PloomSとIQOSを徹底比較!アイコスユーザーは満足できるのか?

PloomSとIQOSを徹底比較!アイコスユーザーは満足できるのか? PloomTECH(プルームテック)

皆さんこんにちは!管理人のゆめぼくです。

PloomS(プルームエス)の全国販売も始まり、コンビニでも見かけるようになりましたね。

私は以前IQOS一筋でしたが、PloomS発売以降はPloomSとPloomTECH+を併用して加熱式たばこ生活を送っています。

というか、PloomSを使い始めたらIQOSを使う意味がなくなっちゃったんですよね…。

個人的に新しいもの好きという性格ではあるのですが、PloomSの素晴らしさを分かりやすく伝える為、IQOSとの比較を掲載していきます。

PloomSとIQOSはどっちがおすすめなのか?

PloomSとIQOSはどっちがおすすめなのか?

まず比較を記載する前に、PloomSとIQOSはどっちがおすすめなのか?ということについて簡単にご紹介していきます。

あくまで私個人的にですが、PloomSは吸い応えこそIQOSよりも劣りますが、ニオイであったり、メンテナンスの手軽さ、保証期間の長さ、維持コストなど、細かく見ていくとIQOSよりもPloomSのほうが扱いやすいということに気付いてしまったんですよね…。

やはりニオイは非喫煙者と共存していく上で重要なことですし、PloomSに変えてからは家族から文句を言われる機会も減ったと思います。

またIQOSユーザーなら分かると思いますが、ホルダーの掃除ってかなり面倒ですよね?

PloomSはクリーニングブラシは付いているものの、ほぼ掃除をしなくても問題ないくらい汚れません。

ですので、私はIQOSではなくPloomSをおすすめしています!

PloomSとIQOSを徹底比較

ではここからは、PloomSとIQOSを徹底比較していきます。

2019年8月の最新機種ではJTの「PloomS」、フィリップモリスの「IQOS3」と「IQOS3 MULTI」が最新機種となりますので、これら3機種で比較していきます。

コスト(本体価格等)の比較

PloomS IQOS3 IQOS3 MULTI
定価 7,980円 10,980円 8,980円
キャンペーン 3,990円 セット割有 セット割有
タバコ葉 480円 470円・500円 470円・500円

本体価格自体は、PloomSがもっとも安く7,980円、IQOS3が3,000円高い10,980円、IQOS3 MULTIが1,000円高い8,980円です。

また、2019年9月30日までの期間限定ではありますが、PloomSは半額キャンペーン中の為、スターターキットが3,990円で購入することが出来ます。

ただキャンペーンでなくてもIQOSに比べてPloomSのほうが安いので、断然初期コストは安いことになります。

さらに、今ならPloomSとPloomTECHがセットで3,990円で購入可能なので、これは断然PloomSに軍配が上がりますね。

保証期間の比較

PloomS IQOS3 IQOS3 MULTI
保証期間 2年 1年 1年

本体の保証期間については、PloomSが2年、IQOS3、IQOS3 MULTIが1年となっています。

PloomSはまだ発売したばかりの製品なので故障トラブルの事案が少ない状況ではありますが、それでも2年間も保証期間があるのはユーザーとしては非常に嬉しいことです。

だって2年間は問題なく使えるという意味ですからね…。

またIQOSに関しては、保証期間と言いながらも「交換は1回まで」というちょっと意味の分からないルールがありますので、PloomSと比較してもかなりの投げやり感が伺えます。

購入1ヶ月で破損して交換、その後1ヶ月で破損した場合は、2ヶ月しか使えないことになりますからね…。

断然PloomSのアフターサポートのほうが充実しています。

充電持ちの比較

PloomS IQOS3 IQOS3 MULTI
充電持ち 約10本 約20本 約10本

PloomSとIQOS3 MULTIに関しては、連続吸引が可能で最大吸引本数は約10本と同じです。

IQOS3に関しては、チャージャーとホルダーが別になっていますので、ホルダーを1回毎充電し、チャージャーは最大で約20本分まで一度の充電で使用可能です。

ユーザーの好みによって意見は様々ですが、外出が多い方にとっては10本では足りないよという方もいると思いますが、でもぶっちゃけ外出先でも充電することは可能なので、特に不便さは感じないと思います。

満足度(吸い心地・ニオイ)の比較

PloomSは、最初の2口目くらいは全くと言って良いほど水蒸気が出ないので吸った気がしません。

ですが、3口目以降はIQOSとほぼ同様なほどに水蒸気が発生し、徐々に水蒸気量が減っていく印象です。

対してIQOS3・IQOS3 MULTIは、1口目から最後の一口まで水蒸気量は変わらず吸い心地は良いですが、焦げ臭さから終盤は不味さが3倍くらい増します。

またニオイに関しては、IQOSはタバコ臭がかなりあり、周囲の方からも臭いと言われることがありますが、PloomSに関してはタバコ臭がなく周囲の方から文句を言われることが少ない印象です。

結果、個人の意見によって大きく左右されますが、吸い心地の良さだけで言えばIQOS3、IQOS3 MULTIのほうが格上です。

IQOSユーザーはPloomSを購入して満足するのか?

IQOSユーザーはPloomSを購入して満足するのか?

では最後に、IQOSユーザーはPloomSを購入して満足するのか?という問いに対して、私個人的な意見を掲載していきます。

ぶっちゃけですが、吸い心地だけを見ればIQOSのほうが格上なのでPloomSを購入しても満足はしないかもしれません。

ですが、IQOSの故障トラブルはIQOS3の発売以降も継続して問題視されていることです。

やはり故障したとしても、交換対応をしてくれるPloomSのほうが長く使っていく上で精神的にもかなり良心的であることが分かります。

またあまりおすすめは出来ませんが、PloomSは2度吸いが出来ますのでコスト的にも安く済ませることが出来ます。

あくまで私個人的な見解ですが、現在IQOS3やIQOS3 MULTIを持っている方は、無理してPloomSを購入せずに保証期間終了後故障してから検討すれば良いと思います。

また、現在IQOS2.4Plusをお持ちの方は、次回IQOS3やIQOS3MULTIではなく、PloomSを購入しても良いかもしれません。

最初は吸い心地が悪く感じるかもしれませんが、1箱、そして2箱吸えば慣れてしまうものです…。