喫煙者に話題の加熱型たばこ『iQOS(アイコス)』。

最近では、iQOSユーザーが増えたことで妙な噂が飛び交っているようです。その噂は、「iQOSを吸い続けると太る可能性がある」という内容です。体重増加の原因は本当にアイコスにあるのか?について私の個人の見解のもと掲載していきますのでご覧ください。

 

iQOS(アイコス)を吸い続けると体に異変が起きるのか?

紙巻たばこからiQOSに移行すると「太る」って本当?

ここ最近、喫煙者の中で、過去に例がないほどの健康ブームが流行しています。

その理由は、フィリップモリスジャパンが販売している『iQOS(アイコス)』の登場や、JTが販売している『PloomTECH(プルームテック)』が原因のようです。

両社が販売している『iQOS(アイコス)』と『PloomTECH(プルームテック)』は、従来の紙巻たばこの概念を完全に崩した新感覚のたばこです。

共に、火を使わないというのが特徴ですが、火を使わないということは、「タール(ヤニ)」が発生しませんので、発がん性物質を大幅に削減できるという最大のメリットがあります。(ニコチンは含んでいます)

iQOS(アイコス)に限っては、『有害物質を95%以上カット』という販売セールスをしているほど、健康への害が少ないことをアピールしています。

 

管理人の私も、iQOSに移行してからあらまし半年を迎えようとしていますが、健康への害が少ないことは身体で感じています。今までは、ベランダや換気扇の下でたばこを吸うのが普通でしたが、iQOSやPloomTECHを吸うようになってからは、リビングルームで吸うようになりました。

家族に迷惑をかけずに喫煙することができるということは、非常に大きなことかもしれません。

 

そんな新感覚のたばこブームが到来している中で、妙な噂を耳に入れましたのでその内容を掲載していきたいと思います。

 

それは、『iQOSを吸い続けると太る』という噂です。

 

最初聞いた時は、『何を言っているんだ』『バカじゃないのか』と思っていましたが、ふと自分の体重を計ってみたら衝撃の体重増加に身体がのけぞってしまいました。

 

日常で体重を計るということがない私は、銭湯に行った時か健康診断の時くらいしか体重計にのることはありません。

 

思い出してみても、最後に体重計にのったのは丁度アイコスに移行する1ヶ月ほど前の健康診断の時です。

その時の体重は70キロ弱でしたが、現在は80キロ弱まで増加しています。

 

そうなんです!

アイコスに移行してからの半年間で約10キロも増加してしまったのです。。。(悲)

 

いやぁこれは悲しい。。。

よく見てみると下っ腹がポッコリしているではないですか。。。

これぞまさしく、メタボリック症候群というやつです。。。

 

何年か前には『あんなみっともない身体にだけはならない』と思っていたはずの、まさかの体型になってしまった私は相当へこみました。。。

 

しかし、あまりにもへこんだ私は、例の知人の医師に相談しに行って参りましたので、その内容を掲載していきます。

 

 

体重増加の原因はアイコスなのか?

あまり長々と文章を書いても仕方がありませんので、結論的に言います。

 

知人の医師いわく、太った原因は『iQOS』にあると断言しました。

 

その理由としては、iQOS(アイコス)は従来の紙巻たばことは違い、火を使わないのでタールを発生させませんので、どう考えても体内に送り込まれる有害物質は減少しています。

分かりやすく説明すると、禁煙した際に、食事がおいしく感じる症状や、口元が寂しくなるのでついつい食べ物を口にしてしまうというのが原因のようです。

 

ですので、結果的には『iQOS(アイコス)』が原因かもしれませんが、完全に個人の怠けという結論に至りました。

もちろん知人の医師は、私だから説明してくれたことです。他の患者さんには『iQOSが原因だ』という発言は一切できないし、しないと明言していましたので医学的根拠ではないようです。

 

念のため訂正しておきます。

 

iQOSに移行すると「太る」という噂はあくまで噂です。体重が増加した原因、太った原因は完全に個人にあります。

 

でも実際のところどうなんでしょうか。。。

 

このまま更に太り続けるわけにはいきませんから、何かしらの対策を取らなくてはなりません。

 

あくまで私個人的な意見になりますが、やはり人は健康上、太り続けてしまうと病気にかかりやすくなってしまいますので、気づいたその時からダイエットを意識しなくてはなりません。

 

私自身に言い聞かせると共に、これからどうやってダイエットをしていこうか、または現在挑戦している減量などをまとめてみましたので気休め程度にご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

太り始めの対策と予防

食事制限をして食生活を改善させる

まずは、食事制限をして食生活を改善させるダイエット方法を説明していきます。

とその前に、私の記事なんかよりも、もっと専門的な記事はありますが、あくまで参考までに読んで頂ければと思いますので予めご理解ください。

 

早速ですが、食事制限は非常に重要なことです。

食べたいものを好きなだけ食べるという生活は、誰が見ても太る原因になってしまいます。

食事の際の「おかわり」、「間食(おやつ)」この2つを阻止するだけでだいぶ変わってくると思いますが、それよりも、野菜中心の食生活にシフトしたり、米やパンなどの炭水化物を減らすことで、それだけでもダイエット効果があると言われています。

しかし、極端にダイエットを開始してしまうとリバウンドの恐れがありますので、しっかりと段階を踏んで実施するのが理想です。

 

特に私が現在おこなっている食事制限の方法は、

 

朝食・・・普通に食べる、むしろ栄養価の高いものを摂取するように心がけている
昼食・・・油ものは避けていますが、普通におかわりをして食べる
夕食・・・炭水化物、油ものは一切摂取せず、サラダとスムージーのみを食す

 

この方法をおこなっただけでも、1ヶ月で4キロ近く減量することに成功していますが、日々の誘惑に耐えることがとても大変です。。。

やはり、食事制限も大事ですが、何よりも何かしらの行動に出るということが非常に重要です。

 

毎度のことですが、私の妻は健康に口うるさいので、いろいろと言われ上記の食事制限にプラス、毎朝欠かさず飲んでいるものをご紹介しておきます。

 

それは、上記画像の『イマークS』です。

その時のメニューにもよりますが、スムージーに混ぜて飲んだりもしていますが、毎日1本飲むことで、「血中中性脂肪」が低下する効果があるようです。

 

  • 運動をする時間がない
  • ついつい食べすぎる
  • 毎日の食生活が偏りがち
  • お酒をよく飲む

 

という方にはオススメです。

 

興味のある方はコチラからどうぞ→イマークS

 

 

適度の運動をして、健康を維持する

次に、適度の運動をしてダイエットをする方法について説明していきます。

 

毎朝、早起きしてウォーキングをするなんてこと出来ますか?

 

『出社に間に合うギリギリの時間まで寝ていたい』

 

そう考えるのが普通だと私は思います。

 

運動する時間があるなら私だってしていますよ。。。

 

と私のように考える方は多いと思いますが、そのような考えでは体重を減量することは出来ません。

上記でも言いましたが、やはりダイエットしたいと考えたその日から、何かしらの行動に出なくては意味がありません。

毎日寝る前に、腹筋を30回行うだけでも下腹部のポッコリは多少おさまるでしょうし、早起きできる方は朝のウォーキングをすることで大きな変化が出ると思います。

 

しかし、続けないと意味がないんですよね。。。(汗)

 

私はどちらかと言うと「努力家」の側の人間ですが、どうも運動を続けることができないようです。

昨年までは、毎週のようにゴルフをしていたのですが、最近は行かなくなったせいか、極度に運動量が低下しています。

きっと私と同じように感じる方も少なくないのではないでしょうか?

 

そこで、おもいきってジムに通うのはどうか?ということで、私、実際にジムに通い始めてみました。

 

最近では、店舗型のジムや、出張型のジム、あるいはオンラインダイエットなんかも流行っているようです。

 

入会時や月額でみれば、ジム通いは多少の金銭リスクを伴いますが、継続しやすさを考えれば断トツです。「痩せなければ全額返金」というマンツーマンのプログラムを提供しているジムもありますので、興味のある方は入会して結果を残すことも大事なことかと思います。

興味のある方はコチラからどうぞ→パーソナルトレージングジム

 

 

まとめ

これからの時代は喫煙者も健康を意識する時代です!

以上が、アイコスを吸い続けると「太る」噂は本当か!?体重増加の原因は?になります。

これからは、喫煙者も健康に気をつかう時代です。健康に関しては、性別も年齢も一切関係ありませんから、気付いたその瞬間から誰でも始めることができます。

まずは、少しずつ自分のできる範囲で改善していきましょう。

 

スポンサーリンク