えるには十分過ぎるデバイスだと思います。

8月15日以降は全国のコンビニ等でも手軽に購入できるようになりますので、この機会に是非購入してみましょう!

以上、本記事も最後までご覧頂きありがとうございました。

gloのラッキーストライクからメンソール2銘柄が発売!5/16より全国にてgloのラッキーストライクからメンソール2銘柄が発売!5/16より全国にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください