新感覚のタバコで話題の加熱式タバコ『iQOS(アイコス)』

アイコスは従来の紙巻タバコとは違い、たばこ葉を燃やして吸うわけではありませんので、健康への害が少ないことは分かります。

また、販売元であるフィリップモリスジャパンからも『アイコスは90%以上の有害物質を削減している』と発表されておりますので、健康趣向のタバコということは誰もが知っていることです。

ですが、実際のところアイコスの健康や害について真実はどうなのか気になりますよね。。。

 

そこで今回は、加熱式タバコ『iQOS(アイコス)』の健康や害について掲載していきますので是非ご覧ください。

 

『iQOS(アイコス)』は有害物質を90%カットしている!?

アイコスは有害物質が90%カットされている

 

喫煙者に話題沸騰中の加熱式タバコ『iQOS(アイコス)』は、従来の紙巻タバコとは異なりライターなどの火を使いませんので、副流煙が出ないことから周りの方に迷惑をかけないという最大のメリットがあります。

 

確かに、アイコス自体が相当良いものだということは、メーカーの宣伝や各種ブログやサイトなどで掲載されていますので分かります。

 

ですが、これからアイコスを購入しようか考えている方にとって一番気になる情報は、「アイコスを吸ったことによる健康や害」についてだと思います。

一応、販売元のフィリップモリスジャパンからは『従来の紙巻タバコに比べ90%以上の有害物質をカットしている』と発表されていますが、実際にはどうなんでしょうか。。。?

 

私は、アイコスに移行してからそれなりの月日が経過していますが、特に体の変化に異常はありません。

しかし、将来的なことも踏まえ、自分なりに調査してみましたのでその内容を詳しく掲載していきます。

 

 

『紙巻タバコ』における健康への害について

紙巻タバコにおける健康への害

 

まず初めに、そもそも従来からある『紙巻タバコ』における健康への害についてご説明していきます。

 

「タバコ」を想像してすぐに答えられる情報といえば、「肺がんになりやすい」「体力の低下」「血液の循環が悪くなる」などですが、本来考えられる健康や害についての情報はこれだけではありません。

 

例えば、タバコに含まれる「ニコチン」が体内に入ると、血管を収縮させて血液の流れを悪くしますので、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患にかかりやすくなります。

 

また、タバコのフィルターなどに付着する茶色いヤニを「タール」と言いますが、このタールには約10種類以上の発がん性物質が含まれています。

タバコ1本には微量しか含まれていませんが、長い年月にわたり蓄積されることによりガンになるとされています。

 

更に、タバコから発生される煙のガス成分には、「一酸化炭素」が含まれていますので、喫煙者は常時一酸化炭素を体内に送り込んでいることになります。

一酸化炭素は、赤血球中のヘモグロビンと結びつき酸素を全身に送る働きを妨害します。

そうなることにより、脳細胞を含む全身に酸素が行き届かなくなりますので、冠状動脈や脳血管の動脈硬化を促進することになってしまいます。

 

更に更に、妊娠中の女性が喫煙をすると、胎盤の血管が収縮したりと胎児の成長に大きな影響を及ぼします。最悪の場合は、未熟児が生まれてしまったり妊娠合併症になってしまったり危険を伴います。

 

結論的に言うと、紙巻タバコを吸うことによりマイナスな事しかないということになります。

 

タバコは吸わないにこしたことはないですが、ニコチンの依存から禁煙できない方が多いのが現実です。

 

関連記事→『iQOS(アイコス)』による妊娠中の妊婦さんへの影響は?

 

 

加熱式タバコ『iQOS(アイコス)』における健康への害について

次に、加熱式タバコ『iQOS(アイコス)』における健康への害についてご説明していきます。

 

アイコスは、従来の紙巻タバコに比べて90%以上の有害物質をカットしていると販売元のフィリップモリスジャパンから発表されています。

 

その理由としては、火を使わないので、葉を燃焼させた煙を吸うという概念から、熱で水蒸気を発生させるという仕組みに変わったのが一番の要因だそうです。

 

過去に、アイコスのような仕組みのタバコが存在していたわけではありませんので、実際には健康被害の詳細や確率などは現時点では不明みたいです。

 

しかし、販売元であるフィリップモリスジャパンでは、長年の研究と開発により生み出されたものですので、相当な自信と低リスクを提唱しています。

とは言っても、ニコチンは含まれていますので、吸わない方に比べればリスクがあることに違いはありません。

 

やはりアイコスも、吸っている以上は健康への害は少なからずあるという結論に至ります。

スポンサーリンク

まとめ

以上が、『iQOS(アイコス)』結局のところ健康や害はどうなの?になります。

まとめになりますが、アイコスは結局のところ「タバコ」に変わりはありませんので少なからず害はあります。

しかし、従来の紙巻タバコと比較すると、9割以上の有害物質が削減されていますので、紙巻タバコよりはマシという考えが正論だと私は思います。

 

もしかしたら、将来は完全にリスクゼロの「タバコ」が発売されることも遠い話ではないのかもしれませんね。

 

改めて言いますが、「タバコ」は吸わないにこしたことはありません。アイコスであろうと『禁煙』できる方は、どう考えても禁煙した方が将来的にも人生的にも損をしません。

 

私もやめたいんですけどね。。。(泣)

 

以上です。

加熱式タバコiQOS(アイコス)に関する人気記事

iQOSユーザーにおすすめしたい『最新のアイコスケース』厳選5選

『iQOS』蓋・開閉ボタンが壊れた方にオススメの裏技はコレ!

アイコスを吸い続けると「太る」噂は本当か!?体重増加の原因は?

アイコスを始めた方必見!この機会に歯のホワイトニングを!

iQOSの公式サイトから「故障診断」をして【交換申込】をする方法