当サイトでは、煙草の情報を取り扱っている事から「年齢認証」を行っています。詳しくはコチラ

加熱式たばこのレギュラーでおすすめはどれ?全種類吸った僕が比較してみた

加熱式たばこのレギュラーでおすすめはどれ?全種類吸った僕が比較してみた

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@dreamerfreeman)です。

さて本記事では、加熱式たばこで「レギュラータイプ」を吸うなら、どのデバイスでどの銘柄がおすすめなのか?という疑問に応えています。

結論から言うと、加熱式たばこでレギュラーを吸うならIQOS(アイコス)一択です。

また、銘柄はマールボロの「リッチ・レギュラー」が最もたばこ感が強く、弱めならヒーツの「クリア・シルバー」もおすすめです。

以下、全ての加熱式たばこ、かつ全種類のレギュラーを吸った僕が比較してみましたので、特に今後紙巻たばこから加熱式たばこに切り替えるか検討されている方は、是非参考にしてくださいね!

デバイスブランド銘柄価格たばこ感
アイコスマールボロリッチ・レギュラー550円★★★★★
レギュラー550円★★★★☆
スムース・レギュラー550円★★★★☆
バランスド・レギュラー550円★★★☆☆
ヒーツディープ・ブロンズ500円★★★★☆
ピュア・ティーク500円★★★★☆
バランスド・イエロー500円★★★☆☆
クリア・シルバー500円★★☆☆☆
グローケントトゥルー・リッチ・タバコ480円★★★★☆
トゥルー・タバコ480円★★★☆☆
ネオオーク500円★★★★☆
テラコッタ500円★★★★☆
プルームエスメビウスレギュラー540円★★★☆☆
キャメルレギュラー500円★★☆☆☆
リルハイブリッドミックスレギュラー560円★★☆☆☆
MEMO
2021年6月9日時点の情報です。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。


リッチ・バランスドなどの意味合いを理解しよう

まずは、フレーバーの風味にあるタバコ特有の表記から理解していきましょう。

リッチ・バランスドなどの意味合いを理解しよう

ざっくりとした強さは、上記画像の通り「リッチレギュラー>レギュラー>バランスドレギュラー」といった感じです。

つまり「リッチ」と記載のレギュラータイプはたばこ感が強く、香り、コク共に豊かなイメージで、バランスドやクリアと記載のレギュラータイプはたばこ感が弱く、コクがないイメージと考えて頂ければ間違いないでしょう。

また、他にも「マイルド」や「ライト」といった表現をされることもありますが、こちらに関しては「リッチ>マイルド>ライト」の順で強さが変わります。

各販売会社によって強弱は異なりますので、一概に銘柄名で決めつけることは出来ませんが…。

アイコスのレギュラーは全8種類

2021年6月9日時点で販売されているアイコスのレギュラーは、全8種類です。

銘柄価格(税込)たばこ感
マールボロ・リッチ・レギュラー550円★★★★★
マールボロ・レギュラー550円★★★★☆
マールボロ・スムース・レギュラー550円★★★★☆
マールボロ・バランスド・レギュラー550円★★★☆☆
ヒーツ・ディープ・ブロンズ500円★★★★☆
ヒーツ・ピュア・ティーク500円★★★★☆
ヒーツ・バランスド・イエロー500円★★★☆☆
ヒーツ・クリア・シルバー500円★★☆☆☆

ブランドは「マールボロ(Marlboro)」と「ヒーツ(HEETS)」の2種類ですが、マールボロは1箱550円とお高い路線に対し、ヒーツは1箱500円と安価路線です。

とにかく味重視の方はマールボロ、とにかくコスパ重視の方はヒーツがおすすめといった感じですね。

マールボロ(Marlboro)は全4種類

マールボロ・リッチ・レギュラー

アイコス-マールボロ-リッチレギュラー

リッチレギュラーは、アイコスで吸えるレギュラーの内、最もコクがあり強い吸い応えが特徴です。

マールボロ・レギュラー

アイコス-マールボロ-レギュラー

アイコス発売初期から販売されているレギュラーは、リッチレギュラーの下位版です。

マールボロ・スムース・レギュラー

アイコス-マールボロ-スムースレギュラー

スムースレギュラーは、香りよりもコク重視のレギュラーです。あくまでイメージですが、強さはレギュラー同等、レギュラーよりもタバコ臭さが低減されているのが特徴です。

マールボロ・バランスド・レギュラー

アイコス-マールボロ-バランスドレギュラー

バランスドレギュラーは、レギュラー同様アイコス発売初期から販売されており、コクよりも香りを重視した風味が特徴です。マールボロシリーズの中では最も弱く、クセのない味わいを求めている方におすすめです。

ヒーツ(HEETS)は全4種類

ヒーツ・ディープ・ブロンズ

アイコス-ヒーツ-ディープブロンズ

ヒーツのディープブロンズは、マールボロのリッチレギュラーに匹敵する立ち位置ですが、風味は全く異なります。

樹木の香りと言いますか、ロースト感があり、ややクセが強いのが特徴です。

ヒーツ・ピュア・ティーク

アイコス-ヒーツ-ピュアティーク

ピュアティークは、ディープブロンズの下位版です。ディープブロンズよりもクセがなく、まろやかな味わいが特徴です。

ヒーツ・バランスド・イエロー

アイコス-ヒーツ-バランスドイエロー

バランスドイエローは、パッケージから連想できるように、ほのかにシトラスが香る酸味あるレギュラーです。

ヒーツ・クリア・シルバー

アイコス-ヒーツ-クリアシルバー

クリアシルバーは、マールボロも含めアイコスの中で最も弱めのレギュラーです。爽やかさゆえにたばこ感はないですが、弱めのレギュラーを求めている方からは絶大な人気を誇ります。

アイコス(IQOS3 DUO)の新色「フロステッドレッド」レビュー!アイコス(IQOS3 DUO)の新色「フロステッドレッド」レビュー!アイコスのたばこスティックは全22種類!おすすめのフレーバーはどれ?アイコスのたばこスティックは全22種類!おすすめのフレーバーはどれ?

グローのレギュラーは全4種類

2021年6月9日時点で販売されているグロー(glo hyper、glo Hyper+)のレギュラーは、全4種類です。

銘柄価格(税込)たばこ感
ケント・トゥルー・リッチ・タバコ480円★★★★☆
ケント・トゥルー・タバコ480円★★★☆☆
ネオ・オーク500円★★★★☆
ネオ・テラコッタ500円★★★★☆
MEMO
gloには細身スティックもありますが、公式ではglo hyper、及びglo Hyper+を推しているので本記事では入れません。

ブランドは「ケント(KENT)」と「ネオ(neo)」の2種類ですが、ケントが1箱480円、ネオが1箱500円です。

グローハイパー、及びグローハイパープラス用のケントは、全ての加熱式たばこの中でもたばこスティックの価格が最も安く、長期的に見るとコスパが一番良いです。

ケント(KENT)2種類

ケント・トゥルー・リッチ・タバコ

グロー-ケント-トゥルーリッチタバコ

ケントのトゥルーリッチタバコは、グローの中で最も強い濃厚なレギュラーです。

ケント・トゥルー・タバコ

グロー-ケント-トゥルータバコ

トゥルータバコは、トゥルーリッチタバコの下位版です。香りは同等ですが、ややコクがなく吸いやすいのが特徴です。

ネオ(neo)2種類

ネオ・オーク

グロー-ネオ-オーク

ネオのオークは、岐阜県の蜂蜜が使用されており、ロースト感強めの風味が特徴です。VAPEのタバコ風味に似た味わいで、香りも強めです。

ネオ・テラコッタ

グロー-ネオ-テラコッタ

ネオのテラコッタは、オーク同様に岐阜県の蜂蜜が使用されているのですが、風味は全く異なり、やや酸味のある風味が特徴です。

glo Hyper+(グローハイパー・プラス)レビュー!実際に吸ったらヤバかった件glo Hyper+(グローハイパー・プラス)レビュー!実際に吸ったらヤバかった件glo hyper、glo Hyper+用のたばこスティックは全16種類【実際に吸った感想】glo hyper、glo Hyper+用のたばこスティックは全16種類【実際に吸った感想】

プルームエスのレギュラーは全2種類

2021年6月9日時点で販売されているプルームエスのレギュラーは、全2種類です。

銘柄価格(税込)たばこ感
メビウス・レギュラー540円★★★☆☆
キャメル・レギュラー500円★★☆☆☆
MEMO
プルームテック、プルームテックプラスは全◯種類ありますが、こちらは低温加熱型なので本記事では入れません。

ブランドは「メビウス(MEVIUS)」と「キャメル(CAMEL)」の2種類ですが、メビウスが1箱540円、キャメルが1箱500円と安価路線です。

2021年夏に発売予定の「プルーム・エックス」に合わせて、パッケージのデザインも刷新されることが分かっています。

メビウス(MEVIUS)1種類

プルームエス-メビウス-レギュラー

メビウスのレギュラーは、タバコ感こそ弱いですが香りがとにかく良いです。紙巻のメビウスを連想してしまうとガッカリしてしまいますが、喉元へのキック感は意外と強いのが特徴です。

キャメル(CAMEL)1種類

プルームエス-キャメル-レギュラー

キャメルのレギュラーは、メビウスのレギュラーに比べてなめらかな味わいが特徴です。クセがなく喉元へのキック感も弱めです。

新型デバイス「PloomS 2.0(プルームエス)」レビュー!過去最高のデバイスに進化新型デバイス「PloomS 2.0(プルームエス)」レビュー!過去最高のデバイスに進化【プルームエス】PloomSのたばこスティックは全11種類!実際に吸った感想まとめ【プルームエス】PloomSのたばこスティックは全11種類!実際に吸った感想まとめ

リルハイブリッドのレギュラーは全1種類

2021年6月9日時点で販売されているリルハイブリッドのレギュラーは、1種類のみです。

銘柄価格(税込)たばこ感
ミックス・レギュラー500円【実質560円】★★☆☆☆
MEMO
専用のリキットカートリッジ(1個60円)を別途購入する必要がありますので、実質1箱560円です。

リルハイブリッド専用のブランド「ミックス」から発売されており、今後銘柄が増える可能性は十分ありそうです。

ミックス(MIIX)1種類

リルハイブリッド-ミックス-レギュラー

ミックスのレギュラーは、リルハイブリッド特有と言えばそれまでですが、ニオイが全くなく、ものすごくクリーンなレギュラーです。中盤以降になるとキック感を感じ、想像しているよりも吸い応えはあります。

lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説lil HYBRID(リルハイブリッド)レビュー!使い方や実際に吸った感想を徹底解説【リルハイブリッド】たばこスティックは4種類!全フレーバーを吸ってみた感想【リルハイブリッド】たばこスティックは4種類!全フレーバーを吸ってみた感想

紙巻から加熱式たばこに切り替える際、おすすめのレギュラーはどれ?

紙巻から加熱式たばこに切り替える際、おすすめのレギュラーはどれ?

紙巻から加熱式に切り替える際、おすすめのレギュラーは「アイコス」です。

というか、アイコスが人気の理由はレギュラーにあると個人的には感じています。

もちろんメンソールフレーバーもそれ以上に人気なのですが、他社と比較してもレギュラーの銘柄数が多く、力を入れているのが伺えます。

ちなみに、加熱式たばこユーザーの7割はメンソールタイプを好むそうですが、残りの3割のレギュラーユーザーの内、ほとんどがアイコスユーザーなのでは?と思えるほどアイコスユーザーが多い印象ですね。

あくまで個人的にですが、以下のようにおすすめです。

  • 強めのレギュラーなら「マールボロ・リッチ・レギュラー」
  • 弱めのレギュラーなら「マールボロ・バランスド・レギュラー」
  • 価格重視の強めのレギュラーなら「ヒーツ・ピュア・ティーク」
  • 価格重視の弱めのレギュラーなら「ヒーツ・クリア・シルバー」

特に、マールボロのリッチ・レギュラーは、たばこ感が強く、香り、コク共に申し分ないフレーバーです。

また、価格重視ならマールボロではなく、ヒーツだと1箱500円なので、マールボロに比べて約50円安く購入することができます。

1箱50円だと10箱買うと1箱分違いますので、長い目で見ればコスパは良いです。

まとめ

いかがでしたか?加熱式たばこでレギュラーを味わうなら、個人的にはアイコスがおすすめです。

特に、紙巻たばこからの切り替えなら、まずはアイコスのレギュラーを味わい、徐々に別の加熱式たばこにシフトしていくのが理想かと…。

おそらく最初からグローやプルームエスを購入すると、『吸った気がしねー!』となってしまうことは目に見えています…(汗)

ただし、好みは個人によって異なりますので、可能な限り全てのフレーバーを味わってから「お供」を決めるのがおすすめです。

以上、最後までご覧頂きありがとうございました!

glo Hyper+のメンソール全7種類まとめ!冷涼感の強さやおすすめの銘柄はどれ?glo Hyper+のメンソール全7種類まとめ!冷涼感の強さやおすすめの銘柄はどれ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

×