当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

glo pro(プロ)とglo pro slim(プロ・スリム)比較!買い替えはありなのか?

glo pro(プロ)とglo pro slim(プロ・スリム)比較!買い替えはありなのか?

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、glo pro(グロー・プロ)とglo pro slim(グロー・プロ・スリム)を比較しています。

glo pro slimは、細身のたばこスティックが味わえるgloシリーズの中では最新のデバイス(2021年10月時点)となっています。

現在glo proを使っていて買い替えを検討している方、またこれから初めて加熱式たばこを購入しようか検討されている方に向けて、分かりやすく解説していますので是非ご覧ください。

最新型の高温型加熱式たばこ5種比較!おすすめはどれだ?【2021年10月時点】最新型の高温型加熱式たばこ5種比較!おすすめはどれだ?【2021年10月時点】

glo pro・glo pro slim比較

glo pro・glo pro slim比較

まずは、glo pro(グロー・プロ)とglo pro slim(グロー・プロ・スリム)の比較を一覧にしてみましたのでご覧ください。

▼スマホ閲覧時は横にスクロールできます▼

glo pro slimglo pro
デバイス価格(税込)1,980円980円
たばこスティックの価格(税込)KENT:1箱500円
neo:1箱560円
サイズH98.15mm
W44mm
D15.5mm
H82mm
W43mm
D21mm
重量約74g約98g
発売時期2021年9月2019年10月
加熱時間通常:20秒
ブースト:10秒
喫煙可能時間通常:4分
ブースト:3分
最大加熱温度通常モード:250℃
ブーストモード:280℃
連続喫煙可能回数約16回約20回
充電時間約90分
MEMO
2021年10月7日時点の情報です。最新の情報はglo公式サイトにてご確認ください。

▶︎glo pro slimのレビュー記事はこちら

▶︎glo proのレビュー記事はこちら

glo pro slimはglo proのコンパクト版

ものすごくザックリ言うと、glo pro slimは、glo proのコンパクト版です。

加熱性能や味わいはそのままですが、重量が約25%軽くなり、デバイスは約27%薄くなっています。

ただし、コンパクトになった分、最大喫煙回数が20回から16回に減少していますので、1日20本以上吸うユーザーにはややバッテリー面で不便さを感じるかと…。

glo pro slimは何が変わった?

glo pro slimは何が変わったのか?以下をご覧ください。

  • glo proと比較してglo pro slimは25%軽量化した(98g→74g)
  • glo proと比較してglo pro slimは27%薄くなった(21mm→15.5mm)
  • 薄くなったけど高さは大きくなった(82mm→98.15mm)
  • バッテリー容量が小さくなった(最大20回→最大16回)

ハッキリ言うと性能は向上していないので、どちらかと言うと細身スティックを好むユーザーに向けて買い替えを促進するようなイメージですかね…。

ただし、デバイスのデザインは従来のglo proよりもシンプルになっており、どちらかと言えば現代風のデザインになっています。

今現在glo proを愛用されている方は買い替えもあり

今現在glo proを愛用されている方は買い替えもあり

今現在glo proを愛用されている方は、glo pro slimに買い替えもありです。

がしかし、性能面ではglo proの方が最大20回吸える点では上なので、故障していないのであれば買い換える必要はないかと…。

ちなみに、2021年10月8日に公式オンラインショップの販売ページを見たところ、glo proは「在庫切れ」の表記になっていました。

今後glo proを販売しないのか?それともglo pro slimの販売を促進するために一時的なものなのか?は分かりませんが、現時点では公式サイトで購入することはできません。

また、ここからは僕個人的な意見になりますが、ちょっと気になったのがデバイスの価格がglo proが980円に対して、glo pro slimは1,980円と高いんですよ…(汗)

「性能は劣るのに価格は高い」という事実に、すぐに買い替えましょうとは言えないですね(汗)

これから加熱式たばこを購入される方はよく考えて

これから加熱式たばこを購入される方はよく考えて

続いて、これから加熱式たばこを購入される方は、現在販売されている加熱式デバイスの性能をよくご確認の上、購入するか考えてくださいね。

  • アイコス(IQOS ILUMA、IQOS ILUMA PRIME)
  • プルームエックス(PloomX)
  • glo(細身スティックのglo pro slim、太身スティックのglo Hyper+)

それぞれのデバイスによってたばこスティックの銘柄も異なりますので、全く違った味わいになることは言うまでもありません。

アイコス

  • デバイス価格は、8,980円or12,980円
  • たばこスティックは、1箱580円(TEREA)

▶︎IQOS ILUMA PRIMEのレビュー記事はこちら

プルームエックス

  • デバイス価格は、定価3,980円(乗り換え割で1,480円で購入可)
  • たばこスティックは、1箱500円〜(MEVIUS・CAMEL)

▶︎PloomXのレビュー記事はこちら

glo pro slim、glo Hyper+

  • デバイス価格は、480円〜
  • たばこスティックは、1箱440円〜(KENT・neo)

▶︎glo pro slimのレビュー記事はこちら

▶︎glo Hyper+のレビュー記事はこちら

まとめ

まとめになりますが、glo pro slimはglo proと比較して性能面はやや劣り、デバイスのデザイン等は刷新されています。

車で言うところのマイナーチェンジのような感じですかね…。

本記事ではどのデバイスを購入するのが良いのか?は明言しませんが、大事なことはそれぞれの性能をよく確認することだと僕は思います。

例えば、吸い応えやニオイ、咥えた感じやコスト面など、販売各社それぞれに特徴がありますので、まずは一通り確認することをおすすめします。

以上、いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます!

glo pro slimとglo Hyper+比較!これから購入するならどっちがおすすめ?glo pro slimとglo Hyper+比較!これから購入するならどっちがおすすめ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください