【PloomTECHとPloomTECH+比較】買うならどっちがおすすめ?

【PloomTECHとPloomTECH+比較】買うならどっちがおすすめ?

皆さんこんにちは!管理人のゆめぼくです。

さて今回は、PloomTECH(プルームテック)とPloomTECH+(プルームテックプラス)の比較をまとめています。

また、PloomTECHとPloomTECH+では『どちらがおすすめなのか?』とお悩みの方もいると思いますので、是非購入前に参考にしてくださいね。

PloomTECHとPloomTECH+をサクッと比較

まずは、PloomTECH(プルームテック)とPloomTECH+(プルームテックプラス)の比較一覧表をご覧ください。

比較 PloomTECH PloomTECH+
価格 税込2,500円 税込2,980円
温度 30℃の低温型 40℃の低温型
カラー 全8種※1 全10種
たばこの種類 たばこカプセル たばこカプセル
フレーバーの種類 全10種+限定各種 全8種
水蒸気量 ★★★☆☆ ★★★★☆
ニオイ満足度 ★★★★★ ★★★★★
吸い応え ★★★☆☆ ★★★★☆
連続吸引
連続本数 約5カプセル 約5カプセル
加熱待ち時間 なし なし
交換タイミング 約50パフ 約50パフ
たばこの価格 490円 500円

※1:「CROSS THE BORDER」の限定バッテリーが各色あります。

簡単に吸い応えだけで見れば「PloomTECH<PloomTECH+」と考えて頂ければ分かりやすいですね。

では以下、それぞれの特徴をご紹介していきます。

注意
上記に記載の数値は2019年12月現在の情報です。可能な限り最新の情報に更新しますが、詳細は公式ページにてご確認ください。

PloomTECH(プルームテック)の特徴

PloomTECH(プルームテック)の特徴1

PloomTECHの特徴

  1. JT初となる加熱式たばこ
  2. 吸い応えは弱いがニオイもほぼない
  3. 他社製品の加熱式たばこに比べてコンパクト
  4. 基本カラーはブラックとホワイトの2種類
  5. カプセルは全10種類+限定各種

PloomTECH(プルームテック)の特徴はご覧の通りです。

プルームテック最大の特徴は、やはりニオイが全くと言って良いほどないところです。

PloomTECH(プルームテック)の特徴2

また、たばこカプセル(画像中央)とカートリッジ(画像右)を交換するだけでなので、使い方も非常に簡単です。

PloomTECH(プルームテック)の特徴3

たばこカプセルの銘柄「メビウス」がブラック、「ピアニッシモ」がホワイトのカートリッジとなっていますので、良く吸う銘柄に合ったスターターキットのカラーを選択しましょう。

別記事にて詳しいレビュー記事を公開していますので、是非下記リンクも合わせてご覧ください。

PloomTECH+(プルームテックプラス)の特徴

PloomTECH+(プルームテックプラス)の特徴1

PloomTECH+の特徴

  1. プルームテック(JT)の新製品
  2. プルームテックよりも吸い応えがある
  3. 加熱式タバコよりはVAPE寄り
  4. 基本カラーはブラックとホワイトの2種類
  5. カプセルは全8種類

PloomTECH+(プルームテックプラス)の特徴はご覧の通りです。

分かりやすく解説すると、たばこというよりはVAPEに近い喫煙具で、プルームテックよりも加熱温度がやや高く、水蒸気量が多いのが特徴です。

PloomTECH+(プルームテックプラス)の特徴2

また、プルームテックとは異なる専用のたばこカプセルとリキッドカートリッジを装着して吸います。

PloomTECH+(プルームテックプラス)の特徴3

各フレーバーによってカートリッジ内のリキッドが異なりますので、それだけこだわった製品であることが分かりますね。

別記事にて詳しいレビュー記事を公開していますので、是非下記リンクも合わせてご覧ください。

購入するならどっちがおすすめ?

購入するならどっちがおすすめ?

ではここからは、PloomTECH(プルームテック)とPloomTECH+(プルームテックプラス)では購入するならどちらがおすすめなのか?についてご紹介していきます。

PloomTECHの購入がおすすめ

  • ニオイのない喫煙生活をしたい
  • 紙巻たばこや、高温加熱型の加熱式たばこを卒業したい

PloomTECH+の購入がおすすめ

  • 普段からプルームテックを利用しているが、どこか物足りないと感じている
  • 普段紙巻たばこを吸っているが、節煙の為にたまにVAPEを吸っている

人それぞれ意見は異なりますが、私個人的には上記のような感じです。

いずれも、紙巻たばこや高温加熱型の加熱式たばこに比べてニオイがないので、喫煙ユーザーだけでなくたばこを吸わない非喫煙者からも支持されています。

ただし、吸い応えといった点では、断然プルームテックプラスの方が水蒸気量も多くおすすめです。

PloomTECH+の購入方法はこちら▼
PloomTECH+(プルームテックプラス)はどこで買える?購入方法まとめ

まとめ

いかがでしたか?PloomTECH(プルームテック)とPloomTECH+(プルームテックプラス)では、性能こそ似ているものの、吸い応えに関しては「PloomTECH<PloomTECH+」のように明確な違いがあります。

・PloomTECH
驚くほどクリーンで手軽な低温加熱型

・PloomTECH+
吸い応えをプラスした低温加熱型

JT公式ページより引用

また2019年12月時点では、いずれも全国のコンビニ等で手軽に購入することが出来ますので、今後購入される方は今一度ぞれぞれの性能や吸い心地を考えてみましょう。

\製品詳細やご購入はこちら/
CLUB JT公式オンラインショップ