当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

プルームエックス、プルームテックプラスは価格据え置き、プルームテックは値上げ後580円に!2022年10月より改定

プルームエックスは価格据え置き、プルームテックは値上げ後600円に!2022年10月より改定

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて、プルームエックスやプルームテック等のPloom製品を販売するJT(日本たばこ産業株式会社)は、2022年10月1日以降に適用される「たばこ税」の増税に伴い、小売価格の改定(値上げ)を財務省に認可申請したもようです。

なお、対象銘柄は加熱式たばこのみで、プルームテックシリーズがメビウス、ピアニッシモの14銘柄、プルームエックスがキャメル(定期便専用銘柄)の3銘柄、全17銘柄が対象です。

通常コンビニ等で販売されているプルームテックプラス(税込580円)全24銘柄、プルームエックスのメビウス(税込570円)、キャメル(税込500円)全16銘柄は価格を据え置く予定ですので、値上げ前と同じ価格で購入することが可能です。

財務省から認可が得られた際は、2022年10月1日(土)に小売定価改定を実施する予定です。

参考 加熱式たばこに係る課税方式の見直しに伴うたばこの小売定価改定の認可再申請についてJT 2022年10月に予定の「加熱式たばこの値上げ価格」まとめ!年間コストは20万円以上に2022年10月に予定の「加熱式たばこの値上げ価格」まとめ!再申請で各社据置合戦勃発

2022年10月1日以降に値上げされるプルーム製品は全41銘柄

2022年10月1日(土)以降の値上げ後の価格を一覧にして掲載して参りますので、ご自身の吸っている銘柄をご確認ください。

プルームテック全14銘柄

プルームテックは、メビウス、ピアニッシモ全14銘柄が対象で、1箱あたり10円値上げとなり税込570円から税込580円となります。

銘柄名 2022年9月30日まで 2022年10月1日以降
メビウス・レギュラー 570円 580円
メビウス・メンソール 570円 580円
メビウス・レッド・クーラー 570円 580円
メビウス・パープル・クーラー 570円 580円
メビウス・ゴールド・レギュラー 570円 580円
メビウス・ゴールド・メンソール 570円 580円
メビウス・ブラウン 570円 580円
メビウス・ミックス・グリーン
・クーラー
570円 580円
ピアニッシモ・アリア・メンソール 570円 580円
ピアニッシモ・ピンク・クーラー 570円 580円
ピアニッシモ・モーニング・ローズ 570円 580円
ピアニッシモ・ミッドナイト
・ジャスミン・クーラー
570円 580円
ピアニッシモ・アプリコット
・キューカンバー・クーラー
570円 580円
ピアニッシモ・ハニーアップル
・ビネガー・クーラー
570円 580円
MEMO
2022年9月2日時点の情報です。上記価格はあくまで予定です。

プルームテックプラス全24銘柄

プルームテックプラスは、メビウス、ピアニッシモ全24銘柄が1箱あたり20円の値上げとなる予定でしたが、再申請によって価格が据え置かれる予定です。

よって、現状のままの価格で購入することが可能です。

プルームエックス全3銘柄

プルームエックスは、定期便限定のキャメル3銘柄のみ30円の値上げで税込440円から税込470円となります。

また、その他のメビウスは税込570円、キャメルは税込500円の価格据え置きが予定されています。

銘柄名 2022年9月30日まで 2022年10月1日以降
キャメル・ゴールド 440円 470円
キャメル・コバルト 440円 470円
キャメル・パープル・オプション 440円 470円
MEMO
2022年9月2日時点の情報です。上記価格はあくまで予定です。

まとめ

まとめになりますが、アイコスglo同様にプルーム製品も値上げが敢行されます…(汗)

ただし、アイコスと異なる点は通常コンビニ等で購入できるプルームエックスやプルームテックプラスの銘柄は、値上げされずに価格が据え置かれることですね!

プルームエックスで「のりかえ応援割」が開始!キットが税込1,480円で購入可能プルームエックスで「のりかえ応援割」が開始!キットが税込1,480円で購入可能

 

しかし「たばこ税」に関してはちょっと意味が違いますが、なんでもかんでも値上げ、値上げで嫌になっちゃいますよね…(汗)

収入こそ上がっていれば良いんですが、ぶっちゃけ世の中の物価高騰についていけるほど収入は上がってないですよね?

いや、もしかしたら僕だけが上がってないだけかもしれませんが(笑)

この話題になると長くなるのでこの辺で(笑)

以上、本記事も最後までご覧頂きありがとうございました。

2022年10月に予定の「加熱式たばこの値上げ価格」まとめ!年間コストは20万円以上に2022年10月に予定の「加熱式たばこの値上げ価格」まとめ!再申請で各社据置合戦勃発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください