当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

【加熱式たばこ各社値上げ後の価格一覧】2020年10月よりタバコ増税で1箱約50円の値上げか?

【加熱式たばこ各社値上げ後の価格一覧】2020年10月よりタバコ増税で1箱約50円の値上げか?

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、2020年10月に予定されている「タバコ増税における値上げ」についてまとめています。

主に加熱式たばこに限定して、各社値上げ後の価格を一覧にして掲載しておりますので是非ご覧ください。

2020年10月1日(木)よりタバコ税増税に付き1箱あたり約50円値上げか?

2020年10月1日(木)より、タバコ税増税に付き加熱式たばこも値上げ対象となっています。

2020年8月4日時点では、Ploom製品を販売するJTのみ発表されている状況ですが、近々IQOSを販売するフィリップモリス・ジャパン、gloを販売するブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンからも正式に発表されるでしょう。

ちなみに、今回も1箱あたり約50円の値上げが予定されていますので、各社500円以上の価格設定は免れない状況です。

また、2018年に公開した「加熱式タバコが値上げ確実?各社30円以上の値上げで1箱約500円に!」では、2022年までに1箱560円以上になるのでは?と予想していたのですが、当初の予想よりも2年ほど繰り上げて価格が上がることになります。

あくまで予想ですが、2022年10月頃には1箱600円を超えてもおかしくはありません。

加熱式たばこ各社の値上げ後の価格一覧

ではここからは、2020年10月1日(木)からの値上げ後の価格を一覧にして記載していきます。

プルームテック系が1箱当たり50円の値上げ、アイコス系が1箱当たり30円の値上げ、glo系が1箱当たり20円の値上げとなっています。

Ploom製品の値上げ後の価格(ほぼ確定)

銘柄値上げ前値上げ後
【PloomTECH】
メビウス490円(税込)540円(税込)
ピアニッシモ490円(税込)540円(税込)
【PloomTECH+】
メビウス500円(税込)550円(税込)
【PloomS】
メビウス490円(税込)540円(税込)
キャメル460円(税込)500円(税込)

IQOS製品の値上げ後の価格(予想)

銘柄値上げ前値上げ後
マールボロ520円(税込)550円(税込)
マールボロ・ディメンションズ530円(税込)560円(税込)
ヒーツ470円(税込)500円(税込)

glo製品の値上げ後の価格(予想)

銘柄値上げ前値上げ後
【glo hyper】
ケント470円(税込)480円(税込)
ネオ500円(税込)520円(税込)
【glo pro・glo nano】
ケント460円(税込)480円(税込)
ネオ500円(税込)520円(税込)
【glo sens】
ネオ500円(税込)520円(税込)

2022年には1箱600円を超える可能性も

しかし、遂にタバコ1箱500円以上の時代が来てしまいましたね…(汗)

あくまで僕個人的な考察ですが、2022年には1箱600円を超える可能性もゼロではないと思います。

最近は喫煙者に対しての扱いもかなり厳しくなり、今後も喫煙できる場所が徐々になくなってしまうと思いますし…。

また、タバコ1箱あたりの税金はおおよそ販売価格の約42%なので、600円ともなると約250円の税金を納めることになります。

特に、今回の新型コロナウイルスに対する国の対応を考えると、個人的には無駄に税金を納めたくないという気持ちもありますので、できるだけ早く「脱・タバコ」を検討していかなければならないのかなぁと考えてしまいます。

ぶっちゃけタバコは、無駄なお金以外何ものでもありませんからね…(汗)

皆さんも値上げを機に禁煙に挑戦するのもありだと思いますよ…♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

×