当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

IQOS ILUMAとlilHYBRIDを比較!互換性はないけど双方で吸えるか試してみた

IQOS ILUMAとlilHYBRIDを比較!互換性はないけど双方で吸えるか試してみた

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、加熱式たばこIQOS ILUMA(アイコス・イルマ)とlilHYBRID(リルハイブリッド)を比較しています。

どことなく性能面やたばこスティックの仕様など似ている点も多いのですが、いずれも互換性はありませんので代用することはできません。

IQOS ILUMAとlilHYBRID比較

まずは、IQOS ILUMAとlilHYBRIDの比較を一覧にしてみましたのでご覧ください。

▼スマホ閲覧時は横にスクロールできます▼

IQOS ILUMAIQOS ILUMA PRIMElilHYBRID
デバイスの価格
(定価・税込)
8,980円12,980円6,980円
たばこスティックの価格
(税込)
テリア550円ミックス500円
リキッドカートリッジ60円
2021年10月以降の価格
(税込)
テリア580円メビウス510円
キャメル80円
カラー全5色全4色全4色
カスタマイズ性ドアカバー・リングラップカバー・リング
加熱時間約20秒約25秒
喫煙可能時間14回or約6分間14回or約4分20秒
連続使用回数2回20回
充電時間約135分約100分
総重量約147g約171.5g約99g
本体サイズH121.5mm
W47mm
D23.4mm
H117.2mm
W44.7mm
D22.2mm
H112mm
W32mm
D22mm
保証期間通常6ヶ月
製品登録後12ヶ月
購入日から12ヶ月
MEMO
2021年9月14日時点の情報です。最新の情報は、各公式サイトにてご確認ください。

IQOS ILUMAの特徴

IQOS ILUMAの特徴

IQOS ILUMA最大の特徴は、加熱ブレードがなくなったことで、アイコス特有の嫌なニオイが低減されていることです。

スタンダードモデルの「IQOS ILUMA(アイコス・イルマ)」、フラッグシップモデルの「IQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)」の2モデルが販売されています。

また、たばこスティックを挿入するだけで加熱が開始される「オートスタート機能」や、ホルダーを軽く叩くだけで喫煙可能時間が分かる「ダブルタップ機能」など、新たな機能も追加されています。

アイコスイルマの詳しい使い方については、別記事にてレビュー記事を公開していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

IQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)レビュー!実際に吸った感想などIQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)レビュー!実際に吸った感想など

lilHYBRIDの特徴

lilHYBRIDの特徴

lilHYBRID最大の特徴は、たばこスティックとリキッドカートリッジが別になっていることです。

一般的に高温加熱型の加熱式たばこは、たばこスティック自体にPG等(水蒸気の元)が含まれているので、リキッドカートリッジがなくても水蒸気を発生させることができます。

しかし、リルハイブリッドは全く別で装填することで、ムラなく水蒸気を発生させることが出来るというわけですね。

ちなみに、リルハイブリッドは韓国の「KT&G社」の製品を、アイコスの会社であるPMJが代理店となって販売しています。

リルハイブリッドの詳しい使い方については、別記事にてレビュー記事を公開していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説

IQOS ILUMAでlilHYBRID吸ってみた!その逆も

IQOS ILUMAとlilHYBRIDに互換性はありませんので、基本的に代用することはできません。

しかし、個人的にどうしても気になったので、故障を覚悟の上、双方(アイコスイルマにミックス、リルハイブリッドにテリア)で吸えるのか試してみたのですが、いずれもたばこスティックを挿入しても自動で加熱は始まらず、加熱ボタンを押しても作動しませんでした。

そもそも誤作動が起きないように作られているんでしょうね…。

IQOS ILUMAの発売でlilHYBRIDは売れなくなるかも

本項はあくまで僕個人的な見解なのですが、IQOS ILUMAの発売でlilHYBRIDは売れなくなるかと…。

というのも、アイコスイルマはリルハイブリッドの「上位互換」のような性能なんですよね…。

たばこスティックも先端に蓋が付いていますし、実際に吸い比べてみてもリルハイブリッドよりもアイコスイルマの方が吸い応えがありますので、特にリルハイブリッドにこだわる理由も見つかりません。

なんならアイコスイルマの発売を成功させる為に、試験的にリルハイブリッドでデータを取っていたのでは?と疑ってしまうほどです。

注意
あくまで個人の見解です。

これから購入するなら間違いなくIQOS ILUMAがおすすめ!

ひょっとするとIQOS ILUMAとlilHYBRIDでどちらを購入するか悩んでいる方もいるかもしれませんが、これから購入するなら間違いなくIQOS ILUMAがおすすめです。

上述したように、アイコスイルマはリルハイブリッドの上位互換のような性能なので、デバイスの価格こそリルハイブリッドの方が安いですが、あまり購入する意味はないかと…。

まとめ

まとめになりますが、こうして性能面などを改めて見てみると、アイコスイルマが製品として出来上がるまでの経緯が想像できますね。

今後「lilHYBRID 2」なるものが発売されるのか?はたまた日本での販売中止となるかは分かりませんが、リルハイブリッドはあまり良い方向には行かないんじゃないかと個人的には思います。

実際に吸ってみたら、嫌なニオイもしないので製品自体はとても良いんですけどね…。

以上、最後までご覧頂きありがとうございました!

アイコスイルマとプルームエックス比較!注目すべき3つの違いを解説アイコスイルマとプルームエックス比較!注目すべき3つの違いを解説

 

PloomXとIQOS3 DUO比較!買い替え時IQOS ILUMAじゃなく敢えてPloomXもありPloomXとIQOS3 DUO比較!買い替え時IQOS ILUMAじゃなく敢えてPloomXもあり

 

PloomXとglo Hyper+比較!これから購入するならどっちがおすすめ?PloomXとglo Hyper+比較!これから購入するならどっちがおすすめ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください