プルームテックとアイコスを徹底比較!プルーム一本でいけるのか?

プルームテックとアイコスを徹底比較!プルーム一本でいけるのか? PloomTECH(プルームテック)

本記事では、加熱式たばこ「PloomTECH(プルームテック)」と「IQOS(アイコス)」を徹底比較しています。

近年、加熱式ユーザーが飛躍的に増えていますが、その背景には健康への有害性を気にする方が増えていたり、周囲の方への配慮が関係しています。

そこで今回は、

 

  • 紙巻たばこからプルームテックに切り替えることは可能なのか?
  • アイコスからプルームテックに切り替えることは可能なのか?

 

ということも踏まえて、詳しく掲載していきますので是非ご覧ください。

プルームテックとアイコスの比較一覧

プルームテックとアイコスの比較一覧

まずは、プルームテックとアイコスの比較を一覧にしてみましたので、一度確認していきましょう。

比較 プルームテック IQOS
本体価格 3,000円 7,980円
たばこ価格 460円※1 460円※2
保証期間 1年 1年
サイズ 9×131mm チャージャー
53×114mm

ホルダー
14×94mm

重量 約7g 約120g
本数 カプセル5個 20本
容量 210mAh チャージャー
2,900mAh

ホルダー
120mAh

充電時間 1〜1.5時間 1.5時間
連続吸引
フレーバー 全5種類 全9種類
年間コスト 170,900円※3 175,880円※3
ニオイ ★☆☆ ★★☆
掃除 20本毎
手軽さ ★★★ ★☆☆

※1:カプセル5個、カートリッジ1本(30本相当)
※2:ヒートスティック20本入り
※3:1日1箱、本体を1年に1回購入

 

その他の比較記事は下記リンクをご覧ください。

加熱式たばこ3社の比較
グローとプルームテックの比較
アイコスとグローの比較

 

プルームテックとアイコスのメリット・デメリット

プルームテックとアイコスのメリット・デメリット

それでは簡単に、プルームテックとアイコスのメリットとデメリットをご紹介していきます。

感じ方は人それぞれですが、最も多いユーザーの声を簡潔にまとめてみました。

 

プルームテックのメリット

  • 本体価格が安い
  • ニオイがほぼない
  • コンパクトだから持ち運びが楽
  • 加熱式たばこの中でも有害性が最も低い
  • 掃除等のメンテナンスが必要ない

 

プルームテックのデメリット

  • 吸った気がしない
  • ついつい吸い過ぎてしまう
  • たばこカプセルが余る
  • 猫を飼っている方は注意が必要
  • カスタマイズ性に欠ける

 

アイコスのメリット

  • 紙巻たばこに近い
  • 紙巻たばこに比べて有害性が低い
  • 紙巻たばこに比べてニオイが少ない
  • 純粋にカッコ良い
  • キャップやケースなどカスタマイズアイテムが豊富

 

アイコスのデメリット

  • 本体価格が高い
  • 充電や掃除が面倒
  • 独特のニオイが臭い
  • 故障が多い
  • ヒートスティックの吸い損ないが稀にあり無駄がある

 

おすすめはどっち?

プルームテックとアイコスには、それぞれメリットがあればデメリットも存在します。

しかし、ユーザーとしては今後購入するならどちらがおすすめなのか?と悩んでしまう方もいると思います。

あくまで私個人的にですが、それぞれおすすめする理由を添えながら「おすすめはどっちなのか?」を掲載していきます。

 

紙巻たばこ感を求めている方はアイコス

紙巻たばこ感を求めている方はアイコス

アイコスは咥えた感覚、唇に伝わる熱、共に紙巻たばこに近い味わいを体感することができます。

また味わいも紙巻たばこ感があるので、違和感なくアイコスに移行することができます。

ですので、より紙巻たばこ感を求めている方には、プルームテックよりもアイコスがおすすめです。

 

とことんニオイを改善したい方はプルームテック

とことんニオイを改善したい方はプルームテック

プルームテックは味わいだけでなく、紙巻たばこで感じる嫌なニオイがほぼしません。

ですので、とことんニオイを改善したい方はプルームテックがおすすめです。

 

しかし、プルームテックに含まれる「プロピレングリコール(PG)」が、猫には有害性があるようですので注意してくださいね。

別記事にて、猫とPGの関係性について詳しくご紹介していますので、下記リンクも合わせてご覧ください。

プロピレングリコール(PG)は猫には有害!プルームテックやVAPEは注意!

2018.06.14

 

紙巻たばこからプルームテックに切り替えることは可能?

紙巻たばこからプルームテックに切り替えることは可能?

今現在紙巻たばこを吸っていて、今後プルームテックに切り替えることは可能なのか?

その答えは本人次第ですが、可能です。

 

というのも、何故加熱式たばこに切り替えるのか?を考えた時に、ニオイであったり有害性を気にするのであれば、吸い心地は我慢できると思います。

ただし、上述したようにプルームテックは吸い心地が少々乏しいので、満足がいかず結局紙巻に戻ってしまったという方もいるようです。

最近は、プルームテックで満足いかない方向けに、プルームテックのカプセルを味わうことができるVAPEが販売されています。

詳しくは別記事にてレビュー記事をご紹介していますので、下記リンクも合わせてご覧ください。

高性能な小型VAPE「ピコベビーQ16キット」レビュー【プルームテック対応】

2018.07.06

 

アイコスからプルームテックに切り替えることは可能?

アイコスからプルームテックに切り替えることは可能?

続いて、今現在アイコスをご使用中の方が、プルームテックに切り替えることは可能なのか?

私個人的には、十分可能だと感じます。

 

この件に関しては、紙巻たばこからプルームテックよりも、アイコスからプルームテックに切り替えるほうが断然余裕です。

逆に、アイコスのニオイはクセがあって嫌だという方もいるようです。

その点プルームテックは嫌なニオイがほぼしませんので、最近は全国販売開始を機に、アイコスからプルームテックに切り替える方も増えているようです。

 

まとめ

以上が、プルームテックとアイコスを徹底比較!プルーム一本でいけるのか?になります。

まとめになりますが、プルームテックとアイコスにはそれぞれ良い部分もあれば悪い部分もあります。

また今後も加熱式たばこは、益々ユーザー数が増えることが予想されます。

一部未確定情報ではありますが、紙巻たばこはNGだけど加熱式たばこならOKという条例も施行されるようですので、必然的に加熱式たばこに切り替えたほうが良いという環境も構築されていくことでしょう。

ここ最近は、加熱式たばこの本体価格も軒並み安くなっていますので、この機会に是非加熱式たばこに切り替えてみましょう♪

 

ニコチンやタールを完全に絶ちたい方は、最近流行りの「ビタミンタバコ」がおすすめです。

別記事にて、おすすめのビタミンタバコをまとめていますので、お時間のある方は是非下記リンクも合わせてご覧ください。

ネット通販で人気の「ビタミン入り電子タバコ」全10種類をまとめて掲載!

2017.08.04