当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

IQOS ILUMA ONE(イルマワン)が発売されたのでイルマシリーズ3種類を比較してみた

IQOS ILUMA ONE(イルマワン)の日本発売前にイルマシリーズ3種類を比較してみた

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて、オールインワンモデルの「IQOSイルマワン」が発売された(2022年3月8日発売)ということで、一足先にIQOSイルマシリーズ3種類を一覧にして比較してみました。

スタンダードモデルの「IQOSイルマ」、フラッグシップモデルの「IQOSイルマプライム」、オールインワンモデルの「IQOSイルマワン」、それぞれの特徴を解説していますので是非参考にしてくださいね!

IQOSイルマシリーズ比較(IQOSイルマ・IQOSイルマプライム・IQOSイルマワン)

▼スマホ閲覧時スクロールできます▼

IQOSイルマIQOSイルマプライムIQOSイルマワン
モデルスタンダードフラッグシップオールインワン
価格(税込)8,980円12,980円3,980円
タイプ分離型一体型
連続使用回数2回20回
最大使用回数20回
吸引可能時間14回吸引、または6分
ホルダーの
充電時間
1本:1分50秒・2本:5分15秒
チャージャーの
充電時間
約135分約90分
たばこスティックテリア(20本入り税込580円)
センティア(20本入り税込530円)
ホルダーサイズH101mm
W14.5mm
H121.6mm
W30.6mm
D16.4mm
ホルダー重量30.5g68.5g
チャージャー
サイズ
H121.5mm
W47.0mm
D23.4mm
H117.2mm
W44.7mm
D22.2mm
チャージャー
重量
116.5g141.0g
総重量147.0g171.5g68.5g
充電コネクタUSB-C
保証期間6ヶ月(製品登録後12ヶ月)
MEMO
2022年3月9日時点の情報です。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

IQOSイルマの特徴

IQOSイルマの特徴

IQOSイルマは、イルマシリーズの中でもスタンダーモデルに位置するデバイスで、歴代アイコスを継承するモデルです。

ホルダーとチャージャーが分離型となっており、たばこスティックを最大2本まで連続で吸うことができ、都度ホルダーを充電する必要があります。

カスタマイズ性能としては、チャージャーのドアカバーとホルダーのリングです。

チャージャーのサラっとした質感が良い反面、滑りやすいといった欠点も…。

価格:税込8,980円

ドアカバー:税込980円〜

リング:税込1,480円〜

IQOSイルマレビュー!ついついペプルグレーを衝動買いしたので記事にしてみたIQOSイルマレビュー!ついついペプルグレーを衝動買いしたので記事にしてみた

IQOSイルマプライムの特徴

IQOSイルマプライムの特徴

IQOSイルマプライムは、イルマシリーズの中でもフラッグシップモデルに位置するデバイスです。

IQOSイルマ同様にホルダーとチャージャーが分離型になっており、たばこスティックを最大2本まで連続で吸うことが出来ますが、都度ホルダーを充電する必要があります。

IQOSイルマと大きく異なる点は、IQOSイルマがドアカバーに対し、IQOSイルマプライムはラップカバーをパカっと開けてホルダーを収納する点です。

価格こそIQOSイルマに比べて4,000円高いですが、今までにないデザインが人気を博し、プライムを好んで購入する方も多い印象ですね。

カスタマイズ性能としては、チャージャーのラップカバーとホルダーのリングです。

また、IQOSイルマとIQOSイルマプライムのホルダーは同一ですので互換性があります。

価格:税込12,980円

ラップカバー:税込1,480円〜

リング:税込1,480円〜

IQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)レビュー!実際に吸った感想などIQOS ILUMA PRIME(アイコス・イルマ・プライム)レビュー!実際に吸った感想など

IQOSイルマワンの特徴

IQOSイルマワンの特徴

IQOSイルマワンは、イルマシリーズの中でもオールインワンモデルに位置するデバイスです。

2022年3月8日に発売されたばかりの新型デバイスです。

IQOSイルマワンの特徴としては、IQOS3マルチと似ており、ホルダーとチャージャーが一体型となっていますので都度充電する必要がありません。

また、IQOS3マルチは最大10本まで吸うことが可能ですが、IQOSイルマワンは最大20本まで吸えます。

IQOSイルマやIQOSイルマプライムのように、リングやドアカバー等のカスタマイズ性能はなく、デバイス全体を覆うスリーブのみ販売されています。

IQOS3マルチはあくまでサブ機として利用している方が多い印象ですが、IQOSイルマワンはメイン機としても活用できそうですね!

価格:税込3,980円

シリコンスリーブ:税込980円

ファブリックスリーブ+:税込1,780円

一体型モデル「IQOSイルマワン」レビュー!2022年最強のデバイスかもしれない一体型モデル「IQOSイルマワン」レビュー!2022年最強のデバイスかもしれない

 

これからIQOSイルマを買うならどのモデルがおすすめ?

これから買うならどのIQOSイルマがおすすめ?

これからIQOSイルマを買うならどのモデルがおすすめなのか?

あくまで僕個人的な主張ですが、IQOSイルマワン一択ですね!

小柄ながら一度の充電で最大20本吸うことが出来ますし、都度充電する必要もありません。重量もIQOSイルマやIQOSイルマプライムと比較して2倍以上軽いですからね…(汗)

また、販売価格も3,980円とイルマシリーズの中で最も価格が安いですし、もはやデメリットが見つからないという…(笑)

とりあえず僕はIQOSオンラインストアで1台購入しましたが、IQOSストアの近くに行った際には追加で複数台買っちゃうかもしれないです(笑)

連続で20本吸える一体型の「IQOSイルマワン」が発売開始!価格は3,980円から連続で20本吸える一体型の「IQOSイルマワン」が発売開始!価格は3,980円から

まとめ

まとめになりますが、遂にイルマシリーズ3種類目となるIQOSイルマワンが発売されましたね。

イルマシリーズの中で最も価格が安く、2台買ってもIQOSイルマ1台買うよりも安く買えてしまうという…。

新たに廉価版の銘柄「センティア」も発売されますし、2022年はIQOSの話題が絶えなそうですね!

以上、本記事も最後までご覧頂きありがとうございました。

IQOSイルマの新ブランド「センティア」11銘柄が発売!発売は2022年初めかIQOSイルマの新ブランド「センティア」11銘柄が発売!まずは6銘柄が先行販売開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください