当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

IQOS ILUMAシリーズとIQOS3シリーズを徹底比較!イルマはここまで進化した

IQOS ILUMAシリーズとIQOS3シリーズを徹底比較!イルマはここまで進化した

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、新型デバイスのIQOS ILUMA(アイコス・イルマ)シリーズと旧型デバイスのIQOS3(アイコス・スリー)シリーズを徹底比較しています。

2021年9月13日時点では、IQOS ILUMAシリーズが全2種類(IQOS ILUMA・IQOS ILUMA PRIME)、IQOS3シリーズが全2種類(IQOS3 DUO・IQOS3 MULTI)の全4デバイスが販売されています。

今後購入される方は、是非参考にしてくださいね!

IQOS ILUMAシリーズとIQOS3シリーズ比較

まずは、IQOS ILUMAシリーズとIQOS3シリーズの比較を一覧にしてみましたのでご覧ください。

▼スマホ閲覧時は横にスクロールできます▼

IQOS ILUMAIQOS ILUMA PRIMEIQOS3 DUOIQOS3 MULTI
価格(税込)8,980円12,980円6,980円4,980円
たばこスティック
価格(税込)
テリア550円マールボロ550円
ヒーツ500円
値上げ後(税込)テリア580円マールボロ580円
ヒーツ530円
銘柄数テリア11銘柄マールボロ15銘柄
ヒーツ11銘柄
デバイスカラー全5色全4色
カスタマイズ性ドアカバー・リングラップカバー・リングドアカバー・キャップキャップ
加熱時間約20秒
喫煙可能時間14回・または約6分
連続使用回数2回10回
充電時間135分120分75分
総重量147g171.5g130g50g
サイズH121.5mm
W47.0mm
D23.4mm
H117.2mm
W44.7mm
D22.2mm
H114.7mm
W46.3mm
D22.8mm
H119.2mm
W25.4mm
D15.1mm
保証期間通常6ヶ月
製品登録後12ヶ月
MEMO
2021年9月13日時点の情報です。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
IQOS ILUMAのたばこスティック「TEREA(テリア)」は全11種類!おすすめの銘柄は?IQOS ILUMAのたばこスティック「TEREA(テリア)」は全11種類!おすすめの銘柄は?

 

アイコスのたばこスティックは全22種類!おすすめのフレーバーはどれ?アイコスのたばこスティックは全23種類!おすすめのフレーバーはどれ?

IQOS3 DUOの特徴

IQOS3 DUOの特徴

IQOS3 DUO(アイコス・スリー・デュオ)は、アイコスで初めて2本吸いができるようになったデバイスです。

それまでは1本おきに充電する必要があったのですが、連続吸引ができる他社デバイスや、互換デバイスに劣っていた部分が改善された感じですね。

また、現状最もユーザー数の多いデバイスで、新型デバイスのIQOSイルマを購入されていないアイコスユーザーのほとんどが使用していると思います。

加熱ブレードあり。たばこスティックを刺すイメージ。
アイコス(IQOS3 DUO)の新色「フロステッドレッド」レビュー!アイコス(IQOS3 DUO)の新色「フロステッドレッド」レビュー!

IQOS3 MULTIの特徴

IQOS3 MULTIの特徴

IQOS3 MULTI(アイコス・スリー・マルチ)は、アイコスで初めて連続で10本まで吸引ができるようになったデバイスです。

ホルダーとチャージャーが一体型となっており、小柄ながらに使い勝手が良いのもポイントです。IQOS3 DUOのサブ機として所持していた方が多い印象ですね。

加熱ブレードあり。たばこスティックを刺すイメージ。

IQOS ILUMAの特徴

IQOS ILUMAの特徴

IQOS ILUMA(アイコス・イルマ)は、加熱ブレードがなくなり、同時にクリーニングが不要になった最新型デバイスです。(2021年9月時点)

ホルダーとポケットチャージャーの形状こそIQOS3 DUOと似ていますが、互換性はありませんので双方で充電することは不可能です。

アイコス特有の嫌なニオイが改善され、よりクリーンな味わいに進化したのがイルマシリーズです。

加熱ブレードなし。たばこスティックの外側から加熱するイメージ。
IQOS ILUMAとIQOS ILUMA PRIME比較!これから購入するならどちらがおすすめ?IQOS ILUMAとIQOS ILUMA PRIME比較!これから購入するならどちらがおすすめ?

IQOS ILUMA PRIMEの特徴

IQOS ILUMA PRIMEの特徴

IQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)は、IQOS ILUMA(アイコス・イルマ)の上位機種です。

ホルダーは同様のものを使いますので吸い応えは同じですが、ポケットチャージャーの仕様が刷新されています。

今までのアイコスといえば、ドアカバーを開いてホルダーを収納するのが一般的でしたが、プライムはラップカバーを開いてホルダーを収納します。

発売以降人気が高いせいか、現在も品薄状態が続いています。

加熱ブレードなし。たばこスティックの外側から加熱するイメージ。
IQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)レビュー!実際に吸った感想などIQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)レビュー!実際に吸った感想など

 

IQOSイルマ、IQOSイルマプライムはすぐ買える?2021年9月12日時点の在庫状況IQOSイルマ、IQOSイルマプライムはすぐ買える?2021年9月12日時点の在庫状況

IQOS ILUMAシリーズとIQOS3シリーズは並行して販売されていくだろう

IQOS ILUMAシリーズとIQOS3シリーズは並行して販売されていくだろう

比較をご覧頂いた通り、IQOS ILUMAシリーズとIQOS3シリーズは、そもそもたばこスティックが異なりますので、しばらくは並行して販売されていくだろうと思います。

みんながみんな新型デバイスが発売されたからと言って、すぐに買い換えるわけではありませんからね…。

ちなみに、あくまで僕個人的な感覚ですが、吸い応え自体はIQOS3シリーズが10点だとしたら、IQOS ILUMAシリーズは8点〜9点とやや吸い応えが弱くなっている印象です。

つまり吸い応えの好みによっては、新型デバイスのIQOSイルマやIQOSイルマプライムではなく、IQOS3デュオやIQOS3マルチを購入するのも全然ありですね。

また、たばこスティックの価格も値上げが予定されている2021年10月以降、1箱当たり50円の差があるのも忘れずに。

1日1箱吸う方なら1ヶ月に1,500円もの差が出てきますので、これまたけっこう大きなことですからね…(汗)

【2021年10月】加熱式たばこの値上げ後の価格まとめ!アイコス・プルーム・グロー【2021年10月】加熱式たばこの値上げ後の価格まとめ!アイコス・プルーム・グロー

まとめ

いかがでしたか?本記事では、新型デバイスのIQOS ILUMAシリーズと旧型デバイスのIQOS3シリーズを比較して参りましたが、ご理解頂けたでしょうか?

IQOSイルマは性能こそ向上していますが、デバイスの価格、たばこスティックの価格共に高くなり、あまりユーザーには優しくないのが本音です。

今後購入するなら当然新型デバイスのIQOSイルマになってくると思いますが、まだまだ品薄状態が続いていますので、焦らず在庫があるのを見かけたタイミングにでも購入してくださいね。

以上、最後までご覧頂きありがとうございました!

新型IQOS「アイコス・イルマ」の販売及び予約が開始!発売日や購入方法まとめ新型IQOS「アイコス・イルマ」の販売及び予約が開始!発売日や購入方法まとめ

 

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)で2回吸い、3回吸いはできる?実際に試してみたIQOS ILUMA(アイコスイルマ)で2回吸い、3回吸いはできる?実際に試してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください