当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

PloomXとIQOS3 DUO比較!買い替え時IQOS ILUMAじゃなく敢えてPloomXもあり

PloomXとIQOS3 DUO比較!買い替え時IQOS ILUMAじゃなく敢えてPloomXもあり

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、JTのPloomX(プルームエックス)とPMJのIQOS3 DUO(アイコス3・デュオ)を比較しています。

特に、現在IQOS3 DUOをご利用中の方で、新型デバイスのIQOS ILUMAを購入しようか、それともPloomXを購入しようか悩んでいる方は、是非本記事を参考に検討してみてくださいね!

PloomXとIQOS3 DUO比較

まずは、PloomX(プルームエックス)とIQOS3 DUO(アイコス3・デュオ)の比較を一覧にしてみましたのでご覧ください。

▼スマホ閲覧時は横にスクロールできます▼

PloomXIQOS3 DUO
デバイス価格
(定価・税込)
3,980円6,980円
たばこスティック
価格(税込)
メビウス540円
キャメル500円
マールボロ550円
ヒーツ500円
値上げ後(税込)メビウス570円
キャメル500円(据置)
マールボロ580円
ヒーツ530円
銘柄数メビウス4銘柄
キャメル8銘柄
マールボロ15銘柄
ヒーツ11銘柄
デバイスカラー全2色全4色
カスタマイズ性フロントパネルドアカバー・キャップ
加熱時間約25秒約20秒
喫煙可能時間約5分間無制限14回、または約6分
連続使用回数3回2回
充電時間110分120分
総重量95g130g
サイズH88.5mm
W43.5mm
D24.0mm
H114.7mm
W46.3mm
D22.8mm
保証期間通常18ヶ月
製品登録後24ヶ月
通常6ヶ月
製品登録後12ヶ月
発売時期2021年8月2019年9月
MEMO
2021年9月13日時点の情報です。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

PloomXの特徴

PloomXの特徴

JTのPloomX(プルームエックス)の特徴は、JTが販売する加熱式たばこ史上最も吸い応えのある加熱式デバイスであることです。

それでいて加熱式たばこ特有の嫌なニオイが低減されており、同社が販売するプルームテックプルームテックプラスと比較するとニオイはしますが、それでもニオイはしない方だと僕個人的には思います。

また、丸びを帯びたデバイスのデザイン、余計なものをとことん省いたスマートな操作性、Bluetooth接続ができるなど、さすが最新のデバイスなだけあって性能はトップクラスです。

別記事にてプルームエックスのレビュー記事を公開していますので、ぜひ併せてご覧ください。

PloomX(プルームエックス)実機レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説PloomX(プルームエックス)実機レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説

 

アイコスイルマとプルームエックス比較!注目すべき3つの違いを解説アイコスイルマとプルームエックス比較!注目すべき3つの違いを解説

IQOS3 DUOの特徴

IQOS3 DUOの特徴

PMJのIQOS3 DUO(アイコス3・デュオ)は、アイコスで初めて2本吸いができるようになった加熱式デバイスです。

おそらく現状最もユーザー数の多いデバイスだと思いますが、発売されてから2年が経った今でも、現役バリバリのハイスペックデバイスです。

ただし、アイコスの欠点である嫌なニオイの強さ、クリーニングの面倒さはかなり不評ですよね…(汗)

一応これらを解消した新型デバイスのIQOS ILUMAシリーズが発売されているのですが、本記事では割愛させて頂きます。

IQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)レビュー!実際に吸った感想などIQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)レビュー!実際に吸った感想など

 

IQOS ILUMAシリーズとIQOS3シリーズを徹底比較!イルマはここまで進化したIQOS ILUMAシリーズとIQOS3シリーズを徹底比較!イルマはここまで進化した

吸い応え、コスパ全てにおいてPloomXの方が格上

吸い応え、コスパ全てにおいてPloomXの方が格上

当然ながらIQOS3 DUOよりもPloomXの方が2年も後に発売されているので性能面は良いに決まってるのですが、念の為、吸い応えやコスパにおいても簡単に解説していきます。

まず、吸い応えに関しては、好みもありますがPloomXも負けていません。

個人的にはIQOS3 DUOよりもPloomXの方が吸い応えは上だと思っていますが、クリーニング状況にもよるので断言はできません…。

そして、コスパにおいては2021年10月以降、たばこスティックの値上げが予定されています。

PloomXIQOS3 DUO
値上げ前(2021年9月末まで)メビウス540円
キャメル500円
マールボロ550円
ヒーツ500円
値上げ後(2021年10月以降)メビウス570円
キャメル500円(据置)
マールボロ580円
ヒーツ530円

ご覧の通りPloomXのキャメルのみ、価格据置の1箱500円で販売が継続される予定です。

値上げ後は1箱30円〜80円の差ですが、1日1箱吸う方にとっては地味に大きいですよね…(汗)

まとめ

いかがでしたか?本記事で何が言いたいかまとめますと、現状IQOS3 DUOを吸っている方で今後新型デバイスのIQOS ILUMAを購入しようか、それともPloomXに乗り換えるか悩んでいる方もいると思います。

確かにIQOS3 DUOからIQOS ILUMAに切り替えるのも良いですが、吸い応えやコスパを考えるとPloomXも全然ありだと思いますよ…!

ってちょっとPloomX推し過ぎですかね…(笑)?

でも本当に良いんですよ…。アイコスとは違って価格も良心的ですし…。

最終的に購入するかしないかはご自身の判断ですが、買い替え時はPloomXも検討してみてくださいね!

以上、最後までご覧頂きありがとうございました。

PloomX(プルームエックス)が正式に発売決定!発売日や購入方法、性能などを解説PloomX(プルームエックス)が正式に発売決定!発売日や購入方法、性能などを解説

 

IQOS ILUMAとlilHYBRIDを比較!互換性はないけど双方で吸えるか試してみたIQOS ILUMAとlilHYBRIDを比較!互換性はないけど双方で吸えるか試してみた

 

PloomXとglo Hyper+比較!これから購入するならどっちがおすすめ?PloomXとglo Hyper+比較!これから購入するならどっちがおすすめ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください