当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

最新型の高温型加熱式たばこ5種比較!おすすめはどれだ?【2021年10月時点】

最新型の高温型加熱式たばこ5種比較!おすすめはどれだ?【2021年10月時点】

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、2021年10月時点で最新型の高温加熱式たばこ5種を比較しています。

比較するデバイスは、以下になります。

  • IQOS ILUMA
  • IQOS ILUMA PRIME
  • PloomX
  • glo pro slim
  • glo Hyper+

それぞれに良い点もあれば残念な点もありますが、吸わずに決めるなら可能な限り細かなことまで性能やコスパにおいて入念に確認することをおすすめします。

最新型の高温加熱式たばこ5種比較一覧

まずは、2021年10月時点で最新型の高温加熱式たばこ5種の比較を一覧にしてみましたのでご覧ください。

▼スマホ閲覧時は横にスクロールできます▼

IQOS ILUMAIQOS ILUMA PRIMEPloomXglo pro slimglo Hyper+
価格(税込)8,980円12,980円3,980円1,980円480円〜
たばこスティック
価格(税込)
580円500円〜570円500円〜560円500円〜540円
銘柄テリアメビウス
キャメル
ケント
ネオ
ケント
ネオ
クール
ラッキーストライク
デバイスカラー全5色全4色全2色全4色全26色〜
カスタマイズ性リング
ドアカバー
リング
フラップカバー
フロントパネルなし
サイズH121.5mm
W47.0mm
D23.4mm
H117.2mm
W44.7mm
D22.2mm
H88.5mm
W43.5mm
D24.0mm
H98.15mm
W44.0mm
D15.5mm
H83.0mm
W46.0mm
D22.0mm
重量147g171.5g95g74g111g
加熱時間20秒25秒通常:20秒
ブースト:10秒
通常:20秒
ブースト:15秒
喫煙可能時間14回 or 6分5分間通常:4分
ブースト:3分
最大使用回数20回20回16回20回
充電時間135分110分90分210分
保証期間最長1年最長2年最長1年
発売年2021年8月2021年8月2021年9月2021年1月
MEMO
2021年10月12日時点の情報です。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

デバイスを限定した比較記事も公開しておりますので、以下リンクも併せてご覧ください。

▶︎IQOS ILUMAとIQOS ILUMA PRIMEの比較記事

▶︎IQOS ILUMAとIQOS3DUOの比較記事

▶︎IQOS ILUMAとPloomXの比較記事

▶︎IQOS3DUOとPloomXの比較記事

▶︎PloomXとPloomS2.0の比較記事

▶︎PloomXとglo Hyper+の比較記事

▶︎glo Hyper+とglo pro slimの比較記事

▶︎glo pro slimとglo proの比較記事

最新型の高温加熱式たばこ5種それぞれの特徴を解説

既に加熱式たばこをご利用の方なら上記比較表をご覧頂ければ大体のスペックの違いは分かると思いますが、初めて加熱式たばこを購入される方のためにも、それぞれのデバイスの特徴を解説して参ります。

IQOS ILUMAの特徴

IQOS ILUMAの特徴

IQOS ILUMA(アイコス・イルマ)は、加熱ブレードがなくなった最新モデルの中でも、従来機種の構造を継承したスタンダードモデルです。

加熱ブレードがなくなったことで面倒なクリーニングが不要となり、ユーザーの利便性がより向上しました。

また、IQOS3DUOと比較して、アイコス特有の嫌なニオイが軽減され、よりクリーンな味わいができるようになっています。

  • デバイス価格:税込8,980円
  • たばこスティックの銘柄:TEREA(1箱580円)

IQOS ILUMA PRIMEの特徴

IQOS ILUMA PRIMEの特徴

IQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)は、同じく加熱ブレードがなくなった最新モデルで、今までのアイコスにはない新しい形状のフラッグシップモデルです。

IQOS ILUMAのドアカバーに対し、IQOS ILUMA PRIMEはフラップカバーをパカッと開けてホルダーを取り出します。

また、ホルダー単体はIQOS ILUMA、IQOS ILUMA PRIME、共に同じものを使いますので互換性があります。

  • デバイス価格:税込12,980円
  • たばこスティックの銘柄:TEREA(1箱580円)

レビュー記事は以下リンクよりご覧ください。

IQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)レビュー!実際に吸った感想などIQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)レビュー!実際に吸った感想など

PloomXの特徴

PloomXの特徴

PoomX(プルームエックス)は、PloomS2.0の後継機種にあたるデバイスで、前機種と比較して吸い応えが劇的にアップしています。

また、丸びを帯びたデバイスのデザイン、余計なものをとことん省いたスマートな操作性、Bluetooth接続ができることでバッテリーの残量確認ができるなど、アイコスイルマに負けじと進化したのがプルームエックスです。

  • デバイス価格:税込3,980円
  • たばこスティックの銘柄:MEVIUS(1箱570円)、CAMEL(1箱500円)

レビュー記事は以下リンクよりご覧ください。

PloomX(プルームエックス)実機レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説PloomX(プルームエックス)実機レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説

glo pro slimの特徴

glo pro slimの特徴

glo pro slim(グロー・プロ・スリム)は、glo proの後継機種にあたるデバイスで、細身のたばこスティックを使用します。

従来機種のglo proと比較して重量が約25%軽量化し、デバイスの厚みも約27%薄くなっており、glo史上最もコンパクトなデバイスです。

充電時間は約90分と短いですが、その分満充電時に吸える最大本数は約16本と少なく、1日1箱(20本)以上吸うヘビースモーカーにとってはやや不安になる部分もあります。

  • デバイス価格:税込1,980円
  • たばこスティックの銘柄:KENT(1箱500円)、neo(1箱560円)

レビュー記事は以下リンクよりご覧ください。

glo pro slim(グロー・プロ・スリム)レビュー!実際に触れたら想像以上に薄くて軽かったglo pro slim(グロー・プロ・スリム)レビュー!実際に触れたら想像以上に薄くて軽かった

glo Hyper+の特徴

glo Hyper+の特徴

glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)は、glo hyperの後継機種にあたるデバイスで、太身のたばこスティックを使用します。

gloと言えば細身のたばこスティックが代名詞でしたが、細身スティックでは満足がいかなかった人でも、glo Hyper+の発売以降好んで愛用している方も多い印象です。

個人的には加熱式たばこでKOOLラッキーストライクが吸えることや、デバイス価格が480円から買えるという点がユーザーには嬉しいことですね。

  • デバイス価格:税込480円〜
  • たばこスティックの銘柄:KENT(1箱500円)、neo(1箱540円)、KOOL(1箱520円)、ラッキーストライク(1箱290円※12本入)

レビュー記事は以下リンクよりご覧ください。

glo Hyper+(グローハイパー・プラス)レビュー!実際に吸ったらヤバかった件glo Hyper+(グローハイパー・プラス)レビュー!実際に吸ったらヤバかった件

 

glo Hyper+オータムリーブス・エディションレビュー!秋を彩るグラデが良い感じglo Hyper+オータムリーブス・エディションレビュー!秋を彩るグラデが良い感じ

これから購入するならどのデバイスがおすすめ?

いかがでしたか?上記5デバイスが、2021年10月時点で最新型の高温加熱式たばこです。

それぞれのデバイスによって性能も違えば、日々のコスパも全く異なりますので、これから初めて加熱式たばこを購入される方は正直迷ってしまいますよね…(汗)

あくまで僕個人的な見解ですが、以下を参考にしてみてください。

コスパ重視なら【glo Hyper+】がおすすめ!

コスパ重視なら【glo Hyper+】がおすすめ!

まず、コスパ重視なら、デバイスが480円で購入できるglo Hyper+がおすすめです。

もはやたばこスティック1箱よりも安いという意味の分からない価格設定ですが、安いからと言って性能が低いわけではありません。

また、11月に発売予定のラッキーストライクは、12本入りですが1箱290円と最安値です。

現在紙巻たばこをご利用の方で、『とりあえず加熱式吸ってみようかな』という方には、コスパの安いglo Hyper+からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

知名度重視なら【IQOS ILUMA・IQOS ILUMA PRIME】がおすすめ!

知名度重視なら【IQOS ILUMA・IQOS ILUMA PRIME】がおすすめ!

続いて、知名度重視なら、IQOS ILUMA、及びIQOS ILUMA PRIMEがおすすめです。

アイコスと言えば、今ではたばこを吸わない人でも知っている人が多いほど有名なデバイスブランドですので、持っているだけで親近感が湧くデバイスです。

もちろん吸い応えもあり、ニオイも軽減され、コスパを除けば十分満足のいく加熱式デバイスです。

吸い応え重視なら【PloomX】がおすすめ!

吸い応え重視なら【PloomX】がおすすめ!

続いて、吸い応え重視ならPloomXがおすすめです。

全5デバイスの中で最も吸い応えがあるというわけではなく、ニオイが少なく、その割に安定した吸い応えを体感できるという意味での話です。←あくまで個人的に

吸い応え自体はIQOS ILUMAやglo Hyper+も十分満足出来ますが、個人的に鼻に通る喫味が一番PloomXが良いと思ってます。

僕がメインで使っているということもありますが、これから初めて加熱式たばこにチャレンジする方には、コスパ的にも十分満足のいくデバイスかと…。

PloomX(プルームエックス)実機レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説PloomX(プルームエックス)実機レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説

まとめ

まとめになりますが、加熱式たばこは好みによっても全く捉え方が変わりますので、一概にどのデバイスがおすすめかは断言できません。

一番の理想は全てのデバイスを試喫してから判断するのが良いと思いますが、コロナ禍ですしぶっちゃけ公式ストアを3店舗ハシゴするのはダルいですよね(汗)

これから初めて加熱式たばこを購入される方は、手頃な価格で購入できるPloomXやglo Hyper+から始めてみましょう!

以上、最後までご覧頂きありがとうございました。

PloomX(プルームエックス)の購入は、CLUB JT公式オンラインショップがおすすめです! 今なら「のりかえ応援割」のご利用で2,500円OFFの税込1,480円で購入可能! もちろん、送料・返送料も無料です!

CLUB JT公式オンラインショップはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください