当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

加熱式タバコが値上げ確実?各社30円以上の値上げで1箱約500円に!

加熱式タバコが値上げ確実?各社30円以上の値上げで1箱約500円に!

本記事では、2018年10月より予定されている「加熱式タバコの値上げ」についてまとめています。

主に、IQOS(アイコス)、glo(グロー)、PloomTECH(プルームテック)における、値上げ後の価格について詳しく掲載しておりますので是非ご覧ください。

最新型IQOS3とIQOS3 MULTIが発売決定!特徴や価格まとめ アイコスの「HETTS」4種類をレビュー!30円安くても味はまぁまぁ! アイコスの「HETTS」4種類をレビュー!30円安くても味はまぁまぁ!

アイコス・グロー・プルームテックが値上げ確実!

2018年10月より、IQOS(アイコス)、glo(グロー)、PloomTECH(プルームテック)などの加熱式タバコにおいて、「値上げ」がほぼ確実という情報が出回っています。

厳密に言うと「加熱式タバコ各社が財務省に値上げ申請を提出した」というのが正しいのですが、よほどのことがない限り申請は受理されると思います。

加熱式タバコ各社の値上げ後の価格は下記になります。

IQOS値上げ前値上げ後
ヒートスティック460円500円

アイコスヒートスティックについてはこちら
ヒートスティックの種類と味

glo値上げ前値上げ後
ネオスティック420円460円
KOOL450円490円
NEO450円490円

グローネオスティックについてはこちら
ネオスティックの種類と味
ネオスティックKOOL
NEO(ネオ)の種類と味

PloomTECH値上げ前値上げ後
カプセル460円490円

プルームテックカプセルについてはこちら
たばこカプセルの種類と味
新フレーバー「ミックスグリーン(梨)」

プルームテックは1箱あたり30円の値上げとなりますが、アイコスとグローは1箱あたり40円の値上げとなります。

いよいよタバコ1箱500円の時代が到来といった感じですね。

なぜ加熱式タバコは値上げされるの?

ちなみに皆さん、なぜ加熱式タバコが値上げされるのかをご存知ですか?

加熱式タバコは紙巻タバコ同様に、「タバコ税」という税金が課せられています。

以前公開した「アイコスのヒートスティックが40円値上げ!10月から1箱500円だってさ」でも記載していますが、タバコ1箱に付き約200円の税金が含まれています。

2018年10月のアイコスの税額は、約210円になります。10月以降は1箱500円になるので、1箱あたり42%が税金という計算になります。

この税金は、政府が定期的に税額を上げているのですが、税金が上がる度に販売各社も値上げせざるを得ない状況になっているのです。

ですので、アイコスやグロー、プルームテックなどの加熱式タバコ各社が悪いのではなく、政府が原因で値上げするしかないというのが真実となります。

現在予定されている加熱式たばこの値上げ幅

また、現在予定されている加熱式タバコの値上げ幅は下記になります。

値上げ一覧アイコスの税額販売予想額
2018年7月約192円460円
2018年10月約210円500円
2022年10月約270円560円以上

今後5年間で段階的に値上げが実施される予定ですが、2022年には1箱あたり約270円の税額になります。

現段階ではあくまで予想ですが、2022年以降加熱式タバコ1箱あたりの販売価格は、最低でも560円以上になることが予想されます。

ここまで値段が上がると、もはや万人が吸えるものではなくなりますね。。。汗

ただ皆さん、今回の値上げにおいて見逃しちゃいけないことがあります。

それは1箱あたり20円の値上げにも関わらず、各社とも30円以上の値上げを実施することです。

増税以上の値上げをするのには何か意味があるのかもしれませんが、『はいそうですか』と納得のいくことでもありませんよね。

まぁ当初の予定よりも加熱式タバユーザーが飛躍的に増えたこと、それと同時に本体価格の値下げ合戦が影響しているのだと思いますが、益々禁煙するユーザーが増えるのでは?と私は思います。

10月以降の値上げ実施で年間コストは18万円に!

2018年10月以降、加熱式タバコの値上げの影響で、ユーザーの年間コストは約18万円に上がります。

2018年10月以降

1箱500円×365日=年間182,500円

2022年にはおよそ560円以上になることが予想されますので、

2022年以降

1箱560円×365日=年間204,400円

上記の年間コストがかかる計算になります。

以前もこの内容に似た記事を公開していますが、年間20万円はちょっとやばいですよね(汗)

5年も吸えば100万円を消費することになりますので、豪華な海外旅行費用にまでなってしまいます。

だからこそ最近は、紙巻タバコや加熱式タバコをやめてVAPEに乗り換えている方が急増しているんでしょうね。

どうでしょう。。。そろそろ私も本格的にタバコをやめてVAPEにしようかな。。。笑

値上げ前に検討しよう!VAPE(ベイプ)のコスト・メリットまとめ 値上げ前に検討しよう!VAPE(ベイプ)のコスト・メリットまとめ

まとめ

以上が、加熱式タバコが値上げ確実?各社30円以上の値上げで1箱約500円に!になります。

まとめになりますが、今回10月に予定されている値上げの影響で、加熱式タバコ1箱あたり約30円以上の値上げとなります。

アイコスは1箱500円、グローなら1箱460円と490円、プルームテックは1箱490円とおおよそ1箱500円になります。

2022年には更なる値上げが予想されますので、禁煙あるいはVAPEへの乗り換えは今がチャンスです♪

別記事にてオススメのVAPEをご紹介していますので、下記リンクも合わせてご覧ください。

初心者必見!99%失敗しないVAPE(ベイプ)の選び方【電子タバコ】 初心者必見!99%失敗しないVAPE(ベイプ)の選び方【電子タバコ】
×