【プルームエス】PloomS 2.0が故障した時の対処法!LEDの点滅パターンや交換方法など

【プルームエス】PloomS 2.0が故障した時の対処法!LEDの点滅パターンや交換方法など

皆さんこんにちは!管理人のゆめぼく(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、加熱式たばこ「PloomS 2.0(プルームエス)」が故障した時の対処法についてまとめています。

PloomS 2.0が故障したかなと思ったら確認して欲しいLEDの点滅、点灯パターンをはじめ、保証期間やリセット方法、デバイスの交換方法などを詳しく解説していますので、是非参考にしてくださいね!

PloomS 2.0の基本操作について

まずは、PloomS 2.0の基本操作からおさらいしていきます。

初代プルームエスとは違い、Ploom 2.0には「テイスト・アクセルモード」が搭載していますので、モードの切替など、若干使い方や表示が異なります。

PloomS 2.0の加熱方法

PloomS 2.0の加熱方法は、以下になります。


STEP.1
スライドカバーを開ける
まずは、PloomS 2.0本体デバイスのスライドカバーを開けます。スライドカバーを開けると、モード表示LEDが青点灯、または緑点灯します。

STEP.2
たばこスティックを挿入する
PloomS専用のたばこスティックを挿入します。ちょうどフィルターの点線が隠れない程度まで挿入するのが目安です。

STEP.3
アクショボタンを長押しして加熱する
アクショボタンを2秒以上長押しすると2回振動して加熱が始まり、白色の状態表示LEDが点滅から点灯に変わり、2回振動したら加熱完了です。(約30秒)

STEP.4
加熱完了後、味わう
1回の加熱で約4分30秒、または14パフ使用できます。残り30秒、または残り2パフになると1回振動し、上限時間の4分30秒になると2回振動、14パフに到達すると3回振動して終了です。

STEP.5
加熱終了後、たばこスティックを取り出す
加熱終了後は、たばこスティックを取り出して廃棄し、スライドカバーを閉じて終了です。

使い方自体は特に難しいことはなく、一度使えば迷うことなく使えると思います。

別記事の「新型デバイス「PloomS 2.0(プルームエス)」レビュー!過去最高のデバイスに進化」にて、画像付きで詳しくレビューしていますので併せてご覧ください。

テイスト・アクセルモードの切替方法

PloomS 2.0のテイスト・アクセルモードの切替方法は、以下になります。

モード表示LEDが青色の時にアクショボタンを素早く3回押すと、「ブーーーッ」と振動して緑色点灯に変わります。

テイスト・アクセルモードがONの時はモード表示LEDが緑色に点灯し、OFFの時は青色に点灯します。

PloomS 2.0の充電方法

PloomS 2.0の充電方法は、以下になります。


STEP.1
付属の充電器具で充電する
スターターキットに付属のUSB-Cケーブル、ACアダプターを使用して充電をします。

STEP.2
充電開始時に振動する
充電開始時に1回振動します。初回のみ充電開始時に4回振動します。

STEP.3
LEDが徐々に点滅、点灯する
白色の状態表示LEDが徐々に点滅、点灯します。

STEP.4
充電完了
状態表示LEDが全て消灯したら充電完了の合図です。60分充電で約20本、90分充電で約22本使用可能です。

付属の充電器具を使用していない場合や、電圧不足、またはバッテリーの劣化で充電時間や使用時間が変動します。

PloomS 2.0が故障かなと思ったら確認して欲しいLEDの点滅、点灯パターン

ではここからは、PloomS 2.0が故障かなと思ったら確認して欲しいLEDの点滅、点灯パターンをご紹介していきます。

最新のデバイスは故障しにくいと言われていますが、やはり電子機器なのでいつかは壊れますし、ハズレを引いてしまった場合は早い段階で故障してしまうものです。

PloomS 2.0は保証期間が最長2年と長いので、焦らず対処していきましょう!

LEDが赤色に点灯している

デバイスの「モード表示LED」が赤色に点灯している場合は、故障している可能性が高いです。

一度デバイスのリセットをして、それでも改善されない場合には「Ploom専用カスタマーサービス」へ連絡してください。

LEDがオレンジ色に点滅している

デバイスの「モード表示LED」がオレンジ色に点滅している場合は、時間を置くことで解決する可能性が高いです。

デバイスの状態や周囲の環境によりデバイスの温度が高い、または低い状態ですので、オレンジ点滅が消えるまで待ちましょう。

チェーンスモークをした際などに、よくみられる点滅パターンのようです。

デバイスが持てないくらいに熱い

デバイスが持てないくらいに熱い場合は、故障している可能性が高いです。

ただちに、「Ploom専用カスタマーサービス」へ連絡してください。

チェーンスモークをした際にもやや熱を持つことがありますが、チェーンスモークをしている訳でもないのに熱を持った場合は、一応カスタマーサービスまで連絡することをおすすめします。

スライドカバーを開けてもLEDが点灯しない

スライドカバーを開けてもLEDが点灯しない場合は、バッテリー残量がない、または故障している可能性が高いです。

まずは付属の充電器具で充電し、それでも改善されない場合には「Ploom専用カスタマーサービス」へ連絡してください。

デバイスが動作しない

デバイスが動作しない場合は、バッテリー残量がない、またはデバイスが外気温の影響で低温になっている可能性が高いです。

充電、または通常の温度に戻るまで待ち、それでも動作しない場合には「Ploom専用カスタマーサービス」へ連絡してください。

充電時に全てのLEDが点滅する

充電時に全てのLEDが点滅する場合は、充電できていない可能性が高いです。

特に付属の充電器具、または推奨の充電器具以外で充電した際に起こる現象のようですので、まずは付属の充電器具で充電してみましょう。

バッテリー残量確認時にLEDの1つが点滅する

バッテリー残量確認時にLEDの1つが点滅する場合は、バッテリー残量がない可能性が高いです。

ゆっくり点滅している時はバッテリー残量がほとんどなく、点滅が速い時はバッテリー残量が全くない状態ですので、すぐに付属の充電器具で充電しましょう。

それでも改善されない場合には、故障している可能性もありますので、「Ploom専用カスタマーサービス」へ連絡してください。

充電開始後、長時間経過してもLEDが全て点灯した状態にならない

充電開始後、長時間経過してもLEDが全て点灯した状態にならない場合は、充電器具に問題がある可能性が高いです。

対処法としては、付属の充電器具を使うことですが、使用していくと充電器具も汚れや劣化によって使えなくなる場合があります。

接続部分に汚れがないかを確認し、それでも改善されない場合には、「Ploom専用カスタマーサービス」へ連絡してください。

充電したのにすぐにバッテリー残量がなくなる

充電したのにすぐにバッテリー残量がなくなる場合は、故障している可能性が高いです。

バッテリーは消耗品ですので、使っていくと必ず劣化します。

保証期間内であれば無償で交換してくれますので、まずは「Ploom専用カスタマーサービス」へ連絡してください。

充電開始時に4回振動した

充電開始時に4回振動した場合は、故障ではありませんのでご安心ください。

購入後初めて充電する際に起きる現象で、しばらく使っていない場合も起きる可能性があるようです。

付属の充電器具を使用して充電しましょう。

テイスト・アクセルモードの切替ができない

テイスト・アクセルモードの切替ができない場合は、故障ではありませんのでご安心ください。

必ずスライドカバーを開けた状態、また充電がある状態で実施すれば切替をすることができます。

スライドカバーを閉じたら振動した

スライドカバーを閉じたら振動した場合は、故障ではありませんのでご安心ください。

加熱終了の合図が出る前にスライドカバーを閉じた際に起こる現象ですので、特に問題ありません。

PloomS 2.0が故障した時の対処法や交換方法

PloomS 2.0が故障した時の対処法や交換方法について解説して参ります。

基本的にPloomS 2.0は保証期間内であれば無償交換をしてくれますので、以下の方法を参考に冷静に対処していきましょう。

PloomS 2.0の保証期間について

PloomS 2.0の保証期間は、以下になります。

保証期間は最長2年(製品登録をしないと1.5年)

PloomS 2.0の保証期間は、他社製品と比べて最も長く、最長2年となります。

ただし、製品登録をしない場合は半年間短くなってしまいますので、必ず製品登録をした上で使用するようにしましょうね!

デバイスのリセット方法

PloomS 2.0のリセット方法は、以下になります。

  • 手順1:スライドカバーを閉じた状態でアクションボタンを10秒以上長押しする
  • 手順2:全てのLEDが点滅し、3回振動する

中には、デバイスのリセットをするだけで直るケースもあるようですので、まずは故障かなと思ったらリセットをして様子を見てみましょう。

Ploom専用カスタマーサービスの連絡方法

Ploom専用カスタマーサービスの連絡方法は、以下になります。

Ploom専用カスタマーサービス

電話:0120-108-513

受付時間:9:00〜21:00(年末年始除く)

基本的には電話でのお問い合わせが無難ですが、Webサイトからのお問い合わせも受け付けています。

Webサイトの受付はこちら

まとめ

いかがでしたか?お手持ちのPloomS 2.0が故障した際には、本記事に記載の対処法を参考に対処してみてください。

基本的に加熱式たばこは電子機器なので、いつかは壊れます。

どこまで耐久があるかは分かりませんが、目安として約1年〜2年が買い替えのタイミングですかね…。

僕の場合は、故障する前に新型機を購入することが多いのであまり故障に遭遇することはありませんが、故障して使えない時間ができてしまうと非常に不便ですよね…(汗)

いまさら紙巻たばこは吸いたくないですし…。

ですので、若干初期投資はかかってしまいますが、二台持ち、あるいは異なるデバイスを複数台持つのがおすすめです。

例えば、PloomS 2.0を二台購入する、あるいはPloomS 2.0とPloomTECH+を一台ずつ購入するなど、そうすれば故障しても使えない時間がなくなりますので安心ですよ。

以上、長文になってしまいましたが、当サイトをご覧頂きありがとうございました!

\製品詳細やご購入はこちら/
CLUB JT公式オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください