【プルームテックの使い方マニュアル】カプセルとカートリッジの交換タイミング

【プルームテックの使い方マニュアル】カプセルとカートリッジの交換タイミング

本記事では、JTから販売されている低温型加熱式たばこ「PloomTECH(プルームテック)」の使い方について詳しく解説しています。

プルームテックは高温型加熱式たばことは異なり、たばこスティックを挿入して吸う訳ではなく、専用のたばこカプセルとカートリッジを装着して味わうたばこです。

おそらく加熱式たばこの中で最もニオイがなく、たばこの概念を覆した製品だと思います。

最近はプルームテックユーザーも著しく増加傾向にありますので、まだ使用したことのない方はこの機会に是非プルームテックを購入してみてくださいね。

PloomTECH(プルームテック)はどこで買える?販売店や購入方法まとめ PloomTECH(プルームテック)はどこで買える?販売店や購入方法まとめ PloomTECH+(プルームテックプラス)はどこで買える?購入方法まとめ PloomTECH+(プルームテックプラス)はどこで買える?購入方法まとめ PloomS(プルームエス)はどこで買える?販売店や購入方法まとめ PloomS(プルームエス)はどこで買える?販売店や購入方法まとめ

PloomTECH(プルームテック)のスターターキット

PloomTECH(プルームテック)のスターターキットを購入した際の同梱物は以下になります。

PloomTECH(プルームテック)のスターターキット

同梱物一覧

  • PloomTECHバッテリー
  • USBチャージャー
  • ACアダプター

基本的には上記一式がセットになっていますが、中にはマウスピースが付属したキットや、ACアダプターが付属しないキットなど種類は様々です。

また2019年12月時点では、限定バッテリーやカラーバッテリーが豊富に販売されています。

別記事にて画像付きでご紹介していますので、以下リンクも併せて参考にしてくださいね。

PloomTECHから限定バッテリー3種と新カラー6種が発売【画像付きレビュー】 PloomTECHから限定バッテリー3種と新カラー6種が発売【画像付きレビュー】

PloomTECHバッテリー

主に、PloomTECH(プルームテック)の本体となる物です。

こちらのバッテリーを充電することで、何度でも使用することが可能です。

USBチャージャー

USBチャージャーは、PloomTECH(プルームテック)バッテリーを充電するための機械です。

パソコンのUSB端子や、付属のACアダプターを使用して電源コンセントから充電することが可能です。

ACアダプター

ACアダプターは、家庭用コンセントに接続することで、USBチャージャーを挿し込み充電することができます。

プルームテックやシーテックの衛生面に良い『マウスピース』が発売! プルームテックやシーテックの衛生面に良い「専用マウスピース」レビュー!

PloomTECH(プルームテック)の使い方

次に、PloomTECH(プルームテック)の使い方について詳しく解説していきます。

プルームテックの使い方

PloomTECH(プルームテック)の使い方は至って簡単です。

スターターキットに同梱されている「PloomTECHバッテリー」にカートリッジを装着し、更にたばこカプセルを挿入すれば、あとは吸い込むだけでOKです。

PloomTECH(プルームテック)は、びっくりするほどにスマートな作りですね♪

故障ばかりするIQOS(アイコス)の悪口を言うつもりはありませんが、PloomTECH(プルームテック)は本当に余計なものを省いた優れものです。

ちなみにですが、PloomTECH(プルームテック)は、たばこカプセル1個につき約50回吸引することができます。

たばこカプセルは1箱に5個入っていますのでトータル250回吸引することができますが、これだけだとちょっと分かりにくいですよね…

PloomTECH(プルームテック)の公式サイトで発表されている内容ですと、たばこカプセル5個分で紙巻きたばこの1.5箱分(30本に相当する)だそうです。

通常だと約500円で20本入りですから、PloomTECH(プルームテック)は30本だとするとお得感はあります♪

たばこカプセル、及びカートリッジの交換タイミングについては記事後半で解説します。

PloomTECH(プルームテック)を実際に吸ってみた感想

プルームテック画像

実際に、PloomTECH(プルームテック)を購入して吸ってみた感想は、『実に素晴らしい♪』の一言です。

味自体はたばこ感はないものの、水蒸気の量がそれなりにあるので十分満足感を得られると思います。

しかし、紙巻たばこと比較してしまうと、多少の物足りなさは仕方ありませんね…

どうしてもプルームテックでは満足できないという方には、より水蒸気量の増えた「PloomTECH+(プルームテックプラス)」、またはアイコスのような高温加熱型の「PloomS(プルームエス)」もおすすめです。

別記事にてそれぞれレビュー記事を公開していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

プルームテック・プラスレビュー!評判通り「吸い応え」は超が付くほど抜群! プルームテック・プラスレビュー!評判通り「吸い応え」は超が付くほど抜群! PloomS(プルーム・エス)レビュー!仕様や使い方など全力で解説するよ! PloomS(プルーム・エス)レビュー!仕様や使い方など全力で解説するよ!

プルームテックのフレーバーは全10種類

2019年12月現在、プルームテックのフレーバーは全10種類です。

メビウス系6種類、ピアニッシモ系4種類の全10種類ですが、他にも季節限定のフレーバーが多数販売されています。

フレーバーについては別記事にて詳しくご紹介していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

プルームテックのたばこカプセル(カートリッジ)は全10種類!おすすめの味は? プルームテックのたばこカプセル(カートリッジ)は全10種類!おすすめの味は? プルームテックのたばこカプセル「ピアニッシモ」4種レビュー!味はかなり良い! プルームテックのたばこカプセル「ピアニッシモ」4種レビュー!味はかなり良い!

PloomTECH(プルームテック)の充電方法

次に、PloomTECH(プルームテック)の充電方法についてご説明していきます。

プルームテックの充電-充電完了のサイン

PloomTECH(プルームテック)は、充電方法も非常に簡単です。

USBチャージャーにバッテリーを装着し、ACアダプター、またはUSB端子に接続するだけで充電が開始されます。

充電開始直後は上記画像のようにロゴ部分が赤点灯しますが、充電が完了するとロゴ部分が青点灯に変わります。

プルームテックの充電-LEDの点滅

またPloomTECH(プルームテック)は、通常LEDが青色の点灯及び点滅しますが、バッテリー残量が20%以下になると紫色の点灯及び点滅に切り替わります。

充電がなくなるとLEDが赤点滅しますので、付属の充電器具で充電してください。

目安はたばこカプセル1箱分(カプセル×5個分)です。

別記事にてプルームテックの充電に関する記事を公開していますので、以下リンクも併せてご覧ください。

プルームテックの充電について!充電持ちや充電時間、充電タイミングまとめ プルームテックの充電について!充電持ちや充電時間、充電タイミングまとめ

たばこカプセル、及びカートリッジの交換タイミング

続いて、PloomTECH(プルームテック)のたばこカプセル、及びカートリッジの交換タイミングについて解説していきます。

プルームテックは青点滅、または紫点滅したタイミングでたばこカプセルを交換します。

基本的には、たばこカプセル5個に対しカートリッジ1本となっていますので、たばこカプセルを5個吸い終わったら、新しい箱を開けてカートリッジも一緒に交換するようにしましょう。

プルームテックはカプセルが余る?カートリッジを再利用する裏技をご紹介! プルームテックはカプセルが余る?カートリッジを再利用する裏技をご紹介!

吸い方によっては交換タイミングが短縮する?

念のため掲載しておきますが、PloomTECH(プルームテック)のパフとは1パフ2秒間を意味しているようです。

ですので、50パフ=100秒の計算になりますので、たばこカプセルを交換後、吸引100秒で再度LEDが点滅する仕組みになっています。

PloomTECH(プルームテック)はスマートな設計になっていますので、あまり賢くはありません。

例えば、1パフを長めに5秒間吸ってしまうと、機械的には20パフで交換タイミングが来ることになってしまいます。

極端な話、青色の点滅になった際にしっかりと交換しておけば問題ありませんが、カートリッジの中には専用のリキッドが入っていますので、空焚きをしてしまうと故障の原因になってしまう危険性があります。

多少のもったいなさはありますが、できる限りLEDのサイン通りに交換するようにしましょうね。

まとめ

まとめになりますが、PloomTECH(プルームテック)は想像以上に良いものだということが分かります。

特に紙巻たばこからPloomTECH(プルームテック)に変えた場合は少々物足りなさを感じるかもしれませんが、紙巻からアイコス、アイコスからPloomTECH(プルームテック)に変えてみると、今後はPloomTECH(プルームテック)のみで良いかなと感じるほどです。

アイコスは何かと故障でイラっとくる瞬間がありますが、PloomTECH(プルームテック)にはそれがありません。

吸った感じのタバコ感さえ妥協できれば、PloomTECH(プルームテック)の方が格上だと私は個人的に感じます。

そして、紙巻たばこやアイコスは一度火をつけたり電源を入れてしまうと、時間とともに吸えなくなってしまいますが、PloomTECH(プルームテック)は自由に吸うことができますので無駄がありません。

特に私のような本業がデザイナーやプログラマーだったりすると、たばこに火をつけたまま結局吸わないで終わるなんていうこともありますが、PloomTECH(プルームテック)にはそれがありません。

自動電源システム(吸うたびに自動で電源が入り、自動で電源が落ちる)が採用されていますので、一口だけ吸ってまた後で吸うこともできます。

これってかなり便利ですよね…♪

プルームテックは3,000円でスターターキットを購入することができますので、まだ試したことのない方は是非一度試してみてくださいね。

PloomTECH(プルームテック)はどこで買える?販売店や購入方法まとめ PloomTECH(プルームテック)はどこで買える?販売店や購入方法まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください