2016年以降、喫煙者の中で流行しているのが新感覚の次世代タバコ「加熱式タバコ」です。

フィリップモリスから販売されている『iQOS(アイコス)』、JTから販売されている『PloomTECH(プルームテック)』、BATから販売されている『glo(グロー)』と、タバコ販売大手3社がユーザー確保のために接戦している状況です。

 

しかし、3種類もあると喫煙ユーザーはどれを選べば良いのか悩みますよね?

 

ということで今回は、まだ加熱式タバコを購入していない方の為に、新型・旧型iQOS(アイコス)、PloomTECH(プルームテック)、glo(グロー)の使いやすさや仕様、価格、味わいなどを徹底比較してみましたので、是非参考にして頂ければと思います。

 

加熱式タバコ3社徹底比較

 

「加熱式タバコ」とは?

まず最初に、iQOS(アイコス)やPloomTECH(プルームテック)、glo(グロー)などの『加熱式タバコ』のことについてご説明していきたいと思います。

 

そもそも「加熱式タバコ」とは、タバコ葉を燃焼させて煙を発生させるわけではなく、タバコ葉を熱して水蒸気を発生させる仕組みのタバコのことを言います。

 

ですので、PloomTECH(プルームテック)は厳密的に言うと加熱式タバコではありません。

 

そして、加熱式タバコは葉っぱを燃焼させて吸うわけではありませんのでタールは発生しません。ですが、しっかりとニコチンは含まれていますので、健康への害が90%削減できていると言えどゼロではありません。

 

加熱式タバコの健康への害については別記事で解説しておりますのでそちらを参考にしてください

 

関連記事→『iQOS(アイコス)』結局のところ健康や害はどうなの?

関連記事→『iQOS(アイコス)』による妊娠中の妊婦さんへの影響は?

 

加熱式タバコを簡単にまとめると、次世代の健康趣向なタバコであり、喫煙者と非喫煙者が共存できる場所を増やすことができる『新感覚のタバコ』と言ったところでしょう。

 

 

iQOS(アイコス)とは?

iQOS(アイコス)

『iQOS(アイコス)』は、フィリップ・モリス・ジャパン(PMJ)から販売されている「加熱式タバコ」です。

 

現在は、マールボロから3種類の「ヒートスティック」と呼ばれる「タバコ葉」が販売されていますが、喫煙ユーザーから絶大な支持を得ている喫煙グッズの一つです。

フィリップ・モリスと言えば、他にもメジャーなタバコで言うと「パーラメント」や「ラーク」などがありますが、iQOSのヒートスティックでパーラメントが出るという噂もあります。

 

iQOS(アイコス)の購入方法はコチラ
『iQOS(アイコス)』2017年2月以降の購入方法とキャンペーン価格

 

新型アイコスの詳細はコチラ
新型iQOSが発売開始!旧型アイコスと新型アイコスの比較まとめ!

 

 

PloomTECH(プルームテック)とは?

PloomTECH(プルームテック)

そして、『PloomTECH(プルームテック)』は、日本たばこ産業(JT)から販売されている「電子タバコ」です。

 

現在は、メビウスから3種類の「たばこカプセル」が販売されていますが、公式サイトからしか定価で購入できないことから、現在は非常に希少価値の高い喫煙グッズとなっています。

メビウス(旧マイルドセブン)と言えば、日本人には最もタバコとしての知名度が高いものですが、PloomTECH(プルームテック)の生産が追いついていないことを克服するために、2017年度以降はさらに入手しやすくなるという噂もあります。

 

PloomTECH(プルームテック)の購入方法はコチラ
『PloomTECH(プルームテック)』の販売店や販売方法まとめ

 

 

glo(グロー)とは?

glo(グロー)

そして、『glo(グロー)』は、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BAT)から販売されている「加熱式タバコ」です。

 

現在は、KENT(ケント)から3種類の「ネオスティック」と呼ばれる「タバコ葉」が販売されていますが、こちらは最近流行りの細身のタバコ葉となっています。

BATと言えば、他にもメジャーなタバコで言うと「クール」や「ラッキーストライク」などがありますが、状況に応じてクールやラッキーストライクのネオスティックも生産していくのだと思います。

 

glo(グロー)の購入方法はコチラ
『glo(グロー)』のキャンペーンを利用した購入方法まとめ

 

グローの使い方についてはコチラ
加熱式タバコ『glo(グロー)』の使い方マニュアル【完全版】

 

加熱式タバコの「iQOS(アイコス)」、「PloomTECH(プルームテック)」、「glo(グロー)」の3種類が販売されているということはご理解頂けたと思いますので、次項からは加熱式タバコ3社の比較を掲載していきたいと思います。

 

最初に言っておきますが、これから掲載していく内容は、管理人である私が個人的に評価したものですのであくまで参考までにしてください。

 

本体価格の比較

まずは、加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」、「PloomTECH(プルームテック)」、「glo(グロー)」の本体価格の比較からです。

本体価格の比較定価キャンペーン
新型iQOS10,9807,980
iQOS¥9,980¥6,980
PloomTECH¥4,000¥2,000
glo¥7,980¥3,980

新型アイコスの定価は、10,980円(キャンペーン価格7,98円)です。

 

PloomTECH(プルームテック)はダントツ安いのが特徴です。iQOS(アイコス)に関しては、製品自体がホルダーとポケットチャージャーの2つに分かれていますので、そこを考えればglo(グロー)と同等です。

 

 

タバコ葉の比較

次に、加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」、「PloomTECH(プルームテック)」、「glo(グロー)」のタバコ葉の比較です。

タバコ葉の比較価格数量1本あたりの価格
iQOS¥46020本¥23.0
PloomTECH¥4605本¥15.3
glo¥42020本¥21.0

※PloomTECH(プルームテック)のたばこカプセルは5本=30本相当です。

 

タバコ葉に関しては、PloomTECH(プルームテック)がやや安い設定になっています。

 

 

味の比較

続いて、加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」、「PloomTECH(プルームテック)」、「glo(グロー)」の味の比較です。

味の比較タバコ感水蒸気の量ニオイ
iQOS★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆
PloomTECH★☆☆☆☆★★★★☆★☆☆☆☆
glo★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆

 

やはりタバコ感を考えてしまうと、フィルターを咥えた感覚などはiQOS(アイコス)やglo(グロー)が上回ります。しかし、水蒸気の量に関しては、PloomTECH(プルームテック)が一番です。

 

吸い方にもよると思いますが。。。

 

 

充電仕様の比較

続いて、加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」、「PloomTECH(プルームテック)」、「glo(グロー)」の充電仕様の比較です。

充電仕様の比較充電時間公式推奨
iQOS約90分ホルダー1本毎
チャージャー20本毎
PloomTECH約60分5本毎(30本相当)
glo約120分35本毎

 

充電仕様に関しては、どれも機械であることは一緒ですので、必ず充電しなくてはなりません。

しかし、iQOS(アイコス)は1本吸った毎にホルダーを充電しなくてはなりませんが、glo(グロー)は充電MAXの状態で続けて35本吸うことができますので、2本吸いすることも可能です。

 

見た目(デザイン)の比較

続いて、加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」、「PloomTECH(プルームテック)」、「glo(グロー)」の見た目(デザイン)の比較です。

見た目の比較コンパクト度恥ずかしさ度
iQOS★★☆☆☆★★☆☆☆
PloomTECH★★★★☆★★★☆☆
glo★★★☆☆★★★★☆

 

見た目やデザインに関しては、個人によって異なると思いますが、私個人的にはiQOS(アイコス)が一番違和感なく外出先でも吸えると思います。

 

もちろん知名度もあると思いますが。。。

 

iQOS(アイコス)が発売された当時は、喫煙所で吸う際に恥ずかしいと思う時もありましたが、現在は意外とiQOSユーザーがたくさんいることに気付きます。

 

 

持ち運びやすさの比較

続いて、加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」、「PloomTECH(プルームテック)」、「glo(グロー)」の持ち運びやすさの比較です。

持ち運びやすさの比較身軽さ重量
iQOS★★☆☆☆約120g
PloomTECH★★★★★約16g
glo★★★☆☆約101g

 

持ち運びやすさに関しては、PloomTECH(プルームテック)が一番コンパクトでかさばることがありませんが、iQOS(アイコス)やglo(グロー)は、タバコ葉の「ヒートスティック」や「ネオスティック」を一緒に持ち運ばないといけませんので少々邪魔に感じる時があります。

最近では便利なケースが販売されていますので、持ち運びはだいぶ楽になりました。

 

おすすめのケースは別記事で掲載しておりますので、そちらを参考にしてください。

 

関連記事→iQOSユーザーにおすすめしたい『最新のアイコスケース』厳選5選

関連記事→『PloomTECH(プルームテック)』におすすめのケース【最新】

 

 

手に入りやすさの比較

そして最後に、加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」、「PloomTECH(プルームテック)」、「glo(グロー)」の手に入りやすさの比較です。

手に入りやすさの比較入手確率販売状況
新型iQOS★★☆☆☆iQOSストア限定
iQOS★★★☆☆購入可
PloomTECH★☆☆☆☆公式サイト、福岡限定
glo★★☆☆☆仙台市限定

 

極端な話、定価以上の高いお金を払えばすぐに購入することは可能です。

しかし、定価やキャンペーン価格で購入するとなると、どれも入手しにくいのが現状です。2017年の春から夏にかけてで入手しやすくなるという噂もありますが。。。

スポンサーリンク

まとめ:一番おすすめの加熱式タバコは?

以上が、加熱式タバコ【新旧iQOS・PloomTECH・glo】徹底ガチ比較!になります。

まとめになりますが、新型・旧型iQOS(アイコス)、PloomTECH(プルームテック)、glo(グロー)のそれぞれに良いところもあれば、悪いところもあります。

 

例えば、iQOS(アイコス)は尋常じゃないほど故障しますし、PloomTECH(プルームテック)は少し物足りなさを感じる方もいると思います。

こればっかりは個人差がありますので何とも言えませんが、私個人的にはやはり「iQOS(アイコス)」が一番おすすめです。

 

これから加熱式タバコを購入する方は、上記で記載した内容を是非参考にしてください♪

加熱式タバコの人気関連記事

『glo(グロー)』既にヤフオクで出品されてるけど金額がヤバい!

プルームテックを通販で購入する際に「互換キット」には注意!?

アイコスを吸い続けると「太る」噂は本当か!?体重増加の原因は?