喫煙者に話題の加熱式たばこ『iQOS(アイコス)』。

発売開始から約1年を迎えようとしていますが、私もiQOS(アイコス)ユーザーの一人です。今回は、iQOS(アイコス)を使用した際のメリットについてまとめてみましたので是非ご覧ください。

 

喫煙者に話題の加熱式たばこ『iQOS(アイコス)』とは?

最近、急激にiQOSユーザーが増えている理由

iQOS(アイコス)

喫煙者に話題沸騰中の『iQOS(アイコス)』とは、新感覚の「加熱式たばこ」のことを言います。

 

従来の紙巻たばこは、火を付けて煙草葉を燃焼し発生した煙を吸うものですが、iQOS(アイコス)は、専用の加熱ブレードで煙草葉(ヒートスティック)を加熱し、水蒸気を発生させて吸います

 

ですので、煙を発生させて吸うわけではありませんので、タールを発生させることなく、快適に喫煙ライフを送ることができるのです。

 

もちろんiQOS(アイコス)にも、ニコチンは含まれますので、全く健康への害がないと言えば嘘になりますが、従来の紙巻たばこに比べると約90%以上も健康への害をカットされていると言われています。

 

今回は、そんな今までのタバコの概念を覆したiQOS(アイコス)の、メリットとデメリットについて詳しく掲載していきますので、これからiQOS(アイコス)を購入しようか検討している方は是非参考にしてください。

 

 

『iQOS(アイコス)』のメリット【最新版】

まずは、加熱式タバコ『iQOS(アイコス)』のメリットから解説していきます。

 

私がiQOS(アイコス)を吸い続けて感じたメリットとして、

 

  • 火を使わない、灰が出ない、ニオイが少ない
  • 健康への害が少ない
  • 見た目が格好良く、おしゃれツールも豊富
  • 煙が出ないので生活が変わる
  • コストは決して高くない

 

の5つになります。

 

火を使わない、灰が出ない、ニオイが少ない

まず、最初のメリットとして、iQOS(アイコス)は「フィリップモリス・ジャパン」が開発して販売しているものですが、その際にキャッチフレーズとして打ち出しているものが、『火を使わない、灰が出ない、ニオイが少ない』の3つです。

 

従来の紙巻たばこは、煙草葉に火を付けて吸いますが、iQOS(アイコス)は専用の加熱ブレードで煙草葉を加熱し、蒸気を発生させて吸いますので火を使うことはありません。

さらに、煙草葉を燃やすわけではありませんので、灰が飛び散ることがありません。

そして、煙を発生させるわけではなく水蒸気を発生させて吸うものですので、従来の紙巻たばこのようなニオイが発生しません。

 

分かりやすく言うと、たばこを吸わない人にとっては「たばこのニオイ」は不快でしかありませんが、iQOS(アイコス)のニオイは「許せる範囲だ」と感じる非喫煙者がいるほど、ニオイがきつくありません。

私も紙巻たばこ時代は、換気扇の下やベランダでタバコを吸うことが普通でしたが、iQOS(アイコス)に変えてからはリビングで吸えるようになったほどです。

それくらい、煙たさがなく、ニオイがきつくないというメリットがあります。

 

iQOS(アイコス)の使い方の記事はコチラ
iQOS(アイコス)の使い方とヒートスティックのタールについて

 

 

健康への害が少ない

次に、健康への害が少ないというメリットについてです。

iQOS(アイコス)を販売している「フィリップモリスジャパン」が発表しているデータによると、従来の紙巻たばこに比べると、iQOS(アイコス)は90%以上の有害物質をカットしていると提言しています。

 

それもそのはず、煙草葉を燃焼しているわけではありませんので、タールが発生することはありません。

 

iQOS(アイコス)は煙を吸うわけではなく、ニコチンを含んだ水蒸気を吸いますので、健康への害が削減されていることは誰でも感じることだと思います。

 

健康への害については別記事で掲載しておりますのでそちらをご覧ください。

 

健康や害についての記事はコチラ
『iQOS(アイコス)』結局のところ健康や害はどうなの?

 

 

見た目が格好良く、おしゃれツールも豊富

次に、見た目が格好良いというメリットについてです。

iQOS充電方法

iQOS(アイコス)は、機械的なものですので、水蒸気を発生させる「ホルダー」や充電器の「チャージャー」が必要になります。

そのホルダーやチャージャーが、シンプルでオシャレなデザインになっていますので、外出時に吸っていても恥ずかしさどころか、むしろ格好良さを演出してくれます。

 

最近では、iQOS(アイコス)専用のケースや、デコシール(スキンシール)などが豊富に販売されていますので、自分のオリジナルにカスタマイズすることも可能です。

 

中には、自分のイニシャルを彫る方や、全塗装をする方もいるようですので、自由自在にカスタマイズすることができます。

 

iQOS(アイコス)のおすすめのケースについての記事はコチラ
オススメのiQOSケース2016最新版

 

iQOS(アイコス)のスキンシールについての記事はコチラ
iQOSユーザー使用率No.1のスキンシール!デザイン総まとめ!

 

 

煙が出ないので生活が変わる

次に、煙が出ないので生活が変わるというメリットについてです。

iQOS(アイコス)は、従来の紙巻たばこのように煙を発生させることがありませんので、室内で吸っても煙くなりません。

煙を発生させないということは、「ヤニ」が付着しないということになりますので、壁紙が汚れないことや、口内の歯が汚れない、さらには肺が汚れないというメリットがあります。

 

特に、賃貸物件に住んでいる方は、退去時に修復費用が発生してしまいますが、iQOSに変えることで壁紙の交換が必要なくなります。(自然の汚れは別)

 

他にも、喫煙者がやりたくても出来なかった「歯のホワイトニング」にも無駄なくチャレンジすることができますので、清潔感を出すことができるようになります。

 

歯のホワイトニングについては別記事で掲載しておりますのでコチラからどうぞ
アイコスを始めた方必見!この機会に歯のホワイトニングを!

 

 

コストは決して高くない

そして、iQOS(アイコス)のコストは決して高くないというメリットについてです。

iQOS(アイコス)は機械ですので、本体購入の際に初期費用がかかります。

2016年8月以降は、キャンペーンで3,000円offが適用されますので、定価9,980円のものが6,980円で購入することが可能です。

煙草葉のヒートスティックは、1箱20本入りで460円ですので、従来の紙巻たばこと金額はほぼ同等です。

 

2016年8月以降の割引キャンペーンの記事はコチラ
『iQOS(アイコス)』8月以降の購入方法とキャンペーン詳細

 

ヒートスティックの種類についての記事はコチラ
『iQOS(アイコス)』ヒートスティックの種類は全4種類!

 

ここまでが、iQOS(アイコス)のメリットですがいかがでしたか?

iQOS(アイコス)が従来の紙巻たばこに比べると良いものだということは理解して頂けたかと思いますが、やはり良いことばかりではなく、それなりにデメリットも存在します。

 

スポンサーリンク

 

『iQOS(アイコス)』のデメリット【最新版】

ここからは、iQOS(アイコス)のデメリットについて解説していきたいと思います。

 

私がiQOS(アイコス)を吸い続けて感じたデメリットは、

 

  • 充電が面倒
  • クリーニングが面倒
  • 持ち運びが不便
  • iQOSを喫煙所で吸うのが不快
  • 口内炎ができやすくなったり、太る可能性がある
  • 故障しやすいのが難点

 

の6点になります。

 

 

充電が面倒

まず最初のデメリットとしては、iQOS(アイコス)は機械なので充電が面倒だということです。

 

アイコスは、煙草葉(ヒートスティック)を挿す「ホルダー」と、ホルダーを充電する「チャージャー」が存在しますが、それぞれ充電式となっていますので、都度充電しなくてはなりません。

 

おおよその目安としては、

 

【ホルダー】→ヒートスティック1本毎

【チャージャー】→ヒートスティック20本毎

 

のタイミングで充電しなくてはなりませんので、もし充電をし忘れてしまった場合は、iQOS(アイコス)を吸うことができなくなってしまいます。

さらに、外出が多い方で1日20本以上吸う方は、途中で充電が切れ、必然的に紙巻たばこを買わざるを得ない状況になってしまう可能性が出てきてしまいます。

機械である以上、仕方のないことですが、iQOS(アイコス)の最大のデメリットと言えることかもしれません。

別記事でも詳細を掲載しておりますので、コチラからご覧ください。

 

iQOS(アイコス)のホルダーor本体を2本使い回す裏技!

iQOSユーザー必見!充電切れ防止にはモバイルバッテリーが必須!

 

 

クリーニングが面倒

次に、iQOS(アイコス)は定期的にクリーニングをする必要があるというデメリットについてです。

iQOS(アイコス)クリーニング

1週間使用しただけで、上記の画像のようにホルダーから汚れが発生してしまいます。

メーカーによると、ヒートスティック20本に1回はクリーニングを実施してくださいという案内がありますので、定期的に掃除をしなくてはなりません。

 

直接的に、味や吸い心地にも影響してしまうものですので、クリーニングはこまめに行うのが理想です。

 

iQOS(アイコス)のクリーニング方法に関しては、別記事で掲載しておりますのでコチラからご覧ください
『iQOS(アイコス)』本体のクリーニング方法と頻度は?

 

 

持ち運びが不便

次に、持ち運びが不便というデメリットについてです。

従来は、たばことライターさえあれば吸うことが出来ましたので、ワイシャツの胸ポケットに入る程度の荷物でしたが、iQOS(アイコス)は、本体(チャージャー)、たばこ(ヒートスティック)を持ち歩かなくてはなりませんので、少々邪魔に感じることがあります。

 

外出が多い方は、充電ケーブルとコンセントや、モバイルバッテリーなどを同時に持ち歩かなくてはなりませんので、さらにかさばる可能性があります。

これも諦めるしかないことではありますが、慣れるまではイラッとするときもあります。

本体のヒートスティックを一緒に収納ができるケースも販売されていますので、iQOS(アイコス)ユーザーには必須アイテムと言えます。

 

iQOS(アイコス)の専用ケースについてはコチラの記事がオススメです
オススメのiQOSケース2016最新版

 

 

iQOSを喫煙所で吸うのが不快

次に、iQOS(アイコス)を喫煙所で吸うのが不快というデメリットについてです。

iQOS(アイコス)と言えど、タバコに変わりはありませんから、吸う際には喫煙所内で吸うのがマナーです。

しかし、iQOS(アイコス)ユーザーにとって、従来の紙巻たばこと一緒にされるのが嫌だと感じる方も最近では増えているようです。

場所によっては、iQOS専用の喫煙所や、iQOSならOKとしている飲食店もあるようですが、今後さらに改善されるように願うしかありません。

 

 

口内炎ができやすくなったり、太る可能性がある

次に、iQOS(アイコス)に変えたことで、口内炎ができやすくなったり、太る可能性があるというデメリットについてです。

医学的な根拠はありませんが、iQOS(アイコス)に変えたばかりは、禁煙した時の症状が出ると言われていますので、口内炎ができやすくなったり、食欲が増加し「太る」という結果に至る方も多いようです。

別記事でその原因と対策について掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

 

iQOS(アイコス)に変えてから口内炎が出来た場合の原因と対策

アイコスを吸い続けると「太る」噂は本当か!?体重増加の原因は?

 

 

故障しやすいのが難点

そして、iQOS(アイコス)最大のデメリットとして、故障しやすいというデメリットについて説明していきます。

故障に関しては、機械だから仕方ないという結論に至ってしまいますが、これはしょうがないと言えばそれまでです。テレビや冷蔵庫などの家電製品であってもいずれは壊れるものですので、iQOS(アイコス)が壊れてもおかしくはありませんよね。。。

 

しかし、壊れた際には、保証期間であれば丁寧に対応してくれますので、カスターサポートに連絡をするのが一番です。

別記事で故障の際の解決法を掲載しておりますので、そちらを参考にしてください。

 

壊れやすい箇所と対処法の記事はコチラ
『iQOS(アイコス)』壊れる箇所と故障した時の対処法

 

充電できない際の対処法はコチラ
iQOS(アイコス)で充電されない時の対処法!赤点滅は故障かも

 

 

まとめ

『iQOS(アイコス)』は、今後もさらにユーザーが増える可能性大!?

以上が、アイコスユーザーが語る『iQOS』のメリットまとめ【最新版】になります。

まだまだiQOS(アイコス)は、改善すべき点がたくさんあるのが現実です。今後購入予定の方は、これから『iQOS2』のような機械が出るまで待った方が良いのかもしれません。

販売元も大手ですので、何かしらの対策を取ると思いますが、私個人的には今は買い時ではないような気がします。

とは言っても、本当にiQOS(アイコス)はメリットだらけの良いものであることに間違いはありませんので、是非喫煙者にはオススメしたい商品です。

最後になりますが、これらの情報は、あくまで私個人的な意見と独自で調査した情報ですので、参考までにしてください。

 

スポンサーリンク